Carrer up(転職)

【知らない人は要注意】転職エージェントのデメリットと対応方法

 

転職エージェントを利用する際の注意点を知りたいです。転職エージェントのデメリットはあるのでしょうか?もしある場合には、対応方法も知りたいです!

 

今回は、このような質問に対して、記載いたします。

具体的には「転職エージェントを利用するデメリット5個とその対応方法」を紹介します。

 

本記事でわかること

  • 転職エージェントのデメリット5個
  • デメリットへの対応方法

 

【知らない人は要注意】転職エージェントのデメリットと対応方法

転職活動を開始するとき、とりあえず転職エージェントに登録しておこうという方も多いのではないでしょうか?

それくらい転職エージェントは転職には欠かせない存在となっています。

 

転職エージェントを利用すれば、転職サポートのプロが転職をサポート、アドバイスしてくれるため、転職活動中の方にとってはエージェントは心強い存在です。

しかし、転職エージェントを利用することメリットだけあるわけではなく、デメリットも存在します。

 

今回は、転職エージェント利用するデメリット5個とその対応方法を、お伝えいたします。

 

転職エージェントのデメリット

転職エージェントを利用するメリットばかりに目が行きがちですが、デメリットも存在します。

このデメリットを理解せずに、転職エージェントを利用している方は要注意です。

 

運が悪いと、あなたが全く望んでいない転職をしてしまうかもしれません。

デメリットとその対応方法を理解した上でエージェントを利用することが大事です。

 

転職エージェントを利用するデメリット5個は以下のとおりです。

 

  1. エージェントもビジネス
  2. 転職活動のスピード感が落ちる
  3. 経歴によっては求人を紹介してもらえない可能性がある
  4. エージェントがイケてないことがある
  5. 希望の求人を持っていない可能性あり、内定をもらえるわけではない
転職エージェントのデメリットをしっかりと把握できるように一つずつ詳細にみていきましょう。

 

1. エージェントもビジネス

転職エージェントもビジネスです。

転職エージェントのデメリットを考える上では、この点を頭の片隅に入れておくことが大切です。

 

エージェントは転職を成立させて始めてお金がもらえます。

良いエージェントは「あなたの転職を成立させる」ために頑張ってくれますが、悪いエージェントは「自分がお金をもらうためだけに転職を成立させる」ことだけを考え行動します。

 

  • あなたの希望とまったく関係ない転職を勧めてくる
  • 転職が成立しなそうな企業は紹介しない
  • 年収、ポジションなどを内定がでやすい基準まで下げようとする
  • 人手が圧倒的に足りていない企業への転職を勧めてくる
  • エージェントにもノルマあり

 

エージェントもビジネスでやっている以上、上記のようなことが起こる可能性は十分にあります。

頭の片隅にいれておかないと、「エージェントがお金をもらうためだけに転職を成立させる」ことだけを考えているパターンに気づかずに、転職活動を進めてしまうかもしれません。

 

全てのエージェントがこのようなことをするわけではないですので、心配しすぎる必要はないですが、頭の片隅に入れておく必要はありますね。対応方法は後ほど紹介します。

 

2. 転職活動のスピード感が落ちる

転職エージェントは企業と転職をしたい方の間に入り、転職活動をサポートしてくれます。

エージェントが間に入ることにより、登場人物である企業、エージェント、転職希望者でのやり取りが増えますので、転職活動のスピード感が落ちてしまいます。

 

3. 経歴によっては求人を紹介してもらえない可能性がある

1で紹介した「エージェントはビジネス」という点と重なる部分もありますが、職務経歴などから判断し、エージェントが求人を紹介できない、または、求人を紹介してくれない可能性があります。

エージェントが職務経歴などから転職を成立させることが難しいと判断した場合には、エージェントはその方にあまり時間を使いたくないためです。

 

例えば、「正社員でない期間が長い」「正社員で働いたことがない」などの場合が考えられます。

 

あくまで可能性の話ですので、はなから諦めずに、まずは相談してみましょう。対応方法はこの後に紹介します。

 

4. エージェントがイケてないことがある

当然ですが、様々なエージェントの方がいます。

経験、能力、やる気、得意な業界など様々なことが要因となり、あたなにとってイケてないエージェントが存在するのも事実です。

 

転職活動中があまりうまく行っていない方の話を聞くと、エージェントに問題があるかもしれないと思うことがたまにあります。

運悪く、そのエージェントがあなたの担当となってしまう可能性もありますので注意が必要ですね。

 

対応方法は後ほど紹介します。イケてないエージェントが担当につく可能性があることを知っておけば、変な方向への転職を避けることができます。

 

5. 希望の求人を持っていない可能性あり、内定をもらえるわけではない

転職エージェントを利用する場合、転職エージェントから紹介を受けた求人の中から転職を進めていくこととなります。

ですので、エージェントがあなたが希望する会社の求人を持っていないあ場合には、希望する会社への転職は出来ないことになってしまうのです。

 

また、デメリットというわけではありませんが、転職エージェントから紹介を受けた求人だからといって、必ず内定をもらえるわけではありません。

求人の紹介などをしてくれるからといってエージェントに全て頼り切っていると、いざ、自分が出ていかなければならない場面で上手くいかず、内定がもらえないということは良くある話ですので注意が必要です。

 

転職エージェントのデメリットへの対応方法

転職エージェントのデメリット5個の対応方法を見ていきましょう。

対応方法を覚えておくことにより、少しでもデメリットを回避することができます。

 

  1. 「エージェントもビジネス」
     →複数のエージェントを使用しよう

  2. 「スピード感が落ちる」
     →急ぐ場合にはリマインダーしよう

  3. 「経歴などにより求人を紹介してもらえない可能性がある」
    →フリーターからでも大丈夫な転職エージェントを使ってみよう

  4. 「エージェントがイケてない」
    →担当エージェントの交換をお願いしよう

  5. 「希望の求人を持っていない可能性あり、内定をもらえるわけではない」
     →エージェントを利用しつつも、自らも情報収集しておこう

1. 複数のエージェントを使用しよう

エージェントもビジネスである以上、必ずしもあなたのことを最優先に考えてくれるわけではありません。

さらに、忘れてはいけないポイントとしては「転職希望者は無料でサービスを受けている」ということ。

 

有料でサービスを受けているのか、それとも、無料でサービスを受けているかによって、相手との関係性も変わってきます。

 

無料でサービスを受けている場合において、より良いサービスを受けたいときに最も簡単で効果的な方法は「複数のエージェントを利用する」ことです。

単純ですが、選択肢を複数持つことにより、あなたにとって良い転職ができそうなエージェントを選ぶことができます。

 

では、どのような転職エージェントに登録すれば良いか?答えは簡単です。

今の時点でどのに登録したら良いか迷っている方は特にこだわりがないはずですので、その場合に登録しておくべきエージェントは以下の4つ

 

 

口コミや求人数、実績などを総合的に評価し、まだ複数のエージェントに登録していない方が登録しておくべき4つとなります。

どこも大手であり、実績がありので安心して利用可能ですので、気になるものを2つは登録しておきましょう!

 

2. 急ぐ場合にはリマインダーしよう

転職エージェントが間に入ることにより、行きたい企業が定まっている方にとっては転職活動がゆっくりとなってしまいます。

すぐにでも転職をしたい場合には、遠慮なく、エージェントへその旨を伝え、転職活動がスローにならないようにお願いしましょう。

 

エージェントも早く転職を成立させていと思っています。あなたが転職を成立させる意思が強いことが分かれば、エージェントも最優先で動いてくれますよ。

 

3. フリーターからでも大丈夫な転職エージェントを使ってみよう

転職エージェントは転職を成立させることが仕事です。

経歴などから転職を成功させる可能性が低いと判断した場合には、なかなか求人を紹介してもらえない可能性があります。

 

例えば、「正社員でない期間が長い」「正社員で働いたことがない」などの場合です。

紹介してもらえるかどうかは企業や転職市場の状況により異なりますので、一度、先程紹介した大手のエージェントに相談してみましょう。

 

もし紹介してもらえないとなると、転職エージェントにお願いし、任せていたがために大事な転職時期を逃してしまうこととなってしまいます。

では、なかなか求人を紹介してもらえない場合はどうどうすれば良いか?答えはフリーターからでも大丈夫な転職エージェントも利用するといくことです。

 

代表的のものとして、以下の4つを紹介します。

 

 

未経験からでも正社員へ転職できる求人が豊富にあり、書類選考なしで面接を受けることができる求人もあります。

最近、正社員ではない期間が長かった私の友人が上記の転職エージェントを活用して、結構あっさりと転職を成功させています。

 

もちろん、複数のエージェントに登録し、エージェントを最大限活用していたとのことです。

未経験からの正社員への転職に行き詰まっている方は要チェックですね。

 

4. 担当エージェントの交換をお願いしよう

エージェントがイケていないと感じた場合には担当エージェントの交換をお願いしてみましょう。

そんなことしたら申し訳ないと思っている方は転職で成功できないかもしれません。

 

転職とは、すこし誇張していると、「数少ない空きポジションの奪い合い」

そんな中で、イケてないエージェントにあなたの身を任せていたら、上手くいくはずのものも上手く行かなくなります。

 

遠慮は不要。「担当エージェントの交換」「複数の転職エージェントサイトの利用」を上手く行い、転職を成功させたいですね!

 

5. エージェントを利用しつつも、自らも情報収集しておこう

転職エージェントを利用したからといって、エージェントが希望の求人を持っていないこともあります。

また、エージェントが紹介してくれた企業から必ず内定がもらえるわけではありません。

 

対応方法は以下の2つ。

  • 希望の求人を持っていない →複数の転職エージェントを利用する
  • 必ず内定がもらえるわけではない →自らも情報収集しておこう
エージェントから求人を紹介され、言われるがままに面接に行くタイプ方のの多くは、面接がうまく行かずにせっかくのチャンスを台無しにしてしまう傾向があります。

転職エージェントに頼り切った姿勢で転職活動をするのではなく、自ら情報収集をしていくことが大切ですね。

「企業研究」「企業風土」「企業の内部情報」「面接で聞かれること」などの情報を自ら収集していけば、面接などを通して、あなたの本気度が伝わり、面接も上手くいくものです。

あなたの本気度を伝えるための手段として、自ら情報収集をしていく方法としておすすめなのは「転職口コミサイト」の利用です。

口コミサイトの良い所は内部の事情を知ることが出来るのはもちろんのこと、「口コミを通してその会社に興味が持てること」です。

面接官側からすると、「会社に興味を持っている人」と「会社に興味を持っていない人」では明らかな差が見えますので、自然と面接時に有利になっていきます。

以下の記事は各口コミ転職サイトの特徴をまとめた記事となります。

本気でその企業のことを知りたい場合にはたくさんの口コミサイトを読みあさるべきですが、時間も限られている場合には、1つか2つの口コミサイトを利用すれば十分です。

 

関連記事
【転職口コミサイトを比較】入手できる口コミ情報・特徴を知ろう!

続きを見る

 

おわりに:

今回は、転職エージェントを利用するデメリット5個とその対応方法を紹介しました。

デメリットを最小限にすることができれば、転職活動で優位に立てるようになります。

 

デメリットを最小限にし、転職エージェントを最大限有効に利用していきましょう!

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2020 All Rights Reserved.