Carrer up(転職)

仕事で怒られてばかりで辞めたい。絶対に辞めたほうが良い場合と理由

  • 毎日怒られるから仕事に行きたくない。
  • 仕事で怒られるのが辛い。
  • 仕事で怒られてばかりなので辞めたい。

今回は、上記のような悩みをお持ちの方に向けた記事となります。

仕事で怒られてばかりで辞めてしまいたいと考えている方は多いのではないでしょうか?

社会人である以上、怒られるのは仕方がないと我慢しているかもしれませんが、「理不尽に怒られる」など、我慢する必要のない場合もあります。

今回は「仕事で怒られてばかりの方が辞めたほうが良い場合、その理由」をお伝えします。

この記事を読めば、辞めたほうが良い場合、その理由、注意点を把握できます。

仕事で怒られてばかりでつらい方は参考にしてみてくださいね!

仕事で怒られてばかり。辞めたほうが良い場合もある

仕事で怒られている男性

仕事で怒られるのは普通のことです。

「怒られただけで、仕事を辞めたい」と言うと、社会人の自覚がないと指摘されるかもしれません。

社会人であれば、怒られないように改善するのは当然のこと。

同じミスを繰り返すなど、自分自身に原因があるのであればそのとおりです。

問題は、多くの方が正当ではない理由で怒られているということ。

理不尽に怒られるなど、自分で改善することは難しい理由で怒らている場合が多いのです。

  • 上司に嫌われているので怒られる
  • 上司のストレスが溜まっているから怒られる
  • 上司との馬が合わなくて怒られる
  • 職場の色に合わなくて怒られる
  • 仕事に向いていなくて怒られる

上記を大きく分けると2つに分けられます。

1つは「自分に非がないことに対して理不尽に怒られる」です。

上司に嫌われている

上司のストレスが溜まっている

もう1つが「そもそも職場に合っていないので怒られやすい」です。

上司との馬が合わない

職場の色に合わない

仕事に向いていない

どちらのパターンも自分で改善しようとしても、なかなか上手くいかないことが多いものです。

理不尽に怒られ続けるくらいなら、環境を変えて、新たなスタートを切るべき。

怒られてばかりで辛いと感じている方は、辞めたほうが良い場合があるということを頭に入れておきましょう。

「怒られる=自分に原因がある」とは限りませんよ。

怒られてばかりの職場を辞めるのは逃げじゃなく、必要な行動だ。

自然の中でランニング男性

「怒られてばかりだから辞める」という考えは逃げでもなんでもありません。

未来の自分を大切にするために必要な行動です。

毎日のように理不尽に怒られてしまう環境は異常。

日常的に怒られている異常な環境にいると、どんどんネガティブ思考になっていきますよ。

怒られる →やる気が無くなる →怒られる →自信がなくなる →怒られる →怒られるのが怖くてネガティブ思考になる →怒られる →やる気が無くなる →怒られる →自信がなくなる →怒られる →怒られるのが怖くてネガティブ思考になる

ネガティブ思考が進むと、すべてのことに対して悲観的になっていきます。

こうなると、徐々に人生が楽しいと思えないようになるのです。

ネガティブ思考の悪循環に陥らないためにも、怒られてばかりの職場はすぐに辞めてしまいましょう。

会社を辞めるのは、逃げではなく、必要な行動ですよ。

環境を変えるだけで驚くほど怒られなくなる

白い壁の色を青いペンキで塗る

たくさんの方が、「環境を変えただけで怒られなくなった」「環境を変えただけで、伸び伸びと仕事ができるようになった」という経験をしています。

理不尽な環境でつらい思いを続けるよりも、環境を変えて新たなスタートを切るほうが賢い選択といえるでしょう。

理不尽に怒られなくなると、ネガティブ思考が薄れていきます。

ただ環境を変えただけで、好循環がスタートするのです。

褒められる →やる気がでる →評価される →自信がつく →褒められる →プラス思考になる →褒められる →やる気がでる →評価される →自信がつく →褒められる →プラス思考になる

これからの人生をプラス思考で過ごしたほうが良いことは一目瞭然。

仕事で怒られたばかりで辞めたい場合には、辞めることを前向きに検討しましょう。

仕事で怒られてばかりで辞めたい場合の注意点

白「TIPS」

「仕事で怒られたばかりで辞めたい」場合の注意点を見ていきましょう。

注意点は以下の2つとなります。

  • 理不尽に怒られているのかどうかを確認する
  • 仕事に向いてなくて怒られやすいかどうかを確認する

①理不尽に怒られているのかどうかの確認

注意点の1つ目は「理不尽に怒られているのかどうかを確認する」となります。

「正当な理由があり怒られているのか」「理不尽に怒られているのか」を見極めましょう。

理不尽に怒られている

  • 上司に嫌われているので怒られる
  • 上司のストレスが溜まっているから怒られる

正当な理由があり怒られている

  • 自分のためを思って怒ってくれている
  • 第三者に迷惑を掛けたので怒られる
  • 同じようなミスを繰り返しているため怒られる

正当な理由で怒られている場合には、自分で改善することが可能。

自分で改善しない限り、職場環境を変えても同じことで怒られるはずです。

②仕事に向いてなくて怒られやすいかどうかの確認

注意点の2つ目は「仕事に向いてなくて怒られやすいかどうかを確認する」です。

人それぞれ合うもの、合わないものがあります。

仕事内容、職場の雰囲気、人間関係など、色々なことで合う、合わないがありますね。

怒られているという悩みを持っている方の特徴としては、自分の特性とかけ離れた仕事をしているということ。

怒られて辞めてしまいたい気持ちになるのは、自分に合わない仕事が原因かもしれませんので、チェックしてみましょう。

おすすめのチェック方法は適職診断を受けるという方法です。

診断は無料で受けることができますが、無料とは思えないほどの充実の内容となります。

手軽に受けることができますので、受けてみて絶対に損はないですよ。

おすすめの無料適職診断

doda
【公式サイト】doda
4つの無料適職チェックで自分の特性、向いている環境が分かります。

参考記事
Dodaの4つの無料適職診断テスト
dodaの4つの無料適職診断を解説!向いてる仕事を見つけよう!

続きを見る

ミイダス
【公式サイト】ミイダス
詳細な無料診断で合う業種、合わない業種などあなたの特性を知ることができます。

参考記事
ミイダスを利用する前に知っておきたいサービス、口コミ、評判

続きを見る

向き不向きは誰にでもあります。

向いていない所で頑張ったとしても、上手くいかないことが多いです。

世の中には会社はたくさんありますので、自分の特性に合う職種、職場環境で働くことが1番ですよ。

仕事で怒られてばかりで辞めたい場合には転職しよう

会社を辞める女性笑顔

今回は、「仕事で怒られてばかりの方が辞めたほうが良い場合、その理由」を解説しました。

理不尽に怒られたり、仕事が向いていないから怒られやすいという状況は、良い状況ではないです。

怒られてばかりいると、ストレスで身体を壊したり、自己肯定感が下がり、ネガティブ思考になってしまいます。

悪循環に陥らないためには、環境を変えることが大切。

世の中にはたくさんの会社があります。

しっかりと転職活動を行い、自分に合っている職場を探すことで状況を大きく変えることができるのです。

自分に合っている職場を探したいのであれば、転職エージェントの力を借りましょう。

転職アドバイスの専門家が膨大なデータに基づき、あなたに合う会社を探すことをサポートしてくれます。

現状を変えたい方におすすめの転職エージェント

doda
【公式サイト】doda
ベンチャー〜有名企業まで、幅広い求人が特徴です。万全のサポート体制で転職を支援してくれます。現状を変えたい方は登録必須。

 

パソナキャリア
【公式サイト】パソナキャリア
親切なサポートが評判のエージェントです。親身になって転職活動をサポートしてくれるため、転職が初めての方でも安心。現状を変えたい方は上記サイトとの併用がおすすめです。

 

マイナビジョブ
【公式サイト】マイナビジョブ20's
転職をしたい20代の方は利用必須のエージェントです。「現状を変えたい方」は登録しておきましょう。他サイトとの併用がおすすめとなります。

 

リクルートエージェント
【公式サイト】リクルートエージェント
求人数を多く保有し、上場企業からのオファーも豊富です。現状を変えたい方は登録しておきたいエージェントととなります。

転職エージェントの利用には一切料金はかかりません。

複数のエージェントを積極的に利用し、各エージェントの独占求人や非公開求人などを含めて、あなたに合う会社を探さないと勿体ないですよ。

環境を変えることにより、怒られずに、伸び伸びと仕事ができるようになります。

転職活動をスタートしていきましょう!

あわせて読みたい
気球
【20代に強い】20代におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

続きを見る

あわせて読みたい
上昇するバルーン
【30代に強い】30代におすすめの転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

続きを見る

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.