Carrer up(転職)

【仕事についていけなくて辛いから抜け出す】具体的な5つの改善方法

  • 仕事についていけない。辛い。
  • 仕事についていけない原因が分からない。
  • 仕事についていけない場合の対処法を知りたい。

今回は、このような悩みをお持ちの方に向けた記事となります。

仕事についていけないと感じている方は多いのではないでしょうか?

「理解できていないことが多い」「どう仕事を進めていけば良いか分からない」などの状態が続くと、仕事についていけないと感じるようになります。

仕事についていけないと感じてくると、自信が持てなくなり、仕事が辛く感じてくるもの。

この状態が長く続くと、ネガティブ思考になっていき、最悪の場合には精神的に追い込まれていきます。

仕事についていけないと悩んでいる方は、そうなる前に対処をすることが大事です。

今回は、「仕事についていけない原因と対処法」を紹介します。

本記事を読めば、仕事についていけない状態を解消するための具体的な方法、前向きに仕事に取り組むためのヒントを知ることができます。

仕事についていけないと感じる瞬間

仕事についていけないと感じる瞬間を見ていきましょう。

代表的な瞬間は、以下の7個です。

  1. ミスをしてしまう
  2. 想定以上の時間がかかる
  3. 周りが自分よりも優秀に感じる
  4. 話の内容がまったく分からない
  5. 仕事の進め方やゴールが見えない
  6. 仕事への想いが周りとは違う
  7. コミュニケーションが取れない

このような瞬間に仕事についていけないと感じる方は多いのではないでしょうか?

上手くいかなかったり、どうしたら良いか分からない時に「仕事についていけない」と感じることが多いですね。

このような仕事についていけないと思う瞬間は、実は誰にでもあるものです。

これが瞬間的なものであれば問題ないですが、継続的なものとなってしまうと問題になります。

対処せずにそのままにしておくと、本格的に仕事についていけない状態となってしまいますよ。

仕事についていけない原因

仕事についていけない原因を見ていきましょう。

主な原因は、以下のとおりです。

  • 疑問点や不明点が多すぎる
  • 完璧を目指しすぎている
  • スキルや経験が不足している
  • 仕事の優先順位をつけられない
  • 質問ができない
  • 教育制度やマニュアルなどが整っていない

①疑問点や不明点が多すぎる

仕事についていけない原因の1つ目は「疑問点や不明点が多すぎる」となります。

仕事についていけないと感じる最も根本的な原因が「疑問点や不明点がたくさんある」ことです。

  • 分からない単語がたくさんある
  • 前提条件となる基礎知識がない
  • 現状や背景を理解できてない

このような状態では、どんなに頭が良い人でもついていくのは不可能です。

いくら頭の良い女性であっても、野球を見たことがないのであれば、野球好きの中に入って話しをすることはできません。

仕事も同じで、疑問点や不明点がたくさんあると仕事についていけなくなりますよ。

②完璧を目指しすぎている

仕事についていけない原因の2つ目は「完璧を目指しすぎている」です。

完璧に仕事をしなければいけないと考えている方も多いのではないでしょうか?

  • 全部一人でやるべき
  • 完璧な状態までやるべき
  • 適当な状態で相談すべきでない

上記のような考えを持っている方も多いですが、すべての仕事を一人で完璧にこなしていくことは不可能。

仕事ができる人ほど、誰かに頼れる部分は誰かに頼っています。

仕事は組織で進めていくもの。

完璧を目指しすぎるのではなく、「分からない部分は誰かにサポートしてもらう」くらいの意識が大切ですよ。

③スキルや経験が不足している

仕事についていけない原因の3つ目は「スキルや経験が不足している」となります。

「スキルや経験が不足している仕事」を「普通の仕事」と同じように進めても上手くいきませんよ。

  • 初めての仕事
  • 苦手な仕事
  • レベルが高い仕事

上記はスキルや経験が不足している仕事です。

このような場合、ついていけないと感じることは仕方がないこと。

仕事の進め方を工夫して、「仕事についていけない」を解消することが大事です。

④仕事の優先順位をつけらない

原因の4つ目は「仕事の優先順位をつけられない」です。

仕事の優先順位をつけられないということは、何から手をつければ良いか分からないということ。

何から手をつければ良いのか分からない状態は、まさに仕事についていけない状態です。

仕事では複数のことを同時並行に進めていくことが求められるため、優先順位をつけることはとても重要となります。

⑤質問をしていない

原因の5つ目は「質問ができない」です。

質問をすることが苦手という方は多いのではないでしょうか?

  • 恥ずかしい
  • 分かってないと思われたくない
  • 緊張して質問できない

上記は一例ですが、いろいろな理由により、質問をせずに解決しようとする方はたくさんいます。

すべてを自分で解決しようとしても、解決できることは少ないため、「仕事についていけない」と感じるようになるのです。

⑥教育制度やマニュアルなどが整っていない

原因の6つ目は「教育制度やマニュアルなどが整っていない」となります。

これは会社側に問題があるパターンです。

  • 研修がない
  • 仕事の進め方のマニュアルがない
  • データの整理がされていない

上記のどれも整備されていない場合には、上手く仕事を進めていくことは困難。

このような会社側の問題で仕事についていけないと感じてしまう方も多いです。

仕事についていけないと感じた時の5つの対処法

仕事についていけないと感じた時の対処法を見ていきましょう!

対処法は以下のとおりです。

  • 疑問点はすぐに解消し、不明点は勉強する
  • 一人で悩まない
  • メモをたくさん取る、横とのつながりを意識する
  • 優先順位をつけて仕事をする
  • 質問しやすい環境を作る

①疑問点はすぐに解消し、不明点は勉強する

仕事についていけないと感じた時の対処法の1つ目は「疑問点はすぐに解消し、不明点は勉強する」です。

「仕事についていけない」とならないためには、疑問点や不明点を放置しないことが大切となります。

  • 疑問点はその場ですぐに質問する
  • 理解できていない点は後日勉強する

疑問点がある場合には、すぐに質問してその場で解決するように心がけましょう。

後で質問しようとすると、タイミングを逃してしまいますので、その場ですぐに質問することがポイントです。

理解できていないと感じた点は、放置するのではなく、後で勉強して理解することが大事。

ほとんどの方ができていませんが、これを積み重ねることにより、仕事の理解度を大きく高めることができますよ。

②一人で悩まない

仕事についていけないと感じた時の対処法の2つ目は「一人で悩まない」です。

「仕事についていけない」とならないためには、周りの方と協力しながら仕事を進めていくことが大切となります。

  • 方向性が間違っていないかを早めに確認する
  • 分からないことがあれば、適宜、相談する
  • 個人よりも、チームとして仕事を回す

何時間も費やしたのにもかかわらず、方向性が全く違うということは最悪です。

自信がない仕事は、方向性の確認は早めにするようにしましょう。

何時間も費やしたにもかかかわらず、分からないことを解決できず、中途半端な状態で期限を迎えることも最悪です。

少し調べても解決できない場合には、早めに相談しましょう。

また、個人ではなく、チームとして効率的に動くにはどうすべきかということを考えて、行動していくことも大切です。

③メモをたくさん取る、横とのつながりを意識する

仕事についていけないと感じた時の対処法の3つ目は「メモをたくさん取る、横とのつながりを意識する」です。

「仕事についていけない」とならないためには、スキル不足や経験不足を補うことが大切となります。

  • メモをたくさん取り、スキル不足や経験不足を補う
  • 横とのつながりを意識し、スキル不足や経験不足を補う

スキルや経験が不足していると感じている場合には、何か工夫をしないと埋め合わせることは難しいです。

工夫の一つが、メモをたくさん取り、多くのことを仕事から吸収するという方法となります。

ポイント

組織で仕事をしていると、個人としては仕事全体の30%くらい理解していれば問題ないことが多いです。

30%で満足するのではなく、残りの70%も理解していく意識で仕事を取り組むことにより、スキルや経験が不足を補うことができますよ。

普段なら聞き飛ばしている話もメモをとり、自分のものにしちゃいましょう。

もう一つの工夫が、「横のつながり大事にして、他の人の経験を共有してもらう」となります。

同期などと定期的に情報交換をすることは、お互いの経験不足を補う上でとても効果的ですよ。

④優先順位をつけて仕事をする

対処法の4つ目は「優先順位をつけて仕事をする」となります。

「仕事についていけない」とならないためには、仕事に追われないようにすることが大事です。

  • 仕事の優先順位をつける
  • スケジュール管理を徹底する
  • 業務量の調整をする

何から手を付ければ良いのかわからない状態では、仕事を上手く進めることは不可能。

自分で優先順位をつけられない場合には、誰かに相談にのってもらい優先順位をつけましょう。

スケジュール管理を徹底することも大事。

そこに間に合わせるためにはどうすれば良いのかを考えることで、仕事を上手く進めることができますよ。

余裕のない状態で仕事をしていては、仕事に追いかけられっぱなしですよ。

業務量が多い場合には、調整をお願いをすることも検討しましょう。

⑤質問しやすい環境を作る

対処法の5つ目は「質問しやすい環境を作る」となります。

「仕事についていけない」とならないためには、一人で頑張るだけではなく、周りの方に頼ることも大切です。

  • 普段から話しをするように心がける
  • たまにはお昼に一緒に行く
  • 機会があれば相手を褒めてみる
  • 質問し合える同期などを見つけておく
  • 誰かが困っているときには積極的に助ける

「いざという時に質問できない、頼むのことが苦手」という方は多いのではないでしょうか?

そのような方は普段から質問をしやすい環境を作っておくことが大切となります。

人付き合いが得意でない方にとっては、面倒くさいと感じると思いますが、質問できる環境はあったほうが絶対に良いです。

無理に人付き合いをする必要はないですが、質問できる環境を整えておくことはビジネスマンとして必要なスキルとなります。

仕事についていけないという状態はチャンスだ!

仕事についていけないということは、成長できる機会がたくさんあるということです。

仕事についていけないという悩みを抱えている方は、ある意味チャンスといえます。

仕事を辞めたくなる理由として、「毎日、同じ業務の繰り返しでつまらない」「これ以上働いてもスキルアップできない」という理由があります。

現時点で仕事についていけないと悩んでいる方は伸びしろだらけです。

落ち込むことなく、ポジティブな気持ちを持ちながら、一つ一つ対処していきましょう。

対処しても仕事についていけないと感じる場合には転職も検討しよう

今回は、仕事についていけないと悩んでいる方に向けて対処法を紹介しました。

原因を把握し、一つ一つ対処していけば、「仕事についていけない」という悩みは消えていくはずです。

注意しておきたい点としては、対処しても悩みが消えない場合もあるということ。

より根本的な問題があると、改善を試みても成果がでないことがあります。

より根本的な問題とは、以下の2つです。

  • 今の仕事に向いてない
  • 今の職場がブラック企業

改善してみても成果がでない場合には、今の仕事が向いてない可能性があります。

向いてない会社で悩み続けながら仕事をすることだけが選択肢ではないですよ。

会社はたくさんあるもの。

向いてない仕事を辞めて新しい仕事に就けば、「仕事についていけない」という悩みはすぐに消えるかも。新しい環境も積極的に検討していきましょう!

また、今の仕事がブラック企業の場合にも転職を検討すべきです。

「人が不足していて質問する相手がいない」「仕事環境が悪すぎてどうしようもない」など、ブラック企業の場合には、自分では改善できない点がたくさんあります。

残念ながら、このような状況の場合には、「仕事についていけない場合の対処法」を頑張ったとしても、効果は期待できずにその努力は無駄になるかもしれません。

転職して、職場を変えることが悩みを解決するための近道となりますよ。

あわせて読みたい
気球
【20代に強い】20代におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

続きを見る

関連記事:【転職で失敗しない】20代に強い転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

あわせて読みたい
上昇するバルーン
【30代に強い】30代におすすめの転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

続きを見る

関連記事:【転職で成功する】30代に強い転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.