Carrer up(転職)

【仕事が終わらないストレスで泣きそうな方へ】原因と改善策を解説!

  • 仕事が終わらなくてストレスがやばい。
  • 仕事が終わらなくて泣きそう。
  • 仕事が終わらない原因と改善策を知りたい。

今回は、このような悩みや疑問をお持ちの方に向けた記事となります。

仕事が終わらなくてストレスを抱えている方は多いのではないでしょうか?

仕事が終わらないのが一時的であれば問題なしですが、長期化している場合には原因を特定し、改善する必要があります。

体力面、精神面の疲労が蓄積していくため、そのままの状態にしておくのは危険。

今回は、仕事が終わらないストレスで泣きそうという方に向けて「仕事が終わらない原因と改善策」についてとなります。

本記事を読めば、仕事を早く終えるための改善策を知ることができ、仕事が終わらないストレスを軽減することができます。

仕事が終わらない5つの原因

仕事が終わらない5つの原因を見ていきましょう!

仕事が終わらなくてストレスがやばい、泣きたくなるという方の仕事が終わらない代表的な原因は、以下の5個となります。

  • 作業することが仕事だと考えている
  • 無駄な作業が多い
  • 優先順位がつけられていない
  • 人に頼ることをしていない
  • 仕事をコントロールできていない

仕事が終わらない原因:①作業することが仕事だと考えている

1つ目の原因は「作業することが仕事だと考えている」となります。

  • 終わらせることが仕事の目的
  • 成果をだすことが仕事の目的
  • 完璧主義ではなく、前に進めることが仕事の目的

時給の概念が染み付いていて「作業=仕事」という考えを持っている方は多いのではないでしょうか?

仕事の目的は作業をすることではなく、終わらせること。

無駄は省略し、「終わらせる」「成果を出す」「前にすすめる」ことが仕事だと思えるようになっていきましょう。

仕事が終わらない原因:②無駄な作業が多い

2つ目の原因は「無駄な作業が多い」となります。

「どうしたら効率的に仕事を進めていけるのか」を考えずに仕事をしていては、仕事はなかなか終わりません。

  • ミスが多くてやり直しが多い
  • ツールを使っていない
  • 判断が遅い

上記を無駄なことだと認識することからスタート。

「ミスが多くて何度もやり直す」「ツールを使わずに地道に手作業で行う」「どうしようか悩んでいる時間」は、一見仕事をしているように見えますがすべて無駄です。

仕事を早く終わらせたいのであれば、無駄な作業を減らしていきましょう。

仕事が終わらない原因:③優先順位がつけられていない

3つ目の原因は「優先順位がつけられていない」となります。

依頼された順番に仕事をこなしていては、当然ですが仕事を早く終えることはできません。

  • 緊急性の高い仕事
  • 重要度の高い仕事
  • 誰かに相談する必要がある仕事

仕事には色々なものをさばいていく必要があるのです。

何も考えずにいては、「緊急性の高い仕事が進んでいないので遅くまで残業しなければならない」ということが起きてしまいますよ。

仕事が終わらない原因:④人に頼ることをしていない

4つ目の原因は「人に頼ることをしていない」となります。

全ての業務を自分だけで完了させようとしていては、いつになっても仕事を早く終わらせることは不可能です。

  • 全て自分でやらないと駄目
  • お願いするのが面倒くさい
  • 人にやってもらうと自分がサボっていると感じる

上記のような考えを持っている方は要注意。

自分で考えやり抜くことも素晴らしいことではありますが、早く帰れない状態でそんなことをしていてはいつまでも早く帰れませんよ。

仕事が終わらない原因:⑤仕事をコントロールできていない

5つ目の原因は「仕事をコントロールできていない」となります。

仕事を早く終わらせている方は、たまたま早く終わっているのではなく、早く終えることができるように仕事をコントロールしています。

  • 言われたことをすべてやる
  • 時間を意識していない
  • 早く帰らなくても良い人だと思われている

上記のように何も考えずに仕事をしていては、早く帰ることは難しくなります。

仕事を早く終えるためには、多方面から仕事をコントロールしていく必要があるのです。

仕事が終わらない人が早く家に帰るための5つの改善策

仕事が終わらない人が早く家に帰るための改善策を見ていきましょう!

仕事が終わらなくてストレスがやばい、泣きたくなるという方の具体的な改善策は、以下の5つのとなります。

  1. 逆算思考で仕事を考える
  2. 無駄な作業は人生でもっとも意味のないことだと考える
  3. 優先順位をつける
  4. 人に頼ることに慣れる
  5. 決めた時間の中で効率的に仕事をする

改善策:①逆算思考で仕事を考える

仕事が終わらない人が早く家に帰るための改善策の1つ目は「逆算思考で仕事を考える」です。

仕事のゴールから逆算をして、作業を考える癖をつけていくことが大事。

最短距離でゴールに向かうために必要な作業だけをしていくのです。

仕事のための作業ではなく、目的を達成するための作業をしましょう。

改善策:②無駄な作業は人生でもっとも意味のないことだと考える

仕事が終わらない人が早く家に帰るための改善策の2つ目は「無駄な作業は人生でもっとも意味のないことだと考える」となります。

「何もしないことに罪悪感を感じる」「作業をしていることに安心する」は、仕事が早く終わらない原因となるため「無駄なことは無駄」と思い込む癖をつけることが大事。

「ミスをなくす」「効率的なツールは積極的に使う」「迷っても解決しないことはすぐに相談する」など、無駄なことを省いていきましょう。

無駄な作業をしていて心地よくなってきたら、自分に喝をいれ、早く終わらすことに集中することが大事ですよ。

なお、ミスが多くて悩んでいる方は『 仕事でミスが多くて辞めたい。ミスの原因と誰でもできる改善策7個!』もご覧ください。

改善策:③優先順位をつける

仕事が終わらない人が早く家に帰るための改善策の3つ目は「優先順位をつける」となります。

「緊急性」「重要度」「一人で完結できる業務かどうか」などを考えて、優先順位をつけてから仕事に取り掛かることが大事。

優先順位をつけるには、「業務にどれくらいの時間がかかるのか」を予想できる必要があります。

一つ一つの仕事でどのくらいの時間がかかるのかを意識しながら、仕事に取り組むようにしていきましょう。

改善策:④人に頼ることに慣れる

改善策の4つ目は「人に頼ることに慣れる」となります。

仕事を早く終えるためには「人に頼ることに慣れる」「人に頼ることができる」を目標としましょう。

お願いしたほうが早く終わることは理解しているけれど、「頼みづらい」「説明が面倒くさい」という方も多いのではないでしょうか?

その気持ちも分かりますが、そこを乗り越えないと仕事が終わらない状況が続いていしまいますよ。

「人に頼る」「人にお願いする」に慣れていきましょう!

改善策:⑤決めた時間の中で効率的に仕事をする

改善策の5つ目は「決めた時間の中で効率的に仕事をする」となります。

「残業」「家で仕事」をすればどうにかなると考え、効率的に仕事をする意識を持てていない方は多いです。

仕事が終わらない悩みから抜け出したいのであれば、作業前に時間を設定し、その時間内に終わらせるように努力する必要があります。

「重要でない仕事は後回しにして一つの仕事に集中」「無駄な会議にはでない」など、あらゆる手段を使って、決めた時間内で仕事を終わらせるのです。

時間内に仕事を終わらせるためには、他の仕事を断ったり、他の人にお願いしたりする必要がでてきます。

そんな時に困らないように、「自己ブランディング」「良好な人間関係を築く」なども含め、あらゆる手段を使いましょう!

そもそもとして仕事量が多すぎる場合の改善策

そもそもとして、仕事量が異常なほど多いという問題を抱えている場合には、別の改善策を取る必要があります。

仕事が終わらなくてストレスがやばい、泣きたくなる場合には、以下の3つの改善策を試してみましょう。

  1. 業務量の調整をお願いする
  2. いくつかの業務の関与度合いを下げる
  3. 転職を検討する

①業務量の調整をお願いする

改善策の1つ目は「業務量の調整を上司にお願いする」です。

「異常な業務量を我慢して、ストレスが溜まり泣きたくなる」まで苦しめられる必要はありません。

  • 最近の労働時間
  • 最近の業務内容
  • 体力的にきついこと

上記3つを上司に伝え、業務量を調整してもらいましょう。

②いくつかの業務の関与度合いを下げる

改善策の2つ目は「いくつかの業務の関与度合いを下げる」です。

自分がいなくても問題なさそうな業務の関与度合いを下げていきましょう。

出席が必須ではないミーティングは「重要な仕事でやるべきことがある」という感じで欠席していき、徐々にその業務から離れていくのです。

③転職を検討する

改善策の3つ目は「転職を検討する」です。

業務量が異常に多いのは完全に会社の責任。

会社が変わらない限り、その状況は変わりませんよ。

ホワイトな会社はいくらでもありますので、思い切って転職を検討しましょう。

関連記事:毎日12時間労働は異常。きついと感じるのが普通。【抜け出そう】

そもそもとして仕事に適性がないと感じた場合の改善策

仕事に適性がないと感じた場合にも別の改善策を取る必要があります。

仕事が終わらなくてストレスがやばい、泣きたくなる場合には、以下の3つの改善策が有効です。

  1. 適性を確かめる
  2. 仕事を覚えて、ついていけるようにする
  3. 転職を検討する

①適性を確かめる

改善策の1つ目は「適性を確かめる」です。

当然ですが、適性のまったくない仕事をしていると、仕事が終わらないという状況に陥りやすくなります。

以下の3つの方法で適性を確かめてみましょう!

試す価値のある無料自己分析ツール

上記3つは全て無料ですので、試してみて損は1ミリもないですよ。

②仕事を覚えて、ついていけるようにする

改善策の2つ目は「仕事を覚えて、ついていけるようにする」です。

適性がない場合には、仕事を覚えられていない、ついていけていないということが良くあります。

仕事を覚えられない方は『【仕事が覚えられないのと悩む方へ】特徴と対処法まとめ!』、仕事についていけないと感じている方は『仕事についていけなくて辛いから抜け出す5つの改善方法』を参考にしてみてください。

③転職を検討する

改善策の3つ目は「転職を検討する」です。

適性がない仕事を続けて、仕事が終わらないとストレスを溜めるよりも、適性のある仕事を探したほうが幸せになれますよ。

自分の適性を把握し、転職活動を始めましょう!

仕事が終わらないストレスを溜め込まないことが大事

今回は、仕事が終わらなくてストレスがやばい、泣きたいという方に向けて、改善策を紹介してきました。

改善をすることは大事ですが、ストレスを溜めないことも同じくらい大事。

  • 休日はリラックスし気分転換をする
  • 誰かに相談する
  • 違う人生を想像する

せめて休日くらいはリラックスして過ごし、ストレスを解消していきましょう。

休日でもストレスを抱えている方は『 仕事が頭から離れない人の特徴と7個の脱出法 』を参考にしてみてください。

一人で抱え込まずに誰かに相談することもポイント。

同期、友人、転職エージェントに相談することにより、違った角度からアドバイスをもらえますよ。

ストレスを開放するためには違う人生を想像することも効果的。

今の職場しかないと考えると気分は暗くなっていきます。

違う会社で働く未来を想像してストレスを解放していきましょう。

転職の情報収集を始めることにより、より具体的に違う会社で働く未来を想像することができますよ。

あわせて読みたい
気球
【20代に強い】20代におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

続きを見る

あわせて読みたい
上昇するバルーン
【30代に強い】30代におすすめの転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

続きを見る

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.