English(英語)

社会人に英語は必要?「できないと損な理由」と「7つのメリット」

  • 社会人で英語の勉強をする必要はあるの?
  • 英語を勉強しないと損するのかな?
  • 社会人が英語を勉強するメリットを知りたいな。

今回は、このような疑問をお持ちの方に向けた記事となります。

社会人の方で、英語を勉強するかどうか迷っている方は多いのではないでしょうか?

英語は簡単には成果がでないため、英語の必要性が分からないと、なかなか本格的に勉強する気にはなれないですよね。

昔の僕もそうでした。

英語は「とりあえず勉強してみる」が難しいのです。

まずは、社会人にとっての英語の必要性を把握し、その後、英語の勉強を始めてみるのがおすすめですよ。

僕は、社会人になってから英語を勉強し、今では英語を活かしながら、自分のキャリアを高めることができています。

今ではTOEIC950点あり、専門性 × 英語で、付加価値の高い人材として、評価してもらえているのです。

今回は、そんな僕が、実体験に基づき、「社会人にとっての英語の必要性」について、記載します。

本記事の内容

  • 社会人で英語ができないと人生を損している
  • 社会人が英語を勉強する7つのメリット
  • 社会人におすすめの英語の勉強方法

 

社会人で英語ができないと人生で損をしている

古い時計

「英語が苦手な方」は、「英語ができないことによるデメリット」に気がつかない傾向にあります。

「英語ができる方」からすると簡単にわかることですが、「英語が苦手な方は」このデメリットに気がつけないことが多いのです。

このデメリットの正体は「時間」です。

一昔前は、「Time is money」という言葉をよく耳にしましたが、今は、「時は命」という言葉をよく耳にします。

お金は増やすことができるけど、時間は増やすことができないという意味ですね。

① 時間の感覚は面白い

時間に対する感覚は非常に面白いものです。

同じ出来事であっても、時間を「有効に使用したのか」「無駄にしたのか」という捉え方は、状況により大きく変わってきますね。

  • 自分が無駄だと思うもの →「当然時間を浪費したとわかる」
  • 自分が頑張ったと思うもの →「時間を浪費したと感じない」

例えば、行きたくもない飲み会に無理やり誘われ、想像通りにつまらなかった場合には、この飲み会は無駄だと感じ、時間を浪費した時間とわかります。

無駄だとわかるものは問題ないですが、問題は「無駄だと分からないもの」です。

② 英語力により生じる時間を考えよう

仕事で英語を使う場合、「英語が苦手な方」は「英語力が高い方」と比べ、圧倒的な時間を英語に費やすことになります。

例えば、ライティングでは英語力に応じ、費やす時間が大きく異なりますね。

  • 英語ネイティブの方:10分
  • 海外生活経験がないが英語が相当できる方:13分
  • 英語がなんとなくできる方(Toeic750点くらい):25分
  • 英語が苦手な方(Toeic500点くらい):50分
  • 英語ができない方:1時間以上かけても書けない

 

僕の経験上のざっくりとしたイメージですが、「英語力の差により生じる時間はとても大きい」ものとなります。

「英語が苦手な方」の多くは、この英語力の差により生じる時間について、無駄に浪費した時間とは感じていないのです。

時間をかけて英語のメールを作ったという充実感に満ち溢れている方が多いはずです。

これが時間の感覚の面白いところ。

充実感に満ち溢れることは良いことですが、「英語が苦手な方」が見落としてはならないポイントは「英語ができる人と比較した場合の時間の差」です。

ライティングだけでなく、リーディング、電話会議などの英語全体のコミュニケーションを考えると、英語ができる人とそうでない人とでは、とてつもない時間の差が生まれますよ。

残念なことに、「英語が苦手な方」は、この事実をあまり直視できていませんね。

自分は頑張ったんだと捉えてしまうことから、時間の差という事実を直視できないのです。

③ 英語はコミュニケーションツールのため、時間を費やす意味はないです。

重要なポイントとなりますが、英語は言語(コミュニケーションツール)でしかないため、そこに時間を費やしても何の価値も生まれないのです。

時は命だとすれば、「英語が苦手な方」が英語力の差により、無駄な時間を浪費していることは、命を浪費していることになりますね。

英語ができる方は、「英語力で生じた時間の差」を新しい知識の習得、仕事の経験、プライベートなどに充て、時間を有効に使うことができます。

この時間の差が、気づいたときには大きな差を生むことになりますよ。

つまり、社会人で英語ができないと、命である時間を浪費するため、人生で損をしているということになるのです。

社会人にとって英語を勉強する7つのメリット

メリットを感じている2人

次は、社会人が英語を勉強するメリットをみていきましょう。

主なメリットは、以下の7つとなります。

  1. 社内で評価される(出世しやすい)
  2. 自分のマーケットバリューが上がる(転職でステップアップしやすい)
  3. 仕事が早く終わる(自分の時間を有効に活用できる)
  4. 面白い海外案件、海外出張が増える(仕事のやりがいを持ちやすい)
  5. いち早く情報を入手できる(情報社会で優位に立てる)
  6. 英語研修、海外研修などに行きやすい(会社のお金で勉強、旅行が出来る)
  7. 仕事以外でもプライベートが充実する

これ以外にもメリットはありますが、今回は、上記の7個のメリットをみていきましょう!

その①:社内で評価される(出世しやすい)

社会人にとって英語を勉強するメリットの1つ目が社内で評価される(出世しやすい)です。

最も簡単に社内で評価を上げる方法の1つが、英語ができるいうイメージを持たれることですね。

ここに辿り着くまでは厳しいことの方が多いですが、一度このポジションを築いてしまえば、簡単に社内で評価されるというメリットがあります。

英語ができない人が多くいる職場であればあるほど効果的ですね。

その②:自分のマーケットバリューが上がる(転職でステップアップしやすい)

社会人にとって英語を勉強するメリットの2つ目が自分のマーケットバリューが上がる(転職でステップアップしやすい)です。

最も簡単に社外での自分の評価を上げる方法を考えると、それは英語力となります。

転職サイトを見ると、給料面で好待遇のオファーをしている多くの会社が、英語力を求めていますね。

英語人材が求められており、また、採用する側も英語力は簡単に把握することができるため、英語力が重要視されるのです。

転職を考えている方から最も聞こえてくる言葉は「英語さえできれば、あの企業に挑戦できるのに」です。

それくらい、英語力は必要とされますね。

その③:仕事が早く終わる(自分の時間を有効に活用できる)

社会人にとって英語を勉強するメリットの3つ目が仕事が早く終わる(自分の時間を有効に活用できる)です。

仕事に英語が絡んでくると、英語が苦手な人は得意の人に比べ、仕事を終わらせる時間が圧倒的に遅くなります。

ここで注目すべき点としては、「英語はコミュニケーションツールであり、日本語から英語への変換をするだけという単純作業であるにもかかわらず、ものすごい時間の差がついてしまう」ということ。

この「時間の差を生むことができる」という点が、社会人が英語を勉強するメリットの一つとなりますね。

その④:面白い海外案件、海外出張が増える(仕事のやりがいを持ちやすい)

社会人にとって英語を勉強するメリットの4つ目が海外案件などやりがいがある仕事に挑戦できる機会が増える」です。

海外出張も魅力的ですね(面倒くさいだけの時もありますが)。

こうしたことで仕事にやりがいを持てたり、また実績を作っていけるのです。

人生は何事も経験が重要ですので、海外案件を経験したことがあるというだけで、海外案件を経験したことがない人と差をつけることが可能となります。

その⑤:いち早く情報を入手できる(情報社会で優位に立てる)

社会人にとって英語を勉強するメリットの5つ目がいち早く情報を入手できるです。

仕事でもプライベートでもそうですが、今は完全に情報社会です。

有益な情報を入手し、理解し、行動に移せるかどうかが、自分の人生を大きく左右することとなりますね。

情報格差がなくなった現代では、情報を自ら入手し、行動することが大事。

英語ができるようになると、当たり前ですが、日本語のみの場合と比較して、圧倒的に多くの情報を早く入手できますよ。

その⑥:英語研修、海外研修などに行きやすい(会社のお金で勉強、旅行が出来る)

社会人にとって英語を勉強するメリットの6つ目が英語研修、海外研修などに行きやすいです。

社会人のメリットの1つとして、会社のお金を使えるということがあります。

社会人は色々なところで会社に縛られているからこそ、英語研修、海外研修など、会社のお金で利用できる制度はたくさん利用したいところですね。

やはり、英語ができるほうが、このような研修を受ける機会が多くなります。

「英語ができる →研修を会社のお金で受けることができる →さらに英語ができるようになる →評価される」、という好循環が作れたら最高ですね。

このようなメリットも受けたいということをモチベーションに、英語を勉強するのも良いですね。

その⑦:仕事以外でもプライベートが充実する

社会人にとって英語を勉強するメリットの7つ目が仕事以外でもプライベートが充実するです。

①〜⑥は仕事にフォーカスしたメリットですが、英語を勉強するメリットは仕事以外にもたくさんありますよ。

社会人にとって英語を勉強するデメリットは?

暗い森
社会人は英語ができたほうが良いというのは分かりましたが、英語を勉強するデメリットはないのでしょうか?

社会人が英語を勉強することは、メリットばかりではありませんよ。

デメリットがあるのです。

  • 社会人が英語を習得するためには多くの時間が必要
  • 多くの時間を費やしても成果が全くでない人がたくさんいる

英語の勉強に多くの時間を費やしたにもかかわらず、英語を武器にすることができないという人がとても多いという点がデメリットですね。

効率的な勉強方法で勉強していこう!

クリアな道

英語の勉強に多くの時間を費やしているにもかかわらず、成果がでない方の多くは、非効率的な方法で勉強しています。

効率的な勉強方法により勉強していくことができれば、社会人が英語を勉強するデメリットを打ち消すことができるということですね。

僕は社会人になってから、英語を本格的に勉強し、今ではTOEICで950点を取れます。

そんな実体験に基づいた、効果的な勉強方法をいくつか紹介しますので、これから英語を勉強してみたい方は、参考にしてみてくださいね!

英会話に挑戦したい方

英会話に挑戦したい方が、英会話を始める前に悩んでしまうのが、以下の2点です。

  • 自分のレベルに合ったオンライン英会話学校がわからない
  • 人見知りのため、英会話のレッスンが恥ずかしくて、始められない

このような疑問や悩みをお持ちの方のための記事は、以下の2記事となりますので、参考にしてみてくださいね!

参考記事
オンライン英会話
【外資系企業が使う】レベル別おすすめのオンライン英会話を紹介

続きを見る

参考記事
英語を話すのが恥ずかしい女性
オンライン英会話は緊張するので苦手【人見知りな人におすすめな勉強方法】

続きを見る

TOEICの勉強を効率的にしよう

「TOEICで高得点をとる」という目標を持つ方も多いのではないでしょうか?

TOEICの勉強をしている方から良く受ける相談の一つに、おすすめのTOEIC対策アプリを教えて欲しいという相談がありますね。

僕が、おすすめするアプリは以下の2つ。

以下の記事で詳細に内容を解説していますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

スタディサプリTOEIC(初級者〜中級者におすすめ)

参考記事
スタサプTOEICがおすすめな人?始め方は?知っておきたい全て

続きを見る

SANTA TOEIC(中級者〜上級者におすすめ)

参考記事
SANTA TOEICの予測スコア
【時代はAI】SANTA TOEICの気になる効果・特徴とは?

続きを見る

海外ドラマを見ながら楽しく

海外ドラマみながら、楽しく勉強したいとう方も多いですね。

以下の記事で、海外ドラマで勉強する際の注意点、おすすめの海外ドラマなどを紹介していますので、参考にしてみてください!

詳しく見る
【海外ドラマで英語学習】始める前に知っておくべき効果的なやり方

続きを見る

海外ドラマを見ながら勉強したいという方は、海外ドラマと並行して、英語の音について勉強することがおすすめですよ。

英語の音を知った状態で海外ドラマを見るのと、知らない状態でみるのでは、数カ月後の効果に大きな差がでてきますね。

英語の音を勉強する方法はいくつもありますが、自己投資できるのであれば、1番のおすすめは「プライムイングリッシュ」です。

自己投資が難しい方は、本やYoutubeで勉強してみましょう!

参考記事
【失敗したくない人必見】プライムイングリッシュ購入前に知っておきたい全て

続きを見る

-English(英語)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2020 All Rights Reserved.