Carrer up(転職)

転職で成功する人と失敗する人の違いとは【転職への意識が大事】

転職で成功する人と成功しない人はどんな違いがあるのだろう?と疑問に思ったことはありませんか?

僕のまわりだけでも、基本的な経験・能力は同じくらいであるにもかかわらず、転職で成功する人と失敗する人をたくさん見てきました。

ここ最近、昔からの知人に会うことが多く、転職で成功する人と失敗する人の違いについて話す機会がたくさんありました。

「転職で成功するためにはどのようなイメージで転職活動をを進めていけば良いのか」という話をすると、多くの方が同じような意見を持っていました。

今回の記事では、これから転職を考えている方のために、「どのようなイメージで転職活動を進めていけば良いのか」について、お伝えします。

転職で成功する人と失敗する人の違いとは

転職で成功する人と失敗する人の違いは何か?

転職する人の能力・経験よりも、転職に対する考え方が転職で成功するかどうかに大きく影響を与えています。

「転職で成功している方達が共通して持っている代表的な考え方」は以下のとおりです。

  • 後ろ向きな転職ではなく前向きな転職
  • 突然の転職ではなく計画的な転職
  • 一時的な感情ではなく冷静な転職
  • 適当ではなく妥協しない転職
  • ステップアップを目指す転職

当たり前といえば当たり前なのですが、このような意識を持ちながら転職活動をしている方が転職で成功しているのです。

上記を一言で表すと「転職と真剣に向き合う」となりますね。

上記の5つの考え方を参考にしながら、転職と真剣に向き合う具体的な方法を見ていきましょう。

転職と真剣に向き合う方法

意識はとても大事です。

痩せたいなと意識している人と何も考えていない人では、どんなご飯を食べるのか、どんな飲み物を飲むのか、どのように移動するのかなど、多くのことに対する意思決定が変わってきます。

たった1日では何も変わりませんが、1ヶ月、3ヶ月、半年と積み重ねていけば、その差は歴然です。

転職についても同じです。転職に対する意識を変えるだけで、転職に失敗する人から成功する人へ変わることができるのです。

まずは転職と真剣に向き合う具体的な方法をみていき、その後、具体的な行動を見ていきましょう!

① 後ろ向きな転職ではなく前向きな転職

転職と真剣に向き合うためには、後ろ向きな転職ではなく前向きな転職を意識しましょう。

ほとんどの場合、転職をしたいと思うきっかけは後ろ向きな理由となりますね。

その後ろ向きな理由を前向きな理由に変えていきながら、転職と真剣に向きあうことが大切ですよ。

  • 仕事がつまらない →とにかく辞めたい
  • 人間関係が上手く行かない →とにかく逃げたい

このような後ろ向きの理由のまま転職活動をしてしまう方が意外に多いのです。

この意識を少しだけ変え、前向きな理由にして、その実現のためにどのような転職をしたら良いかを考えて行動できるようになると、転職で成功する人に近づけます。

  • 仕事がつまらない →楽しく仕事をしたい
  • 人間関係が上手く行かない →価値観・考え方が合う職場で働きたい

転職は習い事のように一度辞めたら、逃げたら終わりというものではありません。

転職した会社でも同じようなことが起きる可能性があるのです。

ただ辞める、逃げるではなく、「次こそはこうしたい」という前向きな理由を持ち、転職活動をしてみましょう!

② 突然の転職ではなく計画的な転職

転職と真剣に向き合うためには、突然の転職ではなく計画的な転職を意識しましょう。

無計画に行動して上手くいくほど、転職は単純なものではないということですね。

初めての1日デートがある場合、何も計画しないで上手くいくイメージは沸かないですよね?

事前に確認しておきたいポイントがいくつもあるはずです。

  • 相手の好きな食べ物
  • 相手が行きたい所
  • ディナーをするレストラン
  • デートプランなど

転職活動もデートと同じ。成功するためには計画的に行う必要があるのです。

③ 一時的な感情ではなく冷静な転職

転職と真剣に向き合うためには、一時的な感情ではなく冷静な転職を意識しましょう。

失敗する人は一時的な感情で転職を行う傾向がありますね。

冷静な転職をするには、印象だけで転職を決めないことが大切なこととなります。

印象だけで決めないようにするには、今の会社に残るメリット・デメリットを真剣に考える必要があるのです。

メリット・デメリットを出してみると、感情的になっていた時に気づかない今の会社の良い点に気づきますよ。

新しい転職先を探す時に「今の会社の良い点」も意識しながら、転職活動をすることにより、成功する転職に近づくのです。

例えば、「社内のルールが厳しくて縛られているのが嫌なため、自由な会社に転職してみたものの、成果主義の傾向が強く、かつ、教えるという文化がないこともあり人間関係が希薄すぎて嫌になる」という感じです。

「社内のルールが厳しい」というデメリットだけに目を向けていては、「管理される良さ・人間関係のあったかさ」など、実は心地良いと感じていた点に気づかないままとなりますね。

④ 適当ではなく妥協しない転職

転職と真剣に向き合うためには、適当ではなく妥協しない転職を意識しましょう。

転職活動は面倒くさいもの。多くの方が適当になりがちですよね。

転職で成功している方は妥協せずに転職活動をやりきった方が多くいるのです。

妥協せずに行う転職活動とは何を意味するのか?

これは転職活動の期間を長くするとか、多くの会社の面接を受けるとかではありません。

妥協せずに行う転職活動の第一歩は、転職に関する情報をしっかりと入手しておくです。

転職で成功している方たちは以下のことを理解し、行動していますよ。

  • 転職はタイミングが大事
  • 転職はスピードが大事

転職活動は椅子取りゲームに似ています。

あなたの能力がどんなに高くても、椅子が空いていなければ企業は中途採用をしてくれません。

そして、椅子が空いている場合には、いつ椅子取りゲームの音楽が止まるのかは誰にも分かりません。

あなたのほうが転職者としてふさわしい能力を持っていたとしても、あなたを待たずして音楽が止まってしまう可能性があるのです。

椅子取りゲームに勝つためには、妥協せずに情報を入手しておきましょう。

情報には各転職エージェント会社が持っている非公開求人も当然に含まれます。

「一つだけの転職エージェントに任せるのではなく、複数の転職エージェントから情報をもらう」

転職で成功している人は平均で約4社の転職エージェントを利用しているとも言われています。

⑤ ステップアップを目指す転職

転職と真剣に向き合うためには、ステップアップを目指す転職を意識しましょう。

ステップアップを目指す転職を意識すると、「どうすればステップアップすることができるのか」について真剣に考えるようになりますよね。

現在の自分と数年後の自分を比較し、ステップアップに必要なことを整理し、行動していくイメージです。

ステップアップを目指す転職を意識する →実際にステップアップに必要な経験・スキルを身につけることができる →転職の幅が大きく広がる

当たり前のような話ですが、転職に成功している多くの方がこのような意識で転職を成功させているのです。

何事も成功するには逆算力が必要ですが、転職における一つの逆算力が「ステップアップを目指す転職」ということですね。

逆算力を上手く活用していきましょう。

では、どんなスキルを身に着けておけば良いのか?

ステップアップのために必要な経験・スキルは目指す場所により異なりますが、多くの方が挙げていたいスキルは以下の2つです。

  • 英語力
  • ビジネスパーソンとしての総合力
上記2つは、どの分野でも活用できるため汎用性が高いため、ステップアップを目指すには身につけておきたいスキルとなりますね。

①英語

英語の勉強をし、ステップアップの転職を目指したという方が非常に多いですよね。

外資系企業の年収は日系企業の年収よりも高いことが一般的。

日本の人口減少などを考えると、この傾向はさらに加速することが予想できますね。

このような状況から、年収を上げたい方の多くは外資系企業への転職を目標とすることが多い傾向ですね。

外資系企業への転職するには英語がペラペラな必要があるというイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、そんなことはありません。

地道にコツコツと英語の勉強を積み重ねれば、外資系企業への転職も十分に可能なのです。

②ビジネスパーソンとしての総合力

意外にも多くの方が上げていてスキルがビジネスパーソンとしての総合力です。

ビジネスパーソンとしての総合力とは、以下のようなどこにいても必要となる力となります。

  • 論理的に考える力
  • 問題を解決する力
  • 数字を集め、分析する力
  • 上手くプレゼンテーションする力
  • 円滑にコミュニケーションする力

このような力は何も考えずに過ごしていてはなかなか身につくものではありませんが、身につけようと思えば、大きな負担はなく身につけることができますよ。

転職活動をすること、そして、転職後の職場で働くことは、学校の試験のように何かを丸暗記すれば上手くいくようなものではありません。

ビジネスパーソンとしての総合力を身につけることにより、「自分で考え・解決し・分析し、伝え、コミュニケーション」をとることができ、丸暗記ではない世界で上手くやっていけるのです。

ビジネスパーソンとしての総合力を身に着けている方はとても少ないため、意外にも差別化につながることがありますよ。

ビジネスパーソンの総合力と聞くと、ものすごい能力と思ってしまうかもしれませんが、自己投資し、勉強すれば、比較的かんたんにビジネスパーソンの総合力の土台は身につくものなのです。

具体的な行動をしよう

転職に真剣に向き合うためには、転職に対する意識が大事だということを見ていきました。

転職で成功する人に近づくためには、紹介した転職に対する意識のうち、上手くできていないものを少しずつ変えていけば良いですね。

意識を変えていくためには、意識だけではなく、具体的な行動とセットで意識を変えていくことが効果的な方法となりますよ。

転職に真剣に向き合うために必要となる転職に対する意識をもう一度、見ておきましょう。

  • 後ろ向きな転職ではなく前向きな転職
  • 突然の転職ではなく計画的な転職
  • 一時的な感情ではなく冷静な転職
  • 適当ではなく妥協しない転職
  • ステップアップを目指す転職
具体的な行動を見ていきましょう!

①後ろ向きな転職ではなく前向きな転職

後ろ向き転職となる方は「今の会社の嫌な部分」のみに注目してしまっています。

「次の会社ではどのような仕事をしたいのか・どのような環境がよいのか・どんな価値観で働きたいのか」などの自分の理想に注目してみましょう。

自分の理想に注目するためには「どんな仕事をしたいのか・どんな仕事にむいているのか・どんな職場環境に向いているのか」などを知る必要がありますよね。

でも、頭で漠然と考えていても、なかなか具体的な案はでてこないはずです。

人間は自分自身を客観的に見ることが苦手な生き物。

自分自身が自分を1番分かっているようで、分かっていないものなのです。

客観的に見るということがポイントでして、そのためには「無料適職診断ツール」を利用することがおすすめですよ。

簡単な質問に直感的に答えていくだけで、「あなたが本当に求めている仕事・向いている仕事・適している職場環境」など、多くのことを知ることができちゃいます。

この結果を参考にしながら、前向きな転職へと意識を変えていくという方法ですね。

たくさんの無料適職診断を受けてきた中でおすすめの2つの無料適職診断を紹介します。

無料でゲーム感覚で簡単に受けることができ、詳細な結果を受けることできるため、試してみる価値ありですよ!

②突然の転職ではなく計画的な転職

計画的な転職をするには、解決策はただ一つ。早めに転職活動の準備をスタートすることです。

今回紹介している他の4つの具体的な行動の気になるものから、始めてみましょう!

③一時的な感情ではなく冷静な転職

一時的な感情で物事を判断してしまうことは良い結果を生まないことが多いですね。

特に転職では冷静な判断を心がけましょう。

  • 今の会社の「悪い点」と「良い点」を思いつく限り紙に書きだす
  • 書き出した「悪い点」と「良い点」を見比べながら、冷静に今の会社を判断する

書き出すことで冷静に判断できるようになります。

悪い点・良い点を見比べ、考えてみることにより、一時の感情的な投げやりの転職を防ぐことができるのです。

④適当ではなく妥協しない転職

転職で成功する人は適当な転職活動はせず、妥協しない転職活動をしています。

転職活動は面倒くさいものですので、ついつい適当になってしまうものですよね。

でも、転職で失敗したくないのでれば、妥協せずに情報収集をしていきましょう。

椅子取りゲームに負けないよう!

ポイント

転職で成功している人は平均で約4社の転職エージェントを利用していると言われていますよ。

そのような方たちに負けないようにするためにも、無理のない範囲内で複数の転職エージェントを活用しましょう。

最近話した転職に成功したと感じている多くの方が利用していた代表的な転職エージェントを参考までに紹介します。

とりあえず、この中から気になるものを複数押さえていけば情報戦で不利となることはなしですね。

情報を入手することに妥協せずにいきましょう!

⑤ステップアップを目指す転職

ステップアップを目指す転職を意識し、逆算力を活用しましょう。

ステップアップに役立つスキルとして先程2つのスキルを紹介しました。

  • 英語力
  • ビジネスパーソンとしての総合力

どの分野でも活用できるため汎用性が高く、ステップアップを目指す転職を意識している多くの方が勉強しているスキルですね。

必要性は先程紹介しましたので、ここではどのように勉強をしたら良いのかを見ていきましょう。

英語力

英語と一口にいっても、強化する部分はいろりろありますね。

あれやこれに手を出してもダメ。転職活動・転職活動後に効果的に活用できる部分をピンポイントで優先的に強化していきましょう。

1つ目は「TOEICの点数を上げる」勉強です。

転職活動において、TOEICの点数は重要な要素の一つとなります。

特に年収が高い外資系企業を目指す場合などには重要ですね。

転職活動のためにTOEICの点数を上げることを目的とした場合、「スタディサプリTOEIC」がおすすめです。

スキマ時間で勉強ができ、ゲーム感覚で継続でき、講義動画で英語の本質を理解しながら、TOEIC対策ができるため、転職活動と平行していても問題なく続けることができますよ。

TOEICの勉強方法は他にもたくさんありますが、転職活動と平行しながら勉強をしていくことを考えると、「スタディサプリTOEIC」が総合的に使いやすく、効果が出やすいですよ。

7日間の無料体験(無料体験期間中に解約した場合には一切料金はかかりません)で使いやすさ、効果を実感してみましょう!

>>英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!
関連記事
スタサプTOEICがおすすめな人?始め方は?知っておきたい全て

続きを見る

2つ目は英会話です。

英会話は一朝一夕で身につけられるものではありません。

たとえ、TOEICで900点を取れるようになったとしても、話すことができない方はたくさんいるのです。

ポイント

ですので、英会話はできるだけ早めに始めておくことが大切となります。

「まったくやっていない」と「少しずつコツコツやってきた」で大きな差がつくのが英会話。

ペラペラ話せるようになる必要はありませんが、簡単なコミュニケーションを取れるようにしておくと、転職活動・転職活動後において、とても役に立ちますよ。

英語初心者の方におすすめのオンライン英会話学校を以下の記事で紹介していますので、始めたい方は参考にしてみてくださいね。

勉強の目的・勉強スタイルに応じて、5つのオンライン英会話スクールを紹介しています。

全てに無料体験がついていますので、チェックし、トライしてみてくださいね!

【初心者必見】オンライン英会話で失敗しないための始め方

続きを見る

ビジネスパーソンとしての総合力

意外にも多くの方が口にしていたのが、ビジネスパーソンとしての総合力を磨いておくと強いということ。

価値を生むことができる考え方・解決力・分析力・伝える力・コミュニケーションする力はかなり重要ということですね。

  • 論理的に考える力
  • 問題を解決する力
  • 数字を集め、分析する力
  • 上手くプレゼンテーションする力
  • 円滑にコミュニケーションする力

TOEICの点数のように数値化されないため勉強する人は少ないのですが、勉強をすれば誰でも簡単にビジネスパーソンとしての総合力の土台を築くことができますよ。

「考え方・解決能力」などは学校のテストや資格試験と違い、一度身につけることができれば、ずっと使える、何にでも使えるスキルであるため、個人的にも超おすすめの自己投資ですね。

今まで習ったことないことをどのように勉強すれば良いのか?

【グロービス学び放題】 であれば、効率よく、しっかりと低価格でビジネスパーソンの総合力を高めることができますよ。

僕自身もそうですし、僕の友人・知人もそうですが、グロービス学び放題をやらなければ良かったという声を聞いたことがありませんね。

超有益な自己投資と感じている方が多いですよ。

今なら10日間の無料体験(無料体験期間中に解約しても料金は一切かかりません)がありますので、試してみる価値大アリです!

関連記事
オンライン学習サイト グロービス学び放題
評判は本当?話題のグロービス学び放題を利用してみた感想

続きを見る

価値を生む考え方などを学べる超有益な自己投資であると実感すること間違いなしですよ

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2020 All Rights Reserved.