Carrer up(転職)

【仕事が覚えられないのは病気?と悩む方へ】特徴と対処法まとめ!

  • 仕事が覚えられなくて辛い。
  • 仕事が覚えられないのは病気?
  • 覚えられない人の特徴や対処法を知りたい。

今回は、このような疑問や悩みをお持ちの方に向けた記事となります。

なかなか仕事が覚えられなくて悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

周りは仕事ができるようになっていくのに、自分は覚えられずにミスが多いと困っている方はたくさんいます。

大前提として、仕事がすぐには覚えられないことは当然ですが、明らかに仕事を覚えるのが遅い人がいるもの事実です。

今回は「仕事を覚えられない人の特徴・対処法」についてとなります。

本記事を読めば、仕事を覚えられない原因とそこから抜け出す方法が分かります。

目次

仕事を覚えられない人はたくさんいる

大前提として、すぐに仕事を覚えられないことは当然のことです。

やったこともない業務について、1回説明を聞いただけで覚えられる人はほとんどいません。

  • 入社して1週間経つのに仕事が覚えられない
  • 入社して2ヶ月経つのに毎日覚えることが多くてしんどい
  • 転職して1ヶ月経つのに分からないことが多い

これらは当たり前の状況です。

仕事は覚えることがたくさんあり、一通り経験するまではなかなか覚えられないもの。

ただし、「3ヶ月以上経っているのに覚えられない」「同期と比べて、明らかに仕事が覚えられていない」場合には要注意。

放っておくと、仕事ができない人のレッテルを貼られてしまうので、早めに原因を特定し、対策することが大事ですよ。

仕事を覚えられない人の7個の特徴

仕事を覚えられない人の特徴を見ていきましょう!

代表的な特徴は、以下の7個となります。

  1. 仕事の全体像が理解できていない
  2. 実は覚える気がない
  3. 記憶力を信じすぎている
  4. 業務内容に興味がない・向いてない
  5. 全て自分で覚えようとしている
  6. ポイントを理解することが苦手
  7. 分かったふりをする

①仕事の全体像が理解できていない

仕事を覚えられない人の特徴の1つ目は「仕事の全体像が理解できていない」です。

意味もわからないまま仕事をしていては、仕事を覚えることは難しくなります。

  • 業務全体の目的
  • 自分の業務の位置づけ
  • 関与する人達との関係性

上記は一例ですが、「何故、この業務が行われているのか」「関与する人達はどういう関係性なのか」などを把握しようとしないと、なかなか仕事は覚えられません。

②実は覚える気がない

仕事を覚えられない人の特徴の2つ目は「実は覚える気がない」です。

実はあまり覚える気がないという方もたくさんいます。

  • 甘えている
  • 焦りがない
  • 責任感がない

心のどこかで、自分は覚えていなくても大丈夫と思っていると、いつまでたっても仕事を覚えることができません。

③記憶力を信じすぎている

仕事を覚えられない人の特徴の3つ目は「記憶力を信じすぎている」です。

記憶を頼りにしすぎている人も仕事を覚えられない典型的な人となります。

仕事で覚えるべきことは山のようにあり、全てを記憶しておくことは不可能。

仕事を覚えられる人は忘れることを前提に対策しているのです。

記憶力を信じすぎていては、なかなか仕事を覚えられませんよ。

④業務内容に興味がない・向いてない

特徴の4つ目は「業務内容に興味がない・向いてない」です。

頑張って覚えようとしているのにもかかわらず、なかなか覚えられないという方は「業務内容に興味がない」のかもしれません。

興味があることと興味がないことを比較した場合に、どちらが覚えやすいかを考えれば、答えは一目瞭然です。

また、「業務内容が向いてない」場合にも、仕事を覚えられないという状況に陥りやすい傾向にあります。

⑤全て自分で覚えようとしている

特徴の5つ目は「全て自分で覚えようとしている」です。

全てのことを一人で覚えようとすることは無謀。

  • 人に頼る
  • 気軽に質問する
  • 情報共有する

上記は一例となりますが、「PC関係についてはAさんに頼ろう」「社内のルール関係はBさんに質問しよう」などです。

全てを一人で覚えようとしてもなかなか難しいですよ。

⑥ポイントを理解することが苦手

特徴の6つ目は「ポイントを理解することが苦手」です。

100話を聞いて、100覚えようとする方は、仕事を覚えることが苦手な人といえます。

  • 要点を理解し、そこを覚える
  • 覚えるべきことの優先順位をつける
  • 重要部分を線でつなげて覚える

100全部を覚えようとするのではなく、ポイントなる10個を覚えるイメージとなります。

100全部覚えるの不可能ですし、ポイントとなる10個も忘れてしまう可能性が高いですよ。

⑦分かったふりをする

特徴の7つ目は「分かったふりをする」です。

分かってないことを分かったふりをすると、分からないままとなってしまいます。

  • 一気に話された時にすべて分かったふりをする
  • 焦ってしまい、分かったふりをする
  • その場しのぎで分かったふりをする

分からないことに対して、その場で考えながら質問をすることにより、答えがわかるだけではなく、定着率も上がります。

分かったふりをしていては、仕事を覚えられませんよ。

仕事を覚えられる人の5個の特徴

仕事を覚えられる人の特徴を見ていきましょう!

代表的な特徴は、以下の5個となります。

  • 業務の意味を理解している
  • 覚えないといけないことを自覚している
  • 気軽に相談できる人がいる
  • 覚えることと業務フローをリンクさせる
  • 分からないままにしない

①業務の意味を理解している

仕事を覚えられる人の特徴の1つ目は「業務の意味を理解している」です。

仕事を覚えられる人は「仕事のゴールはどこなのか」「自分の業務の目的は何なのか」今回の業務に関係している人達の役割は何なのか」など、業務の意味を理解しています。

何のために行っているかを理解しないままでは、なかなか仕事を覚えられません。

「Aさんから依頼されたデータはAさんはXXのために使用し、その後、クライアンへ送られ、クライアントでは〇〇のために使用している」などを考えながら、仕事を覚えていきましょう。

②覚えないといけないことを自覚している

仕事を覚えられる人の特徴の2つ目は「覚えないといけないことを自覚している」です。

何事もそうですが、覚悟は大きな影響を与えます。

仕事を覚えられる人は、覚えなければいけないと自覚し、覚悟を持って覚えようとしています。

助けてくれる先輩がいなくなることを想像しながら、業務に取り組んでいきましょう。

③気軽に相談できる人がいる

仕事を覚えられる人の特徴の3つ目は「気軽に相談できる人がいる」となります。

仕事を覚えられる人はコア業務の重要な部分はしっかりと覚え、そうでない部分は誰かに頼るという方が多いです。

全て一人で覚えるのではなく、誰かに頼りながら補完していくイメージ。

気軽に相談できる人を戦略的に作っていき、一人で覚えるという負担を減らすようにしましょう。

④覚えることと業務フローをリンクさせる

仕事を覚えられる人の特徴の4つ目は「覚えることと業務フローをリンクさせる」となります。

仕事が覚えられる人は、仕事を覚える時に単発で覚えるのではなく、業務フローとリンクさせて覚えているのです。

または、覚えやすいように業務フローを変えていきます。

単発で覚えるのではなく、ストーリーとして覚えていくことにより、定着率が高まるのです。

⑤分からないままにしない

仕事を覚えられる人の特徴の5つ目は「分からないままにしない」です。

「分からないことはその場で解決する」「分からにことはメモしておき、定期的にまとめて見返す」など、仕事を覚えられる人は分からないままにしませんよ。

分からないことを後で考ようと思っても、いつの間にか忘れてしまうもの。

意識的に対策していきましょう。

仕事が覚えられない場合の7個の対処法

仕事が覚えられない場合の対処法を見ていきましょう!

効果的な対処法は、以下の7個となります。

  1. 分からないことはすぐに質問する
  2. 知らない用語をなくしていく
  3. どんな時でもメモを取る
  4. 業務の目的・ゴールを考える
  5. 単発ではなく、業務フローとしてまとめて覚える
  6. 仕事ができる人を参考にする
  7. 業務内容に興味が持てない場合には転職

仕事が覚えられない場合の対処法①:分からないことはすぐに質問する

分からないことはすぐに質問する癖をつけましょう。

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」です。

その場で質問することにより、記憶に残りやすくもなりますので、恥ずかしがらずに質問していきましょう。

仕事が覚えられない場合の対処法②:知らない用語をなくしていく

知らない用語をなくしていくことも大切です。

話の中で知らない用語、知らない人の名前などがたくさん出てくると、仕事を覚える難易度が一気にあがります。

知らない言葉はメモをとっておき、時間があるときに調べる癖をつけましょう。

仕事が覚えられない場合の対処法③:どんな時でもメモを取る

常にメモを取るように心がけましょう。

仕事をしていると、後で確認しようと思ったことであってもすぐに忘れてしまいます。

忘れる前提でメモを取っていくことが大切ですよ。

見返した時に思い出しやすいように工夫しながら、メモを取っていきましょう。

仕事が覚えられない場合の対処法④:業務の目的・ゴールを考える

業務の目的・ゴールを考えて仕事に取り組みましょう。

何故、この業務を行うのか?ということが分かれば、仕事は覚えやすいです。

また、覚えやすいだけではなく、逆算思考で仕事に取り組めるため、仕事の無駄もなくなります。

言われたことをやるだけではなく、目的・ゴールを考える癖をつけましょう。

仕事が覚えられない場合の対処法⑤:単発ではなく、業務フローとしてまとめて覚える

仕事はできるだけ、業務フローとしてまとめて覚えるようにしましょう。

A・B・C・Dと単発ではなく、「A→B→C→D」として覚えるイメージです。

各業務の繋がりを意識すると、お互いの業務が関連付けて覚えやすくなります。

また、Bしかやらないことがあっても、頭の中で「A→B→C→D」を思い出すことになるため、定着率が高まりますよ。

仕事が覚えられない場合の対処法⑥:仕事ができる人を参考にする

仕事ができる人を参考にするのも効果的となります。

仕事ができる人のやり方を真似てみれば、ヒントが得られるはずです。

注意点としては、その人と比較して落ち込まないこと。

先輩であれば、仕事に関与している年数が長いため、その分色々なことを知っていて当然ですよ。

仕事が覚えられない場合の対処法⑦:業務内容に興味が持てない場合には転職

業務内容に興味が持てない場合には、業務内容を変えることも検討しましょう。

業務を変えたい旨を上司に相談してみのも一つの手です。

また、転職することも一つの手となります。

仕事を覚えられないと悩みすぎている場合には、業務内容を変えるという根本的な対策も検討してみましょう。

仕事を覚えられなくて辞めたい時に相談すべき相手は?

仕事を覚えられなくて、仕事を辞めたいと思う方は多いのではないでしょうか?

そんな時は一人で抱え込まずに、一度、相談してみることが大切です。

  • 同期に相談する
  • 上司に話をする
  • 友人や家族に悩みを聞いてもらう
  • 転職エージェントに相談しつつ、新しい選択肢も教えてもらう

同期であれば、同じような悩みを抱えている可能性があります。

上司の場合には、信頼できる良い上司であれば効果ありですが、駄目な上司な場合には効果は期待できませんね。

友人や家族は、業務内容が分からないため、具体的なアドバイスというよりは、一般的な相談という位置づけで話を聞いてもらいましょう。

転職エージェントは同じような悩みを抱えた方の転職をサポート経験があるため、具体的なアドバイスが期待できます。

仕事が覚えられない悩みは転職で解決することも多い

今回は「仕事を覚えられない人の特徴・対処法」を見てきました。

なかなか仕事を覚えられなくて悩んでいる方はたくさんいます。

今回紹介した対処法を活用していけば、仕事を覚えられないは改善していくはずです。

ただし、注意しておきたいのは、以下のような根本的なことが原因となっている場合。

このような場合には、仕事を変えるという方法がもっとも効果的です。

転職した途端、仕事覚えられないという長年の悩みが消えたという方は意外にもたくさんいます。

  • そもそも業務内容が向いてない
  • 覚えることが異常に多い
  • 教える側に問題あり

上記はすべて、あなたに直接的な原因があるわけではないものです。

そもそも業務内容が向いてない場合には、業務内容を変えることが1番。

人手不足の会社などにありがちですが、覚えることが多すぎる場合も転職を検討しましょう。

あなたの能力に問題があるのではなく、人を揃えることができない会社側に問題があります。

「教える側に問題あり」「マニュアルが一つもない」など、会社側に教える能力がないこともあります。

上記のようなことが原因で仕事を覚えられないと悩んでいるならば、転職を検討することが1番の対処法です。

しっかりと転職活動をし、自分に合う新しい環境で仕事を始めれば、仕事を覚えられないという悩みは解消できますよ。

年代別に利用すべき転職サービスについては、以下の記事にて紹介していますので参考にしてみてください。

ランキング形式で転職エージェント・サイト・関連サービスを紹介していますので、参考にしてみてください。

仕事が覚えられないのは病気の可能性もあり

色々してみたけど、どうしても仕事を覚えられないという場合には、病気の可能性もありえます。

「何度何度もも同じミスを繰り返す」「やらなければいけない仕事を忘れてしまうことが多い」という方は、ADHDという病気かもしれません。

ADHDとは「注意欠陥多動性障害」です。

症状は子供の頃からでていることがほとんどですが、社会人になり、何もかも一人で行わなければいけない状況となって、気がつく人もいると言われています。

症状としては、「不注意」「多動性」「衝動性」

不注意とは、「重要なことでも期限が守れない」「物をなくす・物忘れが多い」などです。

多動性とは、「じっとしてられない」などとなります。

衝動性とは、「思ったことをすぐに口に出す」「衝動買いをしてしまう」などです。

ADHDの場合には、今回紹介した対処法だけでは改善は難しいですので、お困りの場合には一度、医師の診断を受けてみることをおすすめします。

仕事を覚えられない状態から抜け出そう!

仕事を覚えられないことは誰にでもあることですが、その状態が長期化する場合には注意が必要です。

今回の記事を参考に、仕事を覚えられない状態から抜け出しましょう!

仕事が覚えられない状態から抜け出すことができれば、もっと楽に仕事ができ、精神的なゆとりも生まれます。

日々の生活を楽しくできるように、仕事が覚えられないという悩みを解消していきましょう!

あわせて読みたい
気球
【20代に強い】20代におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

続きを見る

あわせて読みたい
上昇するバルーン
【30代に強い】30代におすすめの転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

続きを見る

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.