Carrer up(転職)

【転職】転職で成功したいなら新社会人から意識すべき【将来】

新入社員です。今の職場が自分に合わないと感じています。転職を少し考えていますが、とりあえず3年間働いてから転職活動を始める方が良いという話も聞きます。本当に3年間働いてから転職活動を始めたほうが良いのでしょうか?

今回は、このような質問に対して記載いたします。

結論から言うと、転職で成功したいなら新社会人から意識すべきです。

【転職】転職で成功したいなら新社会人から意識すべき【将来】

勤務期間が1年間も満たない新社会人の方であっても、すでに今の職場が合わないと感じる方は意外と多いと思います。

「1年も働いていない=仕事のことが何も分かっていない」という状況で転職を考えるなんてありえないという意見を持つ人の多くいるでしょう。

しかし、今の職場が合わないと感じている方は可能な限り早い段階から転職ということを意識しておいたほうが良いです。

人生をイージー(豊か)に歩むためにはより良い環境で仕事をする必要があります。

間違っても、今いる会社以外の選択肢はないなんて思わないでくださいね。

しっかりと情報収集すれば新社会人であってもいくらでも選択肢はあります。

新社会人から転職活動を意識すべき理由

まずは最初の会社で3年は我慢すべきという話を耳にしたことはあると思います。

3年間は嫌なことがあっても、思い通りにいかなくても我慢すべきということです。

この是非は置いておき、3年間我慢するしないにかかわらず、転職を意識しているのであればすぐに転職活動をはじめることをオススメします。

新社会人から転職活動をしたほうが良い主な理由は以下のとおりです。

  1. 情報収集に時間がかかる
  2. 転職はタイミングなので、始めていないと多くのチャンスを逃す
  3. 転職に必要なスキルなどを早めに知ることが出来る
  4. 終身雇用の崩壊

少し深掘りしています。

情報収集に時間がかかる

新社会人から転職を意識すべき理由は「転職活動を成功させるためには様々な情報を収集する必要がある」ためです。

転職活動を行う上で必要となる情報を集めるためには実は非常に多くの時間を費やします。

転職活動をしている多くの方が言う言葉がもっと情報を集める時間があれば良かったという言葉です。

ネット上や本での情報集以外にも、興味がある会社にいる知り合いに話を聞きたい場合、転職エージェントと面談する場合、実際に面接をする場合など、多くの時間を確保して情報を集めることが必要であり重要となります。

転職はタイミングなので、始めていないと多くのチャンスを逃す

新社会人から転職を意識すべき理由はとして、転職はタイミングなので、転職活動を始めていないと、それだけで多くのチャンスを逃すかもしれないということが上げられます。

転職はタイミングが重要です。

私の知り合いで、役職が一つ違いの2人が転職活動をほぼ同時期に始め、役職が下の人が管理職採用、役職が一つ上の人が管理職手前で採用されたということがありました。

2人が転職活動をはじめた時期はほぼ同じでしたが、タイミングの問題で以下の結果となりました。

  • 役職が下の方 →「積極的に転職活動をし、たまたまタイミングよく空いてい管理職への転職が決定」

  • 役職が上の方 →「上記決定後に面接などをはじめ、その時に空いていた管理職手前の役職での転職が決定」

このような結果になったのはタイミング要素が非常に大きいです。

やはり、転職活動はタイミングが重要となります。

転職に必要なスキルなどを早めに知ることが出来る

新社会人から転職を意識すべき理由の一つが転職に必要なスキルなどを早めに知ることが出来るということです。

転職市場でのあなた自身の価値と会社におけるあなた自身の価値は全く別物となります。

転職したい企業や業界が求めているスキルあなたの経験を把握し、それらを意識し生活することが大事です。

転職に必要なスキルを意識しながら生活する人と、何も意識していない人では、1〜2後には圧倒的な差がついていることでしょう。

例えば、転職市場で価値が出やすいものとして英語があります。

英語が転職に必要なスキルであることを意識し、2年間英語を勉強をした人と、何もしていない人では2年後に圧倒的な差がついていることは明白です。


早い段階で転職に必要なスキルを把握することが大切となります。

終身雇用の崩壊

終身雇用の崩壊も新社会人から転職を意識すべき理由の一つです。

昔のように、新卒で入社した会社に60歳まで勤め上げるなんてことは有り得ない時代になっていくでしょう。

言い換えると、どこかのタイミングで必ず転職をする必要があるということです。

このような場合には新社会人から転職を意識すべき

では、具体的に新社会人から転職を意識すべき場合とはどのような場合でしょう。

以下のような状況であるならば早めに転職を意識すべきかなと思います。

  1. 入社前に聞いていた話と違うと感じる
  2. 望んでいた部署でない部署に配属される
  3. 上司と全く馬が合わなそう
  4. お給料が思っていたより低い

基本的には聞いていた話と実際に悪いギャップがある場合ですね。

入社前に聞いていた話と違うと感じる

入社前に聞いていた話と違うと感じることは、大小はあれど多くの新社会人の方が感じることです。

新社会人の方は分からないと思いますが、企業はあの手この手を使い、優秀な人材を確保しようと必死になっています。

そして、企業が使っているあの手この手の中の一つの手法として、就活生が入りたくなくなるような情報は教えないということがあります。

ですので、皆さんが聞いていた話と実際にギャップが生じることとなります。

就活段階では会社側は悪い情報は言わないようにしているので当然といえば当然です。

これが、小さいギャップであれば許容範囲かもしれませんが、ギャップが大きいと感じている方は転職を早く検討したほうが良いでしょう。

あまりにもギャップが大きいと、企業から詐欺をされた感じになります。

このギャップは皆さんに責任は無いと思いますので、開き直り、早めに転職を検討してみましょう。

望んでいた部署でない部署に配属される

これも日系企業のあるあるですが、入社を決める時点では部署も決めることが出来ないなんてことが当たり前にあります。

冷静に考えれば考えるほどこの制度はおかしい制度です。

新社会人の方は分からないかもしれませんが、部署が違えばやることも大きく変わり、積める経験も大きく変わります。

また働き方もかなり変わることもあるのです。

自分の望んでいる部署に行けたか、行かなかったで大きく今後が左右されますよね。

望んでいない部署に配属された場合には転職を意識し始めましょう。

上司と全く馬が合わなそう

直属の上司が違えば、会社も違うと思えるくらい、働き方、成長度合い、ストレスなど全ての面で異なってきます。

さすがに入社決定前に上司まで決定させるのは現実的に不可能だと思いますが、それをして欲しいくらい上司の影響力は大きいです。

上司によって、新社会人の方の社会人人生が大きく変わってきます。

馬が合わない上司、無能な上司などが直属の上司にいる場合にはもう運がなかったと割り切って、その上司がいなくなるまでの年数、または、自分が他の部署や支店に移動できるまでの年数を確認してみましょう。

そこで絶望しか感じない場合には、諦めて、すぐに転職活動を始めましょう。

意味不明な上司のために、あなたの貴重な時間を無駄にしていてはもったいないです。

お給料が思っていたより低い

お給料に関して、以下のような状況の場合には転職を意識し始めましょう。

  • 「事前に聞いていたお給料の伸び率」と「実際のお給料の伸び率」が違う
  • 残業をしているにもかかわらず、サービス残業となってしまう
  • 残業代を少しは稼ぎたいのに、全く残業をさせてもらえない

このように、お給料に関して自分が思っていたものと違うと感じることは多いようです。

お給料はとても大事なことですので、このように感じている場合には転職の検討スタートでしましょう。

冷静に考えて、今いる会社が違うと感じたら、すぐに行動を

新社会人から転職を意識すべきという話をしてみました。

転職活動が成功している方の特徴としては、早い段階から情報収集し、いざという時にすぐに動くことが出来るようにしているということです。

簡単にできそうなことですが、多くの方がなかなか出来ません。そして、あまり差がつかなそうに見えて、実は物凄く差がつくことですのでとても大事です!

今回紹介した事例の新社会人から転職を意識すべきに当てはまる方は冷静になり、自分自身の状況を分析しすぐに行動しましょう

関連記事
【超大事】転職で失敗・後悔しないためにやっておくべき事前準備5個

続きを見る

第二新卒に強い転職エージェント

新社会人の方は大手の転職エージェントだけではなく、第二新卒に強いエージェントにも登録しておきましょう!

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2020 All Rights Reserved.