Carrer up(転職)

【面倒くさいのは嫌】転職エージェントと電話面談のチャンスです!

 

転職エージェントを利用したいと考えているんですが、エージェントとの対面での面談が面倒くさく、エージェントの利用になかなか前向きになれません。電話面談などは出来ないのでしょうか?転職エージェントとの電話面談について知りたいです!

 

今回は、このような質問に対して、記載いたします。

具体的には「転職エージェントとの面談は今が電話面談のチャンスというお話・電話面談のメリット・注意点」を紹介します。

 

本記事の内容

  • 転職エージェントとの対面での面談が面倒くさいと感じる人は多い
  • 電話面談は今がチャンス
  • 電話面談のメリット
  • 電話面談の注意点

 

【面倒くさいのは嫌】転職エージェントと電話面談のチャンスです!

転職エージェントの方と対面での面談が面倒くさいと感じている人は多いのではないでしょうか?

転職エージェントに登録しようかどうか迷っている方が登録しない理由の一つが、「登録後のエージェントとの対面での面談が面倒くさい」です。

 

今回は、転職エージェントとの対面での面談が面倒くさいなら今が電話面談のチャンスという話を電話面談のメリット、注意点などの補足もしながら、お伝えいたします。

電話面談対応可能なおすすめの転職エージェント

<総合型転職エージェント>

<特化型転職エージェント>

転職エージェントとの対面での面談が面倒くさいと感じる人は多い

転職エージェントに登録し、転職活動を始めてみたいけれど、登録した後のエージェントとの対面での面談が面倒くさいのでなかなか登録する気になれない、という相談を受けることがあります。

また、面倒くさいだけでなく、対面での面談が苦手と感じている方も多いようです。

 

特になんとなく転職活動を始めてみたいという方にとっては、「面倒くさい」「苦手」という感情が転職活動を進める気持ちを遠ざけてしまいます。

対面での面談という文字をみるだけで、気構えしてしまいますし、忙しい人にとっては面倒くさいと感じてしまいますね。

 

そのような方は対面での面談よりも電話面談がおすすめです。

特に今はチャンスですので、このチャンスを見逃さないようにしましょう!

 

電話面談は今がチャンス

対面での面談ではなく、電話面談であれば積極的に転職エージェントを利用してみたいという方は多いですね。

そんな方は今が電話面談のチャンスです。

電話面談が導入されている

転職エージェントの面談は対面での面談が原則的な方法となります。

電話面談が出来ないわけではないですが、遠方で合うことが出来ない場合を除いては、対面での面談が原則という転職エージェントが多いです。

 

しかし、今はコロナウィルスの影響で多くの転職エージェントが電話面談を導入しています。

遠方でなくても、普通に電話面談をお願いすることができるので、電話面談を望んできる方からするとチャンスといえます。

電話面談も不利にはならない

対面での面談が原則的な転職エージェントにおいては、電話面談の方よりも対面での面談の方へ優先的に求人を紹介する傾向がありました。

後ほど、電話相談の注意点で説明しますが、直接面談の方が人柄やその人が考えていることがが伝わりやすいためです。

 

しかし、コロナウイルスの影響により、多くの転職エージェントで電話面談を導入され、主流になっています。

今であれば、電話面談で不利になるということを避けることが出来るのです。

 

電話面談を理解し、活用するためにメリット、注意点を見てみましょう!

電話面談のメリット

電話面談のメリットを見ていきましょう。

まずはメリットを見て、その後、注意点を見ていきましょう!

  • 時間を効果的に使える
  • 時間を比較的自由に設定できる
  • 対面での面談をするほどでもないけど転職が気になる方

時間を効果的に使える

電話面談のメリットの1つめは「時間を効果的に使える」です。

エージェントのオフィスで面談を行う場合には、エージェントのオフィスまでの往復の時間、交通費がかかります。

 

対面の面談をしても、「担当エージェントが自分に全然合っていないと感じる」「希望の求人はまったく紹介できないと言われてしまう」というようなことが起こりえます。

そのようなことを考えてみても電話面談は時間を効果的に使えますね。

時間を比較的自由に設定できる

電話面談であれば対面での面談よりも幅広い時間帯で対応してくれるエージェントが多いです。

毎日遅くまで仕事をしなければならない方のために、平日の遅めの時間や休日に電話面談をしてくれるエージェントもいます。

 

対面での面談が物理的に難しい方にとっては電話面談は助かりますね!

対面での面談をするほどでもないけど転職が気になる方

対面での面談はするほどでもないけれど転職が気になる方が気軽に転職エージェント利用できるのは、電話面談のメリットですね。

転職を始めたいけど、なんとなく対面の面談がネックになっていた人にとっては、電話面談は転職活動を始めるチャンスとなります。

 

転職を全くする気がない方が転職エージェントを利用することはおすすめしませんが、転職に興味があるけれど、対面の面談が面倒くさい、苦手などの理由で転職活動をストップしていた方にとっては、電話面談は良いきっかけになりますね!

電話面談の注意点

電話面談で良いことばかりじゃん、と思われた方も多いと思います。

特に対面での面談をしたくない方にとってはこのように思われたのではないでしょうか?

 

しかし、先程少し述べたように、そして、この記事のタイトルから分かる通り、一般的には「電話面談よりも対面での面談のほうが好ましい」と言われています。

電話面談で失敗しないように、対面での面談のほうが好ましいと言われている理由を電話面談の注意点という形でみてみましょう。

 

コロナウイルスの影響で電話面談が主流となっている状況では対面での面談のほうが好ましいということはありません。

この記事のタイトルから分かる通り、コロナ禍では電話面談が不利になることはないですので電話面談のチャンスです!

電話面談での注意点

  • 転職に対するあなたの想いが正確に伝わりにくい
  • 物事が進むのが少し遅くなる可能性がある
  • メモ帳とペンを用意し、静かな場所で
スムーズに転職相談ができるように注意点を押さえておきましょう!

転職に対するあなたの想いが正確に伝わりにくい

エージェントはあなたが転職したい会社を探し、あなたという商品を売り込むという役割を担っています。

「あなたという商品がどのような人物なのか」「どのような転職をしたいのか」「どのくらい転職をしたい気持ちがあるのか」などをエージェントの方に把握してもらうことにより、転職活動は上手く進んでいくのです。

 

対面での面談では表情も見えるため、電話面談よりもあなたの想いなどが伝わりやすい傾向があります。

あなたの想いが全く伝わらないと、エージェントとしてもあなたという商品を売り込むべきなのかどうか迷ってしましいますので、電話では相手に表情が見えていないということを頭に入れながら、話をしてみましょう。

 

対応策としては2つあります。

1つ目はWeb面談(スカイプなどを使用しお互いの顔を見ながら電話面談)が可能なエージェントの場合には、Web面談で話をしましょう。

2つ目は「あまり謙遜しすぎずに、しっかりと想いを伝える」ということ。電話面談の前に「どのような転職をしたいのか」について考えておきましょう!

物事が進むのが少し遅くなる可能性がある

対面での面談であれば、その場で職務経歴書を添削してもらえたり、求人を紹介してもらえることも多いですが、電話面談の場合には電話が終わった後での対応ということがありえます。

余裕を持って、早めに転職エージェントへ登録しておけば問題なしですね。

メモ帳とペンを用意し、静かな場所で

電話面談は対面での面談と形式は変わりますが、面談であることには変わりません。

静かな場所で電話をし、相手の話をしっかりとメモをして聞き漏らさないようにしましょう。

 

いくら転職への気持ちが強くても、電話面談のときにうるさい場所から電話していたりすると台無しとなってしまう可能性があります。

おわりに:

今回は「転職エージェントとの面談は今が電話面談のチャンスというお話を電話面談のメリット・注意点」を交えながらお伝えしました。

対面での面談が面倒くさい、苦手ということで、転職エージェントの利用に踏み切ることができなかった方は今がチャンスです。

 

電話面談をする場合には、注意点を意識しながら進めてみてください。

このチャンスを有効に活用し、電話面談で転職エージェントへの登録を進めてみましょう!

 

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2020 All Rights Reserved.