Carrer up(転職)

【転職】給料が低い理由はあなたの能力だけの問題じゃない【結論】


毎年の昇給がほとんどなく、お給料が思うように上がっていきません。結構がんばって働いているのですが状況はなかなか変わりません。私の何が問題なのでしょうか?

今回はこのような質問に対して記載いたします。

具体的には「給料が低い理由はあなたの能力だけの問題じゃない」というお話です。

本記事の内容

  • あなたの給料が低い理由
  • 勝ち馬企業・産業で
  • 転職した2人の話
  • おすすめの対応策

【転職】給料が低い理由はあなたの能力だけの問題じゃない【結論】

多くの方がお給料が上がればいいなと期待しているものの、実際にはなかなかお給料は上がっていきません。

もっと高い給料が欲しいと言いつつも、自分にはそんな能力はないから無理だなんて言葉を良く耳にします。

しかし、実際にお給料が低い理由はあなたの能力だけの問題ではありません。

もっと大きな理由があります。

日本の労働時間が長い理由

大きな理由を考える最初のステップとして、日本の労働時間が他国に比べ長い理由を少しだけ考えてみましょう。

なぜ日本の労働時間が長いかという話になると、「日本人は真面目だから」「日本人の働き方がとても非効率だから」などと言われます。

確かにその通りの部分もあるのですが1番の理由は他にあります。

それは「日本が資源国でもなければ、金融国でもなく、日本はものづくりを中心とした産業の国」だからです。

サウジアラビアのように石油がバンバン出れば、働かなくてもお金が生まれてきます。

イギリスのような金融業を中心とした産業を確立できていれば、少ない労働時間で多くの収入を生むシステムが出来上がりますね。

また、アメリカや中国のように多くの特許を取得出来れば、少ない労働時間で多くの収入を生むシステムが出来上がりますね。

これは日本のものづくりを中心とした産業が良くないという話ではなく、日本の労働時間が長い理由は根本的にそのような産業だからということです。

同じような話をもう1つします。

東京に美味しいお店がたくさんある理由

東京に美味しいお店がたくさんある理由は何でしょうか。

それは、東京の人の味覚センスがあるからではなく、東京の人が料理が上手だからでもなく、ただ単に東京には多くの人がいるからです。

あなたの給料が低い理由

あなたのお給料が低い理由は何でしょうか。

それは、あなたの能力が低いからではなく、あなたの仕事のやり方が上手くないからではなく、ただ単にあなたの会社が高いお給料を払うことが出来ないからです。

日本が労働時間が長い理由、東京に美味しいお店が多い理由と同様ですね。

あなたの能力にまったく関係はなく根本的な部分に原因があります。

繰り返しになりますが、高いお給料を払うことが出来ない会社に勤めていては給料は低いままです。

勝ち馬の企業で

厳しい意見かもしれませんが、高いお給料を払うことが出来ないような会社に勤めている限り、あなたがどんなに会社に貢献しても高いお給料は望めないでしょう。

逆に高いお給料を支払うことが出来る会社に勤めていれば、たいして努力をしなくても、そこそこのお給料を貰えてしまいますね。

ですので、給料を上げたいならば、そのような会社へ行くことを検討するのが1番の近道です。

勝ち馬の産業で

高いお給料を支払うことが出来る会社へ行くことが1番の近道となりますが、高いお給料を支払うことが出来る会社とはどんな会社でしょうか。

当然、その業態で上位の企業であることは高い給料を支払うことが出来る会社の条件に当てはまると思いますが、それよりも大事なのは産業です。

お給料を上げたいなら、産業が非常に大事になります。

極端な話、勢いのある産業、儲かる産業に行けば高い給料を貰える可能性が高くなります。

これは、残酷な話ですが、全く同じ能力、全く同じ仕事量であっても産業が違えば給料が異なるのは当然です。

大きな変化が起きている今、そして、より大きな変化が起きることが想定されるこれからにおいては、このような観点から物事をみることが出来るかどうかが大きな分かれ道となるでしょう。

言い換えますと、同じ能力、同じ仕事量であっても、この部分を理解できている方と理解できていない方では、今まででは想像もし得なかったほどの生涯年収で大きな差が生じていくことになるでしょう。

パイロットの話

高い給料を支払うことが出来る会社へ行くことが、1番の近道の例として、パイロットの話をします。

パイロットは世界的に人手不足とされ、各国、各会社で熾烈な獲得競争が生じています。

中国の航空会社はパイロット獲得のために、日本の大手航空会社の倍近い報酬を準備し、実際に日本の大手航空会社からパイロットを獲得しています。

その人自身が持っている経験、スキルは何も変わらないのに、給料が倍近く変わるというのは、まさに、給料を上げたいなら、高い給料を支払うことが出来る会社へ行くことが一番の近道という例となります。

転職した2人の話

産業により、給料が変わるということについて、ほぼ同時期に転職活動をはじめた私の知り合いの話を例に出してみます。

働いていた業種も同じ、会社の規模もほぼ同じ、部署もほぼ同じ、勤務年数も同じ、給料もほぼ同じという感じの2人です。

2人も無事に転職先が決まりましたが、2人の転職先の産業は全く異なるものでした。2人のお給料はざっくりですが以下の感じとなりました。

  • Aさん →「200万円アップ」
  • Bさん →「100万円ダウン」

お給料だけで転職を決めたわけではないため、2人の決断はどちらも素晴らしいものですが、お給料という点だけみると、能力や経験がほぼ同じ2人であっても、産業や会社により給料は大きく異なりることが分かります。

おわりに:おすすめの対応策

今回は、給料が低い理由はあなたの能力だけの問題ではありません、というお話をしました。

テクノロジーの変化がとてつもないスピードで進んでいる世の中において、今後、企業間、産業感の給料の格差はどんどん広がっていくことが想定されます。

そんな状況下で年収を上げたいのであれば、高いお給料を支払うことが出来る会社へ行くことが1番の近道となります。

1番の近道に近づく方法:その①

1番の近道に近づく方法の1つ目は「現在の適正年収・将来の想定年収を把握し、年収と向き合う」ことです。

年収を意識したことがない方は第一歩として「無料の年収診断ツール」を利用し、「適正年収・想定年収」をざっくり把握することから始めてみましょう。

おすすめの無料診断ツールは「DODAの4つの無料適職診断テスト」です。

年収だけではなく、あなたの適職や向いている職場環境などを参考となる情報を知ることが出来ます。

全ての適職診断を無料で利用できますので、興味がある方は以下の公式サイトから簡単な登録手続きをし、適職診断をスタートしてみましょう!

DODAの無料適職診断を受けるための登録はこちらの公式サイトから

1番の近道に近づく方法:その②

近道に近づく方法2つ目は「自分の可能性を広げておく」ことです。

「勝ち組の産業を見通す思考力・勝ち組の産業で働くことが出来るように幅広いビジネスの知識」を身につける訓練をしておくことは、あなたの可能性を大きく広げてくれ、将来、大きく役に立ちます。

「幅広い視点からビジネスを考えたことがない方・思考力が弱いと感じている方」には「グロービス学び放題」がおすすめです。

将来の不透明感が増している状況下において、「グロービス学び放題」で学べることは社会人にとって「超有益な自己投資」となります。

以下の記事で「実際に利用した感想」を記載していますので、興味がある方は読んでみてください!

今なら10日間無料で体験できます(無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません)。

関連記事
オンライン学習サイト グロービス学び放題
評判は本当?話題のグロービス学び放題を利用してみた感想

続きを見る

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2020 All Rights Reserved.