Carrer up(転職)

誰でもできる給料を上げるシンプルな方法【給料減少に備えよう】

給料を上げるシンプルな方法
  • ボーナスカットで給料が大幅に下がりそう。

  • 数年間、給料が上がる見込みがない。

  • コロナの影響で今の給料水準が今後保たれるかどうかすら怪しい。

今回は、このような悩みをお持ちの方に向けた記事となります。

誰でもできる給料を上げるシンプルな方法の紹介です。

給料が思うように上がっていかないと感じている方は多いのではないでしょうか?

それを普通と感じていた方が注意しておかなければならないのは、今後は、何もしないと給料は上がっていかないどころか、下がっていく可能性が高いということ。

最近だけでも、以下のように今までのお給料は支給できないという会社の意思表示がりました。

  • ANA副業解禁

  • ANA3割カット

  • みずほ週休3日、4日

ANAはコロナの影響が直撃した業界ですので、少し極端な例かもしれませんが、いずれにせよ、大企業であっても、給料の保証をしてくれない時代がやってきていますね。

今後は、業績が悪い会社が給料を支払うことを簡単に諦めるということが起きるでしょう。

給料減少に備えるために有効な方法は、シンプルに給料を上げていくことです。

今回は、30代前半で月収100万円を超えている僕が、給料を上げるために必要だと思うシンプルな方法を紹介します。

給料を上げるための魔法はありませんが、やる気さえあれば、誰でも実践可能な内容となっていますので、参考にしてみてください。

給料を上げていくことを真剣に考えよう

お願いごとをしている女性の横顔

日本での働き方は転換期を迎えています。

サラリーマンであれば、一定の給料を保証してもらえるという時代は、過去の話となりそうです。

そんな中で大切なことは、給料を上げるということを真剣に考えること。

目標は高く置いておかないと、それよりも下の最低限の目標すら達成できないように、給料を上げるということを真剣に考えて、ちょうど今までの給料をキープできるくらいという覚悟が必要かもしれませんね。

今回紹介する給料を上げるシンプルな方法は、以下のとおり。

  1. 転職して給料を上げる

  2. 英語またはITスキルを身につけて給料を上げる

こんな当たり前のことかと思った方も多いかもしれませんが、サラリーマンとして給料を上げることを考えた時には、この2つがもっとも再現性が高い方法です。

1番簡単に給料を上げる方法は転職。ルールと向き合おう。

電球アイディア

長年同じ会社で働き、思うように給料が上げっていないと感じている方には説明不要だと思いますが、給料を簡単に上げたいならば、転職一択となります。

サラリーマンである以上、給与水準は、あなたの頑張りや能力とはほとんど関係なしに、会社を基準として、決まっていくものなのです。

これはゲームのルールのようもので、サラリーマンである以上は従うしかありません。

給料がなかなか上がらない会社でいくら頑張っても、給料を上げることはほぼ不可能ということ。

この点を押さえておかないと、頑張っても消耗してしまいますよ。

これからは、ものすごく頑張ったにもかかわらず、会社の業績が悪く、給料が減少してしまう可能性も十分にあります。

サラリーマンというゲームにルールとしっかりと向き合い、給料を上げたいならシンプルに転職をしましょう。

転職すれば、驚くほど給料を上げることも可能ですよ。

ダメ元での転職活動もOKです

2本のビール瓶で外で乾杯

転職で給料が上がる理由としては、「給料が上がるところに転職する」からです。

「給料が上がる会社が見つかれば転職し、見つからなければ、また探す」という感じで、転職活動をするイメージとなります。

僕の友人で、年収が25%以上上がる場合にのみ転職をするという方がいました。

雰囲気はダメ元で転職活動をしている感じでしたが、この方法で転職を2回し、約3年間で年収を400万円→800万円と倍増させた方がいます。

これはかなりの成功例ですが、給料を上げたいと悩んでいる方のモデルケースになります。

ダメ元ので転職活動だとしても、会社とのタイミングが合えば、給料アップの転職ができてしまうものなのです。

レベルが高すぎて無理という思い込みは捨てよう

大きいフォントでNO

仕事の話をしていると、良くある話として、「そんな年収が高い会社でやっていける自信がない」「そんな年収が高い会社に転職したら、回りとのレベルが違いすぎて続かない」という意見をよく耳にします。

こんな風に考えてしまうのも分かりますが、これは大きな思い込みです。

一部の企業や独特の雰囲気のある企業を除いて、「年収が高いから、仕事についていけない」なんてことはありませんよ。

  • 年収が高い会社でも、仕事ができない人はたくさんいる

  • 優秀な社員は3割もいない

  • 最初はいろいろ戸惑うかもしれないけれど、慣れてくる

年収が高い会社にい

るすべての人が優秀なわけではありません。

人間は自然と慣れていく生き物ですので、恐れることなく、新しい環境に飛び込んでみることが大事ですよ。

その結果として、ついていけないと感じることがあったら、もう一度、転職をすれば良いだけです。

思い込みで可能性を消してしまうのはもったいないですよ。

社内の向けの仕事は成長しない

ノートとペン

少し話はそれますが、社内向けの仕事は成長しないということも頭にとどめておくことが大切です。

同じ職場にいると、新たな挑戦がなくなっていきます。

同じ職場に長くいると、社内向けの仕事の比重が多くなってきますが、内向きの仕事に慣れている方は要注意。

一度、自分自身の業務を振り返り、成長できているのかどうかを考えてみることが大切ですよ。

こういう点からも転職をして、職場環境を一気に変える方法は有効です。

言い換えると、一度、転職すれば、数年間は勝手に成長できる環境に身を置けるということになります。

転職を視野に入れて行動しよう

ポケットにJob searchの文字

給料が上がらないと悩んでいる方、ANAやみずほ銀行のように給料が減少したらどうしようと不安な方は、転職して、給料を上げていくことを真剣に考えてみましょう。

  • 転職はよくないこと

  • ずっと同じ会社で働き続けると思っていた

  • いまさら環境を変えたくない

給料が上がらないという悩みを抱えているのであれば、最初の第一歩としては、このようなマインドを変えることからスタートです。

今は、転職が当たり前の時代。

転職に失敗したら、もう一度、転職すれば良いだけの話ですので、ダメ元の転職活動を始めてみましょう。

サラリーマンのルールに向き合いながら、自分の給料にも真剣に向き合うことが大切ですよ。

【サラリーマンのルールに向き合いながら、自分の給料と向き合うおすすめの方法①】

転職エージェントサイトとして有名なdodaの4つの無料診断テストでは、「現在の適正な市年収・将来の予測年収・今働いている会社以外の選択肢」など、自分の年収に向き合うために必要な情報を知ることができます。

自分の年収と向き合うきっかけに最適ですよ。

サラリーマンのルールに向き合いながら、自分の給料と向き合うおすすめの方法②

転職を視野に入れるためには、転職エージェントへの登録も検討してみましょう!

20代・30代の方におすすめの転職エージェントを紹介しています。

>>20代で転職に迷っているのなら転職をしたほうが良い5つの理由

【サラリーマンのルールに向き合いながら、自分の給料に向き合うおすすめの方法③】

自分の給料と向き合うには、いろいろなキャリアの可能性を知っておくことが大切ですよ。

今後のキャリアに悩んだ方におすすめの本を紹介しています。

>>転職に迷ったら読んでみよう!おすすめの本10冊【無料で読める】

転職でキャリアアップを目指すならスキルも必要

筆記体でTrainingの文字

給料を上げるには転職が1番です。

とはいえ、何もせずにただ職場を変えることを繰り返すだけで、年収がどんどん上がっていくのは稀な例となります。

年収が上がる転職の可能性は広げるには、スキルを身につけることも大切です。

先ほど紹介した3年間で年収を倍増させた僕の友人も、たんに転職をしただけではなく、スキルを身につけながら転職していました。

給料を上げることを考えた時におすすめのスキルは以下の2つ。

  • 英語

  • テクノロジー

この2つのスキルは需要が高く、年収を上げるための武器となるため、おすすめです。

いずれのスキルも取得までに年単位の時間を要することもありますが、転職市場において大きな武器となります。

英語

英語ができると一気に市場価値が高まります。

英語ができない方はこのような事実を知らず、「英語ができるだけでは意味がない」ということを言いがちですが、僕が知っている限り、英語ができる人の方が年収が高いのは明らかな事実です。

英語がおすすめのスキルである理由は、以下のとおりとなります。

  • 英語人材の不足

  • 日系企業のオワコン(給料減少)化

  • TOEICなどの資格試験でのスキルの明確化

多くの方が勘違いしているなと思うこととして、「英語ができる=ペラペラ」ということです。

年収を上げる上での英語ができるは、英語がペラペラである必要はありませんよ。

日本語が話せる人の中での上位10%くらいの英語力があれば、価値の高い人材です。

一部の例外を除いて、TOEIC800点後半くらいを取れてしまえば、「英語ができる人材」とみなしてくれるところがほとんどとなります。

僕の年収がそれなりに高い要因の一つは、「英語ができる人材」とみなされているといこと。

「人材が不足」していて、「ビジネスに必要」なスキルを身に着けている方は、当たり前ですが、市場において高く評価されやすいですよ。

「英語ができる人材」とみなされるようになるためには、「英会話の勉強」と「TOEICの勉強」が王道的な勉強となります。

参考になる記事を紹介しますので、気になる方はチェックしてみてください。

【オンライン英会話】

>>【見逃し厳禁】無料体験をお得に受けられるオンライン英会話

>>TOEICスコアアップが期待できるおすすめのオンライン英会話

【TOEIC】

>>効果がでるTOEICパート別のおすすめ参考書【もう迷わない】

テクノロジー

これからの時代は、テクノロジースキルも市場価値を上げてくれます。

おすすめの理由は、以下のとおりです。

  • 人材不足

  • これからますます需要が増える

コロナの影響もあり、ますますITの需要が高まっています。

耳にするビジネスニュースのほとんどがテクノロジーなしでは、存在できないものばかりですね。

注意しておきたい点としては、スキルを身につける場合には、英語スキルを身につける場合と異なり、大きくキャリアチェンジをしなければならないこと。

方向転換をして成功した方をたくさん知っていますが、失敗した人もたくさん知っていますので、慎重に検討していくことが大切です。

失敗した原因としては、以下のとおりです。

  • スキルを学ぶために、比較的大きい金額を自己投資したため戻るに戻れない

  • 今までと大きく異る業界のため、なんとなく始めてみたものの、イメージと違った

このような失敗は繰り返さないように、反面教師としたいですね。

今では、たくさんのプログラミングスクールがあり、生徒を確保するために、さまざまな無料お試しサービスを提供しています。

  • テックキャンプ・・・無料キャリア相談

  • テックアカデミー・・・1週間無料体験

これらの無料お試しサービスを上手に活用し、失敗の可能性を下げていきましょう。

ほぼゼロからスタートの方は、有名どことのプログラミングスクールの無料相談や無料体験がおすすめですよ。

  • テックキャンプ公式サイト:未経験から最短でエンジニア転職を目指す

    未経験者からでも稼げる技術を学べます。無料でオンラインカウンセリングを受けることができますので、疑問や不安をお持ちの方でも安心してスタートができます。
    無料カウンセリングでどのようなキャリアの選択肢があるかなどの説明を聞くことにより、「こんなはずじゃなかった」ということを防げますよ。
  • テックアカデミー公式サイト:TechAcademy 無料体験

    テックアカデミーには0円コースがあります。気軽に始めることができる1週間の無料体験です。
    「こんなはずじゃなかった」という失敗を回避したい方、または、単純な興味本位がある方はとりあえず受けてみるのが良いかなと思います。

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2020 All Rights Reserved.