Carrer up(転職)

フリーターにおすすめの転職エージェント厳選4社!正社員を目指そう!

  • フリーターから正社員へ転職したい
  • フリーター転職を成功させるコツは?
  • フリーターにおすすめの転職エージェントを知りたい

今回は、このような悩みや疑問をお持ちの方に向けた記事となります。

フリーターから正社員へ転職したいけれど、進め方が分からない方は多いのではないでしょうか?

フリーターから正社員へ転職するには、押さえておくべきポイントがあります。

例えば、転職エージェント一つとってみても、フリーターの方が大手の転職エージェントに求人を紹介してもらうのは大変です。

いろいろなポイントがあるので、しっかり押さえていきながら転職活動を進めていきましょう。

今回は、フリーター転職のポイントとおすすめの転職エージェントについてです。

本記事を読めば、フリーターから正社員になるためのコツ、厳選したおすすめの転職エージェントを知ることができ、正社員となるための第一歩を踏み出すことができます。

フリーターは正社員へ転職しにくい?

フリーターの転職はハードルが高いと思い、諦めてしまう方も多いのではないでしょうか?

新卒や正社員の方に比べると、フリーターから正社員となることが難しいのは事実です。

大手転職サイトの調査などを見てみると、フリーターの内定率は50%を下回っている一方で、新卒の内定率は80%を超えています。

数字だけ見ると、とても厳しく感じますが、悲観的になる必要はまったくありません。

フリーターから正社員へ転職している方がたくさんいるのも事実です。

フリーターの転職が難しい4つの理由

フリーターの転職を成功させるためには、フリーターの転職が難しい理由を把握しておくことが大切です。

フリーターの転職が難しい理由は、以下の4つとなります。

  • 新卒第一主義
  • 即戦力になりにくい
  • フリーターのマイナスイメージ
  • 相談できる人が少なく、一人で就活しがち

①新卒第一主義

フリーターの転職が難しい理由の1つ目は「新卒第一主義」です。

多くの企業が新卒採用を重視しており、人材の大半を新卒採用で確保しています。

理由はいくつかありますが、「一から自分たちで育成できる」「中途採用はコストがかかる」「中途採用は上手く行かないことがある」が主な理由です。

例えば、中途採用だけで、実務経験8年目の人を何十人も集めようとしても不可能。

新卒で大量に入社してもらい、そこから調整していく方法が、企業にとって一番楽な方法となります。

②即戦力になりにくい

フリーターの転職が難しい理由の2つ目は「即戦力になりにくい」です。

企業は、中途採用には即戦力を求めていることが多いです。

「実務経験がある」「最低限のビジネスマナーがある」「最低限の社会人スキルがある」など、一から育成しなくても活躍できる人材を求める傾向にあります。

一から育成するのであれば、新卒入社をまとめて育成したほうが効率が高いためです。

フリーターは即戦力になるか分からないため、転職に不利になりやすいといえます。

③フリーターのマイナスイメージ

フリーターの転職が難しい理由の3つ目は「フリーターのマイナスイメージ」です。

漠然としたフリーターへのマイナスイメージが転職を難しくしています。

「すぐに辞めてしまいそう」「根気がなさそう」「責任感がなさそう」など、心配に感じる企業は多いです。

面接などで、このような企業の思い込みを払拭できないと転職は難しくなります。

④相談できる人が少なく、一人で就活しがち

フリーターの転職が難しい理由の4つ目は「相談できる人が少なく、一人で就活しがち」です。

フリーターの場合、情報交換できる同僚などがいなく、転職の情報を掴みにくいという特徴があります。

転職を考えている人が周りにいるだけで、転職に関する色々な情報を知ることができるものです。

フリーターの方が転職の難易度を下げるためには、転職エージェントなどを利用し、一人での活動から抜け出すことが大切となります。

フリーター転職を成功させるためにすべきこと

フリーター転職を成功させるためにすべきことは以下の4つです。

  • 転職の理由を言語化する
  • 複数の転職エージェントに登録する
  • 大手企業にこだわらず、候補を広げる
  • 応募書類や面接の対策をする

①転職の理由を言語化する

フリーター転職を成功させるためにすべきことの1つ目は「転職の理由を言語化する」です。

ぼんやりとした状態ではなく、言語化できるくらい、深く考えることが大切となります。

  • 転職して何をしたいのか
  • どんなスキルを身につけたいのか
  • どんな職場環境が良いのか
  • 求めるライフワークバランスは
  • 希望する年収は
  • 絶対に譲れない条件は何か
  • どんなキャリアプランを考えているのか

全てを明確にするのは難しいことですが、可能な範囲で考えてみましょう。

考えることにより、希望する企業や合いそうな企業が少しずつ見てくるものです。

一人では難しいという場合でも、転職エージェントに相談することで明確になってくることがあります。

一人で悩みすぎずに、転職サポートのプロに相談し、転職の理由を言語化できるようにしていきましょう。

②複数の転職エージェントに登録する

フリーター転職を成功させるためにすべきことの2つ目は「複数の転職エージェントに登録する」です。

フリーターからの転職で成功したい場合には、複数の転職エージェントを活用しましょう。

  • 候補となる求人が増える
  • 担当エージェントとのミスマッチを避けることができる
  • 各エージェントごとに強みが異なる

複数のエージェントを利用したほうが良い理由は、上記のとおりとなります。

フリーターの転職はただでさえハードルが高いので、候補となる求人を増やす努力をすることが大事です。

1社のエージェントにこだわることは、自ら自分の状況を不利に追い込むことになります。

シンプルに可能性を高めるための行動として、複数のエージェントを活用するようにしましょう。

③大手企業にこだわらず、候補を広げる

フリーター転職を成功させるためにすべきことの3つ目は「大手企業にこだわらず、候補を広げる」ことです。

大手企業は正社員からの転職需要もあり、フリーターが応募できる求人が少ないです。

一方で中小企業やベンチャー企業では、正社員経験がなくても採用に前向きな企業があります。

フリーター転職で成功したいならば、大手企業だけではなく、中小企業で自分が合いそうな会社も探すことも必要です。

大手企業へのこだわりが強い場合には、まずは中小企業に転職し、正社員経験を積んだ上で挑戦するのが現実的な戦略といえます。

④書類や面接の対策をする

フリーター転職を成功させるためにすべきことの4つ目は「応募書類や面接の対策をする」となります。

フリーターが転職で成功するためには、企業のフリーターに対するマイナスイメージを払拭することが大切です。

「すぐには辞めなそう」「やる気がありそう」「責任感がありそう」という印象を持たれれば、転職成功の可能性は一気に高まります。

自分だけで対策することは難しいので、転職エージェントにサポートしてもらうことがポイント。

応募する企業ごとにアピールすべき点が変わってくるため、転職エージェントの力を活用しましょう。

フリーターの方は転職エージェントを利用しよう

フリーターの方が正社員への転職を目指すならば、転職エージェントの利用は必須です。

理由は以下のとおり。

  1. 相談できて安心
  2. フリーター向けの求人が多い
  3. 応募書類の作成や面接対策をサポート
  4. 書類選考や面接の通過率がアップ
  5. 定着率が高い求人の紹介

①相談できて安心

転職エージェントを利用すべき理由の1つ目は「相談できて安心」となります。

フリーターからの転職活動が難しく感じる原因の一つに「転職活動の進め方が分からない」ことがあります。

転職エージェントを利用すれば、転職活動のすべてを無料でサポートしてもらえます。

疑問や不明点がクリアになり、転職活動を進めるうえでの不安が解消されます。

②フリーター向けの求人が多い

転職エージェントを利用すべき理由の2つ目は「フリーター向けの求人が多い」ことです。

フリーターに特化した転職エージェントは、フリーターの方が応募できる正社員の求人を多く持っています。

正社員転職のポイントは「求人と出会えるかどうか」です。

転職エージェントを利用することにより、求人と出会える可能性を高めることができます。

③応募書類の作成や面接対策をサポート

理由の3つ目は「応募書類の作成や面接対策をサポート」してもらえることです。

企業はフリーターに対してマイナスのイメージを持っているため、応募書類や面接での受け答えはとても大事です。

「やっぱり不安だな」と思われてしまうと、内定をもらうことはできません。

転職エージェントはその道のプロですので、サポートしてもらうことにより、「やっぱり不安だな」と思われるリスクを下げることができます。

④書類選考や面接の通過率がアップ

理由の4つ目は「書類選考や面接の通過率がアップ」することです。

転職エージェント経由で応募は、「応募者は応募するだけの能力がある」と転職エージェントがお墨付きをしたことを意味します。

企業側としても、「転職エージェントが勧めてくれるなら前向きに検討しよう」となるものです。

転職エージェントから応募した段階で、自動的に書類選考に通過した扱いとなるような求人もあります。

⑤定着率が高い求人の紹介

理由の5つ目は「定着率が高い求人の紹介」となります。

せっかく転職できても、すぐに辞めてしまっては経歴に傷がつくことになりますので、定着率は押さえておきたいポイントです。

フリーター特化の転職エージェントを利用すると、フリーターの定着率が高い求人を紹介してもらえます。

転職エージェントの活用手順

引用:ハタラクティブ

フリーターから正社員を目指すための転職エージェントの活用手順を見ていきましょう!

活用手順を大きく分けると、以下の5ステップとなります。

  1. エージェントへ会員登録
  2. カウンセリング
  3. 求人の紹介、応募
  4. 面接対策、面接
  5. 内定

会員登録は自分で行う必要がありますが、それ以降は担当エージェントの方と相談しながら進めていくことができます。

会員登録は「名前」「連絡先」など簡単な基礎情報を入力して完了です。

登録後に、カウンセリングの日程調整のための連絡がメールか電話できますので、無視することなく、カウンセリングの日程調整をしてくださいね!

あとは、カウンセリングを行い、相談しながら、内定に向けて動いていくイメージとなります。

転職エージェントを活用すると、内定獲得までの全てのサポートを無料受けることができます。

おすすめの転職エージェント

フリーターにおすすめの転職エージェントを紹介します。

厳選の4社をランキング形式で紹介していきますね。

どのエージェントを利用するか迷っている方は、これから紹介する4つのエージェントから選べば問題なしです。

1位:ハタラクティブ

ハタラクティブ

1位は、ハタラクティブ です。

第二新卒、既卒、フリーターに特化したエージェントで、「ITエンジニア」「接客・販売」「営業」など、幅広い職種、業界の求人を紹介してもらえます。

『ハタラクティブ』の強みは以下のとおりです。

  • 多くの求人が未経験からの正社員採用
  • 内定率は80%以上
  • 転職活動のやり方を一から丁寧に教えてくれる

学歴や職歴を問わず、フリーターの方でも正社員となれる求人がたくさんあり、総合的にもっともおすすめのエージェントです。

合計カウンセリング人数は11万人超え、そして、内定率は80%を超えています。

実績からも分かるとおり、フリーターの方でも安心して利用できる転職エージェントです。

より詳しくハタラクティブについて知りたい方は『【ハタラクティブの評判】フリーター転職におすすめの理由と利用上のポイント』を参考にしてください。

\ 内定率80%以上!簡単3分で無料登録! /

クリックすると公式サイトにとびます。
無料登録後もすべて無料で利用できます。

関連
ハタラクティブ
【ハタラクティブの評判】フリーター転職におすすめの理由と利用上のポイント

続きを見る

2位:ウズキャリ

UZUZ

2位は、ウズキャリ です。

ウズキャリは第二新卒、既卒、フリーターに特化したエージェントで、アドバイザーの方が相談から内定獲得まで親身になってサポートしてくれます。

『ウズキャリ』の強みは以下のとおりです。

  • 内定獲得まで徹底サポート
  • ブラック企業を排除し、定着率は90%以上
  • 一人あたりのサポート時間は20時間以上

内定獲得に向けて、アドバイザーが伴走してサポートしてくれます。

定着率の低いブラック企業の求人を排除しているため、入社1年後の定着率は業界トップ水準の90%以上です。

詳しくは『ウズキャリ(UZUZ)の評判とは?デメリットとメリットを徹底解説!』にて紹介していますので、参考にしてみてください。

\ 定着率95%以上!簡単1分で無料登録! /

クリックすると公式サイトにとびます。
無料登録後もすべて無料で利用できます。

関連
UZUZ
ウズキャリ(UZUZ)の評判とは?デメリットとメリットを徹底解説!

続きを見る

3位:DYM転職

DYM転職

3位は、DYM就職となります。

DYM転職は第二新卒、既卒、フリーターに特化したエージェントで、就職成功者5,000人以上の確かな実績があるエージェントです。

『DYM転職』の強みは以下のとおりです。

  • 書類選考なしで面接
  • 正社員求人100%
  • スピード感がある転職活動が期待できる

「時間をかけて応募したのに書類選考で落とされる」ことを避けることができるため、スピーディーに転職活動を進めていけます。

また、東京以外にも札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方での転職活動にも対応しています。

DYM就職については『【DYM就職の評判・口コミ】フリーター・第二新卒の転職に強みがあるエージェント 』にて詳しく紹介していますので、読んでみてください。

\ 正社員求人100%!簡単3分で無料登録! /

クリックすると公式サイトにとびます。
無料登録後もすべて無料で利用できます。

関連
DYM転職
【DYM就職の評判・口コミ】フリーター・第二新卒の転職に強みがあるエージェント

続きを見る

4位:就職Shop

4位は「就職Shop」となります。

就職Shopではリクルートが運営している、若手の既卒・フリーターに特化したエージェントです。

  • 全ての応募について書類選考なし
  • 求人数は累計10,000社
  • 徹底した個別のサポート

大手リクルートが運営しているため、安心して利用できます。

リクルートが運営していて有名なのものとしては、転職サイトリクナビNEXTと転職エージェントリクルートエージェントがありますね

\ コンサルタントと面談する! /

クリックすると公式サイトにとびます。
無料登録後もすべて無料で利用できます。

総合型転職サービスもチェック

フリーター特化ではないですが、総合型の転職サイトと転職エージェントを参考情報として紹介します。

まずは「総合型の転職サイト」の紹介です。

転職サイトおすすめ度特徴
doda・総合力が高く、多くの方におすすめ
・エージェントや適職診断機能も充実
リクナビNEXT・求人の豊富さが魅力
・転職活動者の多くが利用しているサイト
キャリトレ・20代に特化した転職サイト
・1日5分でできる転職活動

転職サイトに登録すれば、無料でいろいろな求人を探すことができます。

より多くの求人を探すためにも、1〜2つほど登録することをおすすめします。

次は「総合型の転職エージェント」の紹介です。

転職エージェントおすすめ度特徴
doda・総合力が高く、多くの方におすすめ
・利用者満足度90%
マイナビジョブ20's・20代特化のエージェント
・厳選求人で高い書類通過率
リクルートエージェント・業界最大手のエージェント
・求人数も業界トップ
パソナキャリア ・丁寧なサポートが評判
・多くの方におすすめでるエージェント

フリーター特化のエージェントでは紹介してもらえないような求人を紹介してもらえる可能性があります。

運良く空いている優良求人を紹介してもらえるかもしれませんので、いくつか登録してみましょう。

フリーターが転職エージェントを選ぶ際に気をつけるポイント

フリーターの方が転職エージェントを選ぶ時のポイントを見ていきましょう!

エージェントを選びの参考にしてみてください。

親身になってサポートをしてもらえるか?

転職エージェントもビジネスでやっている以上、内定が出やすい人を優先してサポートする傾向にあります。

フリーターの方の場合、転職の難易度が上がるため、優先的にサポートをしてもらえない可能性があるのです。

フリーターであっても、親身になってサポートしてもらえるかどうかを確認しておきましょう。

フリーター特化の転職エージェントであれば、親身になってサポートしてくれるため、安心して利用できます。

担当エージェントとの相性は良いか?

転職活動では担当エージェントとの相性が大切です。

特にフリーター転職の場合には、企業からの不安やマイナスイメージを払拭する必要があるため、エージェントとの相性がより大切となります。

いくつかのエージェントを利用して、相性が良さそうな担当エージェントを探していきましょう。

どのエージェントも無料で利用できますので、相性が良く、相談しやすい担当エージェントを見つけてくださいね。

担当エージェントが志望する業界に明るいか?

志望する業界がある方は、「求人の豊富さ」「担当エージェントの方が業界に明るいか」も大切です。

担当エージェントの方が、志望する業界に詳しくない場合、ミスマッチの転職がおきてしまう可能性があります。

1人のエージェントに固執せずに、複数のエージェントを利用して、業界に強みを持つエージェントを探してきましょう。

転職エージェントに断られた場合の注意点

フリーターであることを理由に転職エージェントに断られることがあります。

その場合の注意点として、諦めたり、何もせずにいることは避けたいところです。

転職エージェントに断られた場合には、以下の3つの対応策を検討してみましょう。

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 時間をあけて、エージェントに再度登録する

転職サイトは自ら求人を探し、自ら応募する仕組みのため、誰でも利用することができます。

エージェントを経由した時よりも、内定を獲得するためのハードルが上がりますが、挑戦してみる価値はあります。

公的な就職支援サービスであるハローワークを利用することも一つの手です。

また、時間をあけて、再度エージェントに登録する方法もあります。

この場合には、以前よりもプロフィール欄を充実できるように工夫をしていきましょう。

工夫として考えられることは、「スキルや資格を身につける」「自己分析をしっかりとする」です。

自己分析の方法は『【向いてる仕事が分からない】適職を見つける方法とメリットを知ろう!』を参考にしてみてください。

フリーターから正社員となりやすい職種は?

フリーターから正社員になりやすい職種を見ていきましょう!

正社員となりやすい職種の特徴としては、以下の3つのポイントが挙げられます。

  • 人手が不足している
  • 高度なスキルが必要ない
  • 仕事を通じて学びやすい

具体的な職種としては「営業職」「サービス業」「IT職」となります。

仕事を通じて学ぶことができる、または、研修体制が整えられているため、どんな方でも仕事をとおして、仕事を覚えていくことができます。

業界でみてみると、「宿泊業・飲食サービス業」「生活関連サービス業・娯楽業」「卸売業・小売業」が多くのフリーターを正社員として採用しています。(出典:厚生労働省)

フリーター転職で良くある疑問点

フリーター転職で良くある疑問点をまとめました。

学歴や職歴に自信がなくてもエージェントは利用できますか?

フリーターに特化したエージェントであれば、問題なく利用できます。

職務経歴書は必要ですか?

職務経歴書は用意しておいたほうが良いです。エージェントの方に相談し、職務経歴書のフォーマットや書き方を教えてもらいましょう。

ブラック企業を押し付けられませんか?

就職後の定着率が悪い会社は紹介しない、内部事情を掴みブラック企業は紹介しないなど、きちんとした会社を紹介するための工夫がされているため、安心です。

心配な方は、「転職会議」「オープンワーク」などの口コミサイトでも情報を確認してみましょう。

フリーターをしていた理由をどのように面接で伝えるべきですか?

エージェントの方に相談しながら、面接対策をし、どのような理由を伝えるべきかを決めていきましょう。

何よりも、働きたいという想いを伝えることが1番大切です。

エージェントは本当に無料で利用できますか?

本記事で紹介した4つの転職エージェントは完全に無料で利用できます。カウンセリング〜内定獲得までの全てのサポートを無料で受けることができます。

フリーターにおすすめの転職エージェントまとめ

フリーター転職におすすめの転職エージェントを4つ紹介しました。

フリーター転職はハードルが高いのは事実ですが、フリーター特化のエージェントを活用することでそのハードルを下げることができます。

  • 複数のエージェントに登録し、リスクを下げる&チャンスを広げる
  • フリーター転職はたくさんの求人を紹介してもらうことがポイント
  • エージェントは完全に無料で利用できる
  • エージェントは好きなときに登録解除ができる

以上のことから、本気でフリーター転職を目指している方は、今回紹介したうち3つのエージェントに登録することをおすすめします。

1社だけでは自分に合うエージェントかどうかを判断することは難しいものです。

フリーターからの転職はかなり重要で、転職したものの、すぐにフリーターに戻ることは絶対に避けたいところ。

人生の大きなターニングポイントとなる場面ですので、最低でも2個以上のエージェントを活用し、慎重に時間をかけ、自分に合う職場を探してみてください!

<本記事で紹介した転職エージェント上位3つ>

ランキング転職エージェント特徴
1位ハタラクティブ・求人のほとんどが未経験で正社員OK
・内定率は80%以上
2位ウズキャリ・内定獲得まで徹底サポート
・ブラック企業を排除し、定着率は95%以上
3位DYM就職・書類選考なしで面接
・正社員求人100%

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.