Carrer up(転職)

仕事が頭から離れない人の特徴と7個の脱出法【無駄に苦しむのは辞めよう】

頭から離れない
  • いつも仕事のことを考えてしまう。
  • 仕事が頭から離れない。
  • 休日も仕事のことが頭に残っている。

今回は、このような悩みをお持ちの方に向けた記事となります。

仕事が頭から離れなくて、困っているという方は多いのではないでしょうか?

仕事で忙しい時期であれば仕方がないですが、常にそのような状態になっている方は注意が必要です。

いつも仕事のことが頭に残っている状態では、完全に休息することが難しく、仕事以外の時間もストレスを感じ続けてしまいます。

今回は「仕事が頭から離れない人の特徴と脱出法」についてです。

お風呂に入っていても、ベッドに入っていても、休日も仕事のことを考えてしまう癖がついている方は、ストレスが限界まで溜まる前に、真剣に脱出する方法を検討していきましょう。

本記事を読めば、プライベートの時間で仕事のことを考えなくなるためのヒントを知ることができます。

仕事が頭から離れない人の特徴

仕事が頭から離れない人の特徴を見ていきましょう!

主な特徴は以下の7つです。

  • 真面目で責任感が強い
  • やるべきことを把握できていない
  • 解決できなそうなボールを持つ
  • 業務量が多すぎる
  • 業務時間外にメールや電話をチェックする
  • メリハリをつけるのが苦手
  • 仕事や人間関係に問題がある

①真面目で責任感が強い

仕事が頭から離れない人の特徴の1つ目は「真面目で責任感が強い」です。

真面目で責任感が強い方は、完璧に仕事を進めないといけないと思い込み、仕事が頭から離れなくなっていきます。

真面目で責任感が強いことは素晴らしいことですが、上手く手を抜くことを覚えないと、ずっと仕事が頭から離れない状態に陥ってしまいますよ。

②やるべきことを把握できていない

仕事が頭から離れない人の特徴の2つ目は「やるべきことを把握できていない」です。

やるべきことを把握できていないと、常にモヤモヤとした不安が頭に浮かんでしまいます。

あれはいつまでにやれば大丈夫だっけ?他にやらないといけないことはない?などを考えてしまい、常に頭から仕事が離れないという状態に陥るのです。

③解決できなそうなボールを持つ

仕事が頭から離れない人の特徴の3つ目は「解決できなそうなボールを持つ」です。

自分では解決できなさそうと分かっているのにもかかわらず、そのボールを持ち続けてしまう方はたくさんいます。

  • 忙しそうにしているから、今聞いたら悪いかな。
  • こんなことも分からないのと思われたくない。
  • 話すのが面倒くさくて、なかなか切り出せない。

上記のような感じで、解決できなそうなボールを自分で持ち続けてしまうと、常に仕事の不安が頭の中を動いている感じになります。

④業務量が多すぎる

仕事が頭から離れない人の特徴の4つ目は「業務量が多すぎる」です。

業務量が多すぎて仕事に追われている、業務量が多すぎて頭が整理できないという方は多いのではないでしょうか?

仕事に追われている時に限って、追加の仕事の依頼がきたり、トラブルは起きるもの。

たまには、暇になるくらいの業務量にしておかないと、パンクしてしまいます。

⑤業務時間外にメールや電話をチェックする

仕事が頭から離れない人の特徴の5つ目は「業務時間外にメールや電話をチェックする」です。

せっかく仕事のことを忘れていたのにもかかわらず、一度、仕事のことを思い出してしまうと、なかなか元には戻れません。

計画的、戦略的にチェックする場合は効果的となりますが、何気なくチェックしてしまっている場合には注意が必要です。

⑥メリハリをつけるのが苦手

仕事が頭から離れない人の特徴の6つ目は「メリハリをつけるのが苦手」です。

「仕事を家でしない」「気持ちを仕事モードから切り替える」など、作業、気持ちの両方でメリハリを上手くつけられないと、仕事が頭から離れない人になってしまいます。

自分なりにメリハリをつけることにより、仕事が頭から離れないという状態を遠ざけることができますよ。

⑦仕事や人間関係に問題がある

仕事が頭から離れない人の特徴の7つ目は「仕事や人間関係に問題がある」です。

仕事や職場の人間関係に根本的な問題がある場合には、なかなか仕事のことが頭から離れません。

この場合には、根本的な問題を特定し、一つ一つ改善していくことが大事です。

仕事が頭を離れないからの脱出法

仕事が頭を離れないからの脱出法を見ていきましょう。

脱出法は以下の7個です。

  • 適当な気持ちを受け入れる
  • やるべきことを可視化する
  • ボールを持たないようにする
  • 業務量を調整し、スケジュールに余裕を持たす
  • プライベートの時間でのメールチェックルール
  • 家で仕事の反省はしない
  • 転職する

①適当な気持ちを受け入れる

仕事が頭を離れないからの脱出法の1つ目は「適当な気持ちを受け入れる」です。

生きていくためには、これからも仕事と付き合う必要があることを考えると、「適当な気持ちを受け入れて、仕事と共存していくスキル」は重要なスキルと言えます。

  • 全ての仕事を完璧にできる人はいない
  • 誰でも仕事でミスをする
  • 仕事は計画通りに進まなくて当たり前

これくらいの気持ちで仕事に望むことが大切。

真面目は良いことですが、真面目すぎてストレスを抱えてしまっては、元も子もないですよ。

②やるべきことを可視化する

仕事が頭を離れないからの脱出法の2つ目は「やるべきことを可視化する」です。

何をすべきかを頭の中で整理しきれていないと、モヤモヤしてしまい、必要以上に不安が大きくなってしまいます。

整理する方法としては、紙に書くなど、やるべきことを視覚的に見えるようにしておくことがポイントですよ。

③ボールを持たないようにする

仕事が頭を離れないからの脱出法の3つ目は「ボールを持たないようにする」です。

「解決できなそうなことは自分でボールを持たない」と意識するだけで、仕事が頭から離れないを大きく改善できます。

  • 相手の都合は気にしすぎないでボールを投げる
  • 解決できないことを悩んでいる時間は無駄と考える
  • 感情を捨ててボールを投げる時間を決める

自分がボールを持っていても仕方ないとは分かっていても、「面倒くさい」「相手に申し訳ない」と考えてしまい、なかなかボールが投げられないことも多いのではないでしょうか?

そんな時は一時的に感情を捨てる時間を作り、機械的にボールを投げてしまいましょう!

④業務量を調整し、スケジュールに余裕を持たす

仕事が頭を離れないからの脱出法の4つ目は「業務量を調整し、スケジュールに余裕を持たす」です。

業務量が多すぎては、仕事のことが頭から離れなくなり、心の余裕がどんどんなくなっていきます。

業務量が多すぎて、頭から仕事が離れないと感じている方は、業務量を減らしていくことを第一目標に動いていきましょう。

業務量が多いときほど、追加での仕事がきがちですので、早めに対処することが大事ですよ。

⑤プライベートの時間でのメールチェックルール

仕事が頭を離れないからの脱出法の5つ目は「プライベートの時間でのメールチェックルール」です。

仕事を頭から切り離すためには、物理的に仕事のことを目に触れないようにする必要があります。

プライベートの時間にメールチェックをしたほうが効率的に仕事を進めることができるという方は、ルールを作ってチェックすることが大事。

例えば、休日であれば、土曜の朝一と日曜日の夜だけチェックするという感じで、ルールに基づいてチェックすることにより、その他の時間は仕事を頭から離すことができきますよ。

⑥家で仕事の反省はしない

仕事が頭を離れないからの脱出法の1つ目は「家で仕事の反省はしない」です。

仕事とプライベートを切り替えられない人の特徴の一つとして、「いつまでも仕事のミスを引きずっている」が挙げられます。

ミスをした時に大切なことは、同じミスを繰り返さないこと。

どうしたら同じミスがおきないかを考えて、メモしたら、もう終わり!と考えるように意識しましょう!

⑦転職する

仕事が頭を離れないからの脱出法の7つ目は「転職する」です。

気持ちや考え方を変えるだけで解決できるものもあれば、それだけでは解決できないものもあります。

仕事や職場の人間関係について、根本的な問題を抱えている場合には、気持ちや考え方での解決は難しいです。

原因を特定し、一つ一つ解決していく必要がありますが、それでも改善しそうにない場合には転職を検討する必要があります。

転職をすれば、根本的な問題を一気に解決可能。

仕事が頭から離れなくて困っているという状態を改善することができます。

転職の進め方、転職エージェントの活用方法、おすすめの転職エージェントを知りたい方は、以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

関連記事:【20代に強い】20代におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

関連記事:【30代に強い】30代におすすめの転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

仕事が頭から離れるようにするためのその他の方法

仕事が頭から離れるようにするためのその他の方法を見ていきましょう。

  • 運動する
  • 趣味に没頭する
  • 適量のお酒を飲む
  • 話をする
  • 物事の決断スピードを上げる練習をする

①運動する

仕事が頭から離れないと悩んでいる時は、運動して汗をかき、頭の中をスッキリさせると効果的です。

軽く身体を動かすだけでもリラックスできますので、意識的に運動する時間を作りましょう!

②趣味に没頭する

仕事のことなんか頭から忘れるくらい、趣味に没頭するという方法もおすすめです。

今は趣味がないという方は、没頭できる趣味を探していきましょう!

③適量のお酒を飲む

適量のお酒を飲むのも方法の一つです。

仕事が頭から離れなくて辛いという方は、ほどよくお酒を飲んで、仕事のことを忘れましょう!

④話をする

一人でいると、頭の中で仕事のことを考えやすくなります。

仕事のことを忘れるためには、誰かと話すことも効果的です。

誰かと話をすることにより、自然と仕事のことが頭から離れるようになりますよ。

一人暮らしで話す相手がいないという方には英会話もおすすめ。

英会話は「英語を学べて、孤独を和らげ、そして、仕事のことを忘れられる」という一石三鳥ですよ。

おすすめのオンライン英会話学校については「初心者におすすめのオンライン英会話学校10個を比較【もう迷わない】」にて紹介していますので、気になる方はご覧ください。

⑤物事の決断スピードを上げる練習をする

物事の決断スピードを上げる練習をすることも効果的です。

決断ができないことにより、頭の中がスッキリせずに、仕事が頭から離れないという方はたくさんいます。

物事の決断スピードを上がれば、無駄に悩むことが減りますよ。

物事の決断スピードを上げるには「日頃の決断を早くする」「仮説をたて検証する力を鍛える」の2つがおすすめの方法です。

「日頃の決断を早くする」については、食事のメニューを決める時、服を決める時、どこに行くかを決める時など、日常の生活の中で、判断のスピードを上げていく方法。

「仮設をたて検証する力を鍛える」については、「考えが浅い社会人はヤバい!自分で考えられないから早く卒業しよう」にて解説していますので、興味がある方はご覧ください!

仕事が頭から離れないから抜け出そう!

今回は、「仕事が頭から離れない人の特徴と脱出法」を見てきました。

生きていくためには仕事をしなければいけないことを考えると、仕事と上手く付き合っていくしかありません。

仕事が頭から離れないという状態は、仕事と上手く付き合っていけていない状態。

パンクして、身体や心が壊れてしまう前に、今回の脱出法を使い、脱出していきましょう。

注意点としては、仕事や職場の人間関係に根本的な問題がある場合には、今回の脱出法ではなく、転職という選択肢を検討すべきということ。

仕事が頭から離れない状態から早く抜け出し、ストレスが少ない、充実した時間を増やしていきましょう!

関連記事
気球
【20代に強い】20代におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

続きを見る

関連記事
上昇するバルーン
【30代に強い】30代におすすめの転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

続きを見る

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.