Carrer up(転職)

仕事ができる人が怖い!恐れずに接する方法5選と駄目な接し方4選!

  • 仕事できる人と接するのが怖い。
  • 仕事ができる人が怖いと感じる理由を知りたい。
  • 怖いと感じる人と恐れずに接するにはどうしたらよい?

今回は、このような悩みや疑問をお持ちの方に向けた記事となります。

仕事ができる人を怖いと感じてしまう方は多いのではないでしょうか?

仕事ができる人はストイックや冷酷なイメージの方が多く、どうしても距離を感じてしまいますよね。

一緒に仕事をしないのであれば良いですが、問題は一緒に仕事をする時に必要以上に緊張や警戒をしてしまうこと。

今回は、「仕事ができる人が怖く感じる理由と恐れずに接する方法」についてです。

本記事を読めば、仕事が怖い人が考えていることが分かり、恐れずに接することができるようになります。

仕事ができる人で怖いと思われがちな人の性格とは?

はじめに「仕事ができる人で怖いと思われがちな人の性格」を見てみましょう!

代表的なものは以下のとおりです。

  • 努力家であり、諦めない
  • こだわりを持ち、妥協しない
  • 感情的ではなく、合理的に判断する
  • 頭の切り替えが早く、前向き

①努力家であり、諦めない

仕事ができる人で怖いと思われがちな人の性格の1つ目は「努力家であり、諦めない」となります。

仕事ができる人の多くは仕事に対して当たり前のように努力ができる人です。

困難があっても、諦めることなく取り組んでいけるという特徴があります。

②こだわりを持ち、妥協しない

仕事ができる人で怖いと思われがちな人の性格の2つ目は「こだわりを持ち、妥協しない」です。

仕事ができる人の中には、仕事に対して強烈なこだわりを持っている人も少なくありません。

そして、仕事に対して妥協をしないという点も特徴的です。

③感情的ではなく、合理的に判断する

仕事ができる人で怖いと思われがちな人の性格の3つ目は「感情的ではなく、合理的に判断する」となります。

感情論は一切無視をし、仕事を進めることができる人も多いです。

仕事ができる人は合理的な判断をし続けることができるという特徴を持っています。

④感情的ではなく、合理的に判断

仕事ができる人で怖いと思われがちな人の性格の4つ目は「頭の切り替えが早く、前向き」となります。

仕事ができる人は頭の切り替えがとても早いです。

意外かもしれませんが、前向きであるという点も特徴となります。

仕事ができる人が怖いと感じてしまう理由

仕事ができる人が怖いと感じてしまう理由を見ていきましょう!

主な理由は以下の5個となります。

  1. 求められるレベルが高い
  2. 仕事ができないことがばれる
  3. 物の言い方がストレート
  4. 決断が冷酷に感じる
  5. 時間を奪われることを嫌う

仕事ができる人が怖いと感じてしまう理由①:求められるレベルが高い

1つ目の理由は「求められるレベルが高い」です。

ついていけないかもと不安になる方は多いのではないでしょうか?

  • スピード感が違う
  • 妥協してくれない
  • 細かいところまで厳しくチェック

求められるレベルが高いため、「一緒に仕事をすることが怖い」と感じてしまいがちとなります。

仕事ができる人が怖いと感じてしまう理由②:仕事ができないことがばれる

2つ目の理由は「仕事ができないことがばれる」です。

仕事ができないことがばれてしまう点も、仕事ができる人を怖いと感じる理由の一つとなります。

  • 分かっていないことがばれるため質問しにくい
  • 頭が良すぎてついていけない
  • 努力していないことを後ろめたく感じる

仕事に対する考え方は人それぞれですが、誰もが仕事ができないと思われたくないもの。

仕事ができる人と仕事をすると、仕事ができないことがバレてしまう可能性が高まります。

仕事ができる人が怖いと感じてしまう理由③:物の言い方がストレート

3つ目の理由は「物の言い方がストレート」です。

表現がストレートこ仕事ができる人が怖いと感じる理由の一つとなります。

  • 無駄な前置きをしない
  • 「かも」「ありえる」などを使わず、断定してくる
  • オブラートな表現はしない

仕事ができるできる人はストレートな表現が多いため、怖いと感じてしまいます。

普通の人は、『 最近調子はどう?忙しい?この前のレポートの件、かなり良くできていたんだけど、もしかしたら、XXという言い方が伝わりにくいかもしれないので、申し訳ないけど、〇〇に変更してもらえるかな 』

仕事ができる人は「この前のレポートの件、XXでは伝わらないので〇〇に変更して下さい」のようなストレートな表現をすることがありますね。

仕事ができる人が怖いと感じてしまう理由④:決断が冷酷に感じる

4つ目の理由は「決断が冷酷に感じる」となります。

仕事ができる人は、冷酷だなと思われるような決断をするものです。

  • 感情論は抜き
  • 合理的に判断するのみ
  • クライアントファースト

「これだけ頑張ったんだから」などの、感情的な話は意味無し。

成果にこだわり、論理的思考で考えた決断をするため怖いと感じてしまうのです。

仕事ができる人が怖いと感じてしまう理由⑤:時間を奪われることを嫌う

5つ目の理由は「時間を奪われることを嫌う」となります。

仕事ができる人は時間を奪われることを嫌うため、怖いという印象を与えがちです。

  • 常に忙しいそうにしている
  • 談笑している姿をほとんど見ない
  • 話しかけにくい

仕事できる人は、多くの仕事を効率的に回しています。

限られた時間の中で成果をだすために、1秒も無駄にできないという感じで仕事をしている方がたくさんいるのです。

仕事ができて怖いと感じる人と恐れずに接する方法5選

仕事ができて怖いと感じる人と恐れずに接する方法を見ていきましょう!

ポイントは以下の5つとなります。

  1. 必要以上に恐れない
  2. ストレートな表現をマイナス表現と捉えない
  3. 早めの対応を心がける
  4. 相手の頭の中に?を浮かばせないようする
  5. 成長できる機会だと思うようにする

①必要以上に恐れない

仕事ができて怖いと感じる人と恐れずに接するポイントの1つ目は「必要以上に恐れない」です。

仕事ができる人に対して「怖い」「きつい」というイメージを持ってしまいがちですが、必要以上に恐れてしまうことは駄目。

コミュニケーションが取れなくなり、仕事が上手くいかない原因となります。

恐れることなく、他の人と同じような気持ちで接することが大切ですよ。

②ストレートな表現をマイナス表現と捉えない

仕事ができて怖いと感じる人と恐れずに接するポイントの2つ目は「ストレートな表現をマイナス表現と捉えない」です。

仕事ができる人がストレートな表現を使うのは、あなたを怖がらせたいからではありません。

曖昧な表現を使うと、誤解を招く可能性があり、ミスやトラブルの原因となるため、ストレートな表現を使っているのです。

ストレートな表現はマイナスな表現ではなく、仕事を円滑に進めるための表現と考えるようにしましょう。

③早めの対応を心がける

ポイントの3つ目は「早めの対応を心がける」です。

仕事ができる人は仕事が早く、計画的に物事を進めていきます。

また、複数の案件を抱えながら、仕事を回していることがほとんどです。

このような状況において、「対応が遅くなることは致命的」。

すぐに対応が可能なことは早めに対応することが大事です。

④早めの対応を心がける

ポイントの4つ目は「相手の頭の中に?を浮かばせないようする」となります。

仕事ができる人はとにかく忙しい方が多いです。

一見、黙っているだけに見えても、残りの仕事のことなど複数のことを頭の中で考えています。

上手く仕事をするためには、「相手の頭の中に?を浮かばせないようする」ことが大事。

?が浮かんだ瞬間に、相手の集中力は途切れ、仕事を止めてしまうこととなります。

「結論を先に言う」「余計なことは言わない」「わかりやすく質問をする」など、?を浮かばせないように心がけましょう。

⑤成長できる機会だと思うようにする

ポイントの5つ目は「成長できる機会だと思うようにする」となります。

「嫌だな」「怖いな」「きついな」と考えるのではなく、成長できる機会だと前向きに捉えるようにしましょう。

後ろ向きで仕事をしていると、そのような気持ちがどんどん高まってしまうもの。

実際に学ぶこともたくさんあるはずですので、前向きに成長できる機会だと思うことがポイントですよ。

仕事ができて怖いと感じる人にやってはいけない接し方4選

仕事ができて怖いと感じる人にやってはいけない接し方も押さえておきましょう!

やってはいけない接し方は、以下の4つとなります。

  • 口だけのアピール
  • 報告を遅らす
  • 相手の時間を意識しない
  • 自分スタイルを貫く

①口だけのアピール

仕事ができて怖いと感じる人にやってはいけない接し方の1つ目は「口だけのアピール」となります。

仕事ができる人は有言不実行が大嫌い。

口ではアピールをしたにもかかわらず実際に行動をしないなら、何もアピールしないほうがマシですよ。

②報告を遅らす

仕事ができて怖いと感じる人にやってはいけない接し方の2つ目は「報告を遅らす」です。

仕事ができる人は常に最善の手を尽くそうとしています。

ただし、社内の人からタイムリーに情報が共有されない場合には、最善の手を尽くせません。

「どう伝えたら良いか悩んでしまう」などの理由により、先延ばしにしがちですが、すぐに報告したほうが良いですよ。

③相手の時間を意識しない

やってはいけない接し方の3つ目は「相手の時間を意識しない」です。

仕事ができる人は常に時間と戦っています。

「自分が楽だから」など、自分本位な仕事の進め方ではなく、相手の時間を奪わない仕事の仕方を考えましょう。

④自分のスタイルを貫く

やってはいけない接し方の4つ目は「自分のスタイルを貫く」です。

仕事ができる人はその人なりの仕事の進め方、スケジュールの組み方を持っています。

最初はそれに合わせることが大事ですよ。

自分のスタイルを貫きたい気持ちも分かりますが、まずは仕事ができる人に合わせるようにしましょう。

仕事ができて怖いと思われている人も悩んでいる

仕事ができる人もすべてが順風満帆なわけではありません。

何の悩みもなく、強そうに見えるかもしれませんが、悩みを持っているのです。

  • 周りから警戒されている
  • 勝手なイメージを作られる
  • 常に仕事で結果を残さなくてはいけない

怖そうに見える人もこのような悩みを抱えているのです。

仕事ができて怖そうだからといって、あまり恐れすぎる必要はありません。

普通に接することが1番です。

仕事ができる人と上手くやっていこう!

今回は、「仕事ができる人が怖く感じる理由と恐れずに接する方法」を紹介しました。

ポイントを押さえておけば、仕事ができて怖そうな人であっても恐れずに接することができるようになります。

必要以上に恐れたり、警戒する必要はなし。

注意点としては、今回の対処法は「一時的に仕事をする場合」「常識の範囲内で仕事ができる人」を想定しているということ。

「常に仕事をしなければいけない」「常識の範囲を越えて仕事にストイックな人」は想定外。

「常に怖くて緊張する」「プレッシャーがきつすぎる」と感じる場合には、慢性的なストレスで身体を壊すのを避けるために、転職という選択肢も視野に入れるべき。

状況に応じて、対応策を変える事が大事です、

「楽しくゆるく働ける職場」「のんびりした上司がいる職場」など、世の中にはいろいろな会社がありますので、視野を広げて、対応策を考えていきましょう!

あわせて読みたい
気球
【20代に強い】20代におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

続きを見る

あわせて読みたい
上昇するバルーン
【30代に強い】30代におすすめの転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

続きを見る

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.