Carrer up(転職)

【超大事】転職で失敗・後悔しないためにやっておくべき事前準備5個

  • 転職活動を開始しようとしています。
  • 転職で失敗しないためにやっておくべきことを知りたい。
  • 具体的にどのような事前準備をしておけばよいか教えてほしい!

今回は、このような疑問や悩みをお持ちの方に向けた記事となります。

具体的には「転職活動で失敗をしてしまった人、後悔している人が経験をした失敗の原因・後悔の原因を把握し、その原因を事前準備で潰していくというシンプルな方法」です。 

本記事の内容

  • 転職で失敗してしまっている原因の多くは事前準備不足
  • 事前準備には時間がかかる
  • 転職で失敗しないためにやっておくべき事前準備5個

これから紹介する転職で失敗しないためにやっておくべき事前準備5個は、特別なことではなく、 誰もがすることができる事前準備。

この事前準備を頭に入れながら転職活動を進め、転職で失敗する可能性を下げていきましょう。

【超大事】転職で失敗・後悔しないためにやっておくべき事前準備

転職は自分自身の可能性を良くも悪くも大きく広げてくれます。

望んだような転職をすることができれば、 人生は良い方向に進んでいき、一方で転職活動で失敗してしまった場合には、人生が悪い方向に進んでいってしまいがちです。

よい転職を成功するためには、転職で失敗・後悔する原因を事前に把握し、それを対策するというシンプルな方法が効果的。

多くの方が転職で失敗・後悔している原因について、しっかりと対策をすることが大切になってきますよ。

転職で失敗・後悔してしまっている原因の多くは事前準備不足・情報不足

転職で失敗、後悔してしまう主な原因の一つであり、誰もが対策をすることができるものがあります。

それは、「事前の準備不足」。

原因そのものはものすごく単純なことですが、 「この事前準備の重要性に気づかない方・面倒くさくて事前準備をしない方」がとても多いです。

このような方たちは、以下のように転職で失敗、後悔する可能性が高くなりますよ。

  • 自分が本当にやりたかった仕事ではない
  • 会社の仕事のスタイルが自分の仕事のスタイルと違う
  • 自分が認識していた待遇面・給与面と実際が異なる
  • 会社の雰囲気が思ったよりも自分と合わない
  • 前の会社の方が良かった

これから紹介する誰もが行うことができる事前準備をしっかりと行うことにより、転職で失敗し、後悔する可能性を下げていきましょう!

事前準備に時間がかかる

これから紹介する事前準備は誰もができることです。

事前準備はある程度の期間が必要ですので、計画的に進めて行くことが大切となります。 

転職で失敗しないためにやっておくべき事前準備5個

転職で失敗、後悔しないためにやっておくべき事前準備を5個紹介します。

誰もが準備することができ、 転職で失敗の可能性を下げることができるための基本的な事前準備となります。

  1. 自分と向き合う(どんな仕事をしたいのか、どんな仕事にむいているのか)
  2. 会社を知る
  3. 会社の内情を知る
  4. 面接で聞きたいこと聞けるように準備する
  5. 条件面の交渉をしっかりとできるように準備する
一つずつみていきましょう。それぞれの事前準備が大切な理由と具体的な対応策を紹介していきます!

その①:自分と向き合う(どんな仕事をしたいのか、どんな仕事にむいているのか)

転職を失敗、後悔している多くの方が口にする言葉は、以下のとおりです。

  • 転職先での仕事が本当に自分のやりたいことではなかった
  • 自分は何がやりたいのかわからない
  • 自分がどんな仕事に向いているかわからない

転職前に自分自身を見つめ直す機会を設けていないと、このような問題が生じますよ。

意外にも多くの方が、この事前準備をしていません。

何をやりたいのか、どんな仕事に向いているのかを把握しない状態で、見切り発車的に転職活動を始めている場合には要注意です。

何をやりたいのか、どんな仕事に向いているのかを把握することは、転職活動の第一歩となります。

ここで歯車が噛み合わないと、転職で失敗、後悔する可能性が高まっていきますので、しっかりと押さえていきましょう。

ここを押さえた上で、現在の会社をみてみると、今まで見えなかった良いところ、悪いところが見えてきます。

この状態で転職したい理由、やりたいことを考えることにより、転職したい理由がより明確に見えてくるのです。

何をやりたいのか、どんな仕事に向いているのかを把握する際の注意点は、自身のみで考えても、客観性に欠けて、答えは見つからないということ

客観的に把握する方法はいくつかありますが、おすすめは無料の適職診断ツールを利用する方法です。

様々なタイプの適職診断がありますので、より客観的に把握するためには2個以上の適職診断を受けることをおすすめしますよ。

適職診断と聞くと大げさに聞こえますが、どの適職診断も15分以内で完了しますので、スキマ時間でできてしまいますよ。

おすすめの無料の適職診断については、以下の2つの記事を参考にしてみてください!

タイプは違いますが、どちらもおすすめの適職診断となります。

関連記事
Dodaの4つの無料適職診断テスト
dodaの4つの無料適職診断を解説!向いてる仕事を見つけよう!

続きを見る

関連記事
ミイダスを利用する前に知っておきたいサービス、口コミ、評判

続きを見る

その②:会社を知る

転職で失敗、後悔しないためには、あなたが働きたいと思える会社を見つけることが大切です。

自分のことを知った後は、会社のことを知りましょう!

行きたい、挑戦したいと思える会社があり、その会社のことをある程度知っている場合には、これから紹介する「会社を知る」は飛ばして問題なしです。

例えば、以下のような場合ですね。

  • 同じ業界のライバル会社に行きたい
  • 知り合いがいるあの会社に行きたい
  • 業界ナンバーワンの会社に挑戦してみたい

上記に当てはまらない場合には、「会社を知る」という事前準備をすることがとても大切です。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、「会社を知る」ということをしっかりと行うことにより、今まであなたのの知らなかった会社も転職候補となり、選択肢が大きく広がります。

「会社を知る」ために、誰もが簡単に出来ることは以下の4つです。

  1. 転職サイトに登録
  2. 気になる会社のHPまたはIR情報をチェック
  3. その会社の商品を使用する
  4. SNSを利用し、その会社の方をチェック

知らない、聞いたことのない会社が世の中にはたくさんあり、その中にも転職の候補となる会社は実はたくさんあります。

これらの会社を探すための第一弾として、転職サイトに登録し、いろいろな会社の情報を入手していきましょう。

転職サイトに登録し、いろいろな会社を意識しながら生活をしてみると、たくさんの会社が身のまわりの商品に関与していることに気がつき、いろいろな会社に興味が湧いてきますよ。

このようにして、転職候補の選択肢を広げていくことにより、転職候補の会社を探しやすくなるのです。

「会社を知る」を目的とした場合にどの転職サイトが良いのかと相談されますが、「会社を知る」という目的の場合のおすすめは以下の2社となります。

求人数が多いため、「会社を知る」にはピッタリです。

どちらも無料で利用できますので、最低1つ、可能であれば両方から情報を入手することをおすすめします。

その③:会社の内情を知る

転職してみたいと思える会社を見つけたとしても、会社の内情が分からないと、転職でする可能性が高くなります。

転職で失敗、後悔している方の多くは、転職前のイメージと転職後の実態のギャップを感じていることが多いですよ。

  • 実際に転職してみると、転職前にイメージしていたものと違うことが多かった
  • 残業・有給などについて、認識と違った
  • 社風が想像していたものと違い、自分には合わないと感じた
  • ワークライフバランスについて認識の相違がある
  • 予想していたよりも福利厚生が良くなかった

転職前に内部のすべての情報を把握することは不可能ですが、会社が公表している情報のみを信じて、転職することは避けたほうが良いですよ。

「無料の転職クチコミサイト」利用すれば、転職候補の会社に知り合いがいなくても、簡単に会社内部の情報を知ることが可能となります。

信憑性は気になりますが、複数の口コミサイトをチェックするれば、なんとなく内部の情報が見えてきます。

「これを知らずに転職活動を進める方」と「これを知りながら転職活動を進める方」では、大きな差が生じますよ。

以下の記事で「有名な無料口コミサイト4つを比較」していますので、参考にしてみてくださいね!

関連記事
【転職口コミサイトを比較】入手できる口コミ情報・特徴を知ろう!

続きを見る

転職で成功している方の活用方法としては、「複数の口コミサイトから情報を入手し信憑性を高める」「どうしてもひっかかる内容は、その情報を頭に入れながら、会社の面接などに行き、真相を確認する」という方法です。

内部情報を可能な範囲で把握することにより、イメージと違ったという可能性を下げることができますよ。

その④:面接で聞きたいことを聞く準備をする

確認しておきたいことを直接確認できる数少ないチャンスが「面接」となります。

面接の機会を有効に活用して、しっかりと気になる点をクリアにしたいところです。

面接で聞きたい事を聞くためには、 大前提として、「自分を知る」「会社を知る」「会社の内部情報を知る」 の3つを把握する必要があります。

これに加えて、面接時に緊張せずに余裕を持って話すことができるようにするのも必要です。

誰でもできる具体的な対策方法は、以下の2つ。

  • 「自分」「会社」「内部情報」を把握した上で、知りたいこと、聞きたいことなどの質問を20個用意しておく
  • 面接で聞かれる質問・内容などを事前に把握し、 面接対策をしておく

面接時に「ちゃんと準備をしてきた」という自信を持ち、余裕を持つこと大切です。

事前の面接対策については、事前に面接で聞かれる質問を想定できている方とできていない方では、面接時の余裕がまったく違ってくるのは当然。

「無料の転職口コミサイトで、面接関係の口コミを確認し、あなたと似た立場の方が面接でどんなことを聞かれたのかを調べる」という方法がおすすめとなりす。

アドリブに強い方、喋りに自信のある方以外の方にとっては、かなり有効な方法ですよ。

その⑤:条件面の交渉をしっかりと準備する

転職で失敗し、後悔する原因の一つが条件面です。

具体的な条件面の話をせずに転職を決めてしまい、想像よりも条件が悪かったという話は良くあります。

たいていの日本人の方は給与などの条件面について、交渉することが苦手。

転職で失敗し、後悔しないためには条件面の交渉は、転職エージェントの力を借りることがおすすめです。

転職の事前準備としては気が早い話ですが、最終的に転職をする場合には、第三者であるエージェントに条件面や待遇面の交渉を可能な限りしてもらいましょう

エージェントとしても、あなたの年収が上がれば、会社からエージェントに入る転職成功報酬も増えるため、遠慮することなく相談して見ることが大切ですよ。

すべてエージェントに任せるのではなく、あなたの希望の額をエージェントに伝えて、交渉してもらうスタイルがおすすとなります。

このようなことを考えると、転職活動の早い段階から転職エージェントを活用していくことが大切ですね。

まず押さえておくべき転職エージェントサイトは以下の大手2社となります。

さきほども紹介しましたが、求人数が多く、有名で評価の高いため、まずここを押さえておくことをおすすめします。

事前準備をしっかりして、新たなキャリアを見つけよう!

今回は「転職で失敗、後悔しないための事前準備」について紹介しました。

5つの事前準備を少しずつ進めていけば、転職での失敗の可能性を下げることができます。

事前準備なんて面倒くさいと感じてしまう方がほとんど。

ここで事前準備をスタートできるかどうかが、転職成功への分かれ道となるかもしれません!

「事前準備には時間がかかる」「転職のチャンスはタイミングが重要」なことを考えると、今すぐ転職をする気がない方であっても、早めに事前準備をしておくことが大切となりますよ!


-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.