Carrer up(転職)

職場で泣くほど辛い。20代であれば我慢しないで未来を見よう!

  • 職場で泣いてしまった。
  • 職場で辛すぎて泣くのを我慢できない。
  • 職場で泣くほど辛いときの対処法を知りたい。

今回は、このような悩みをお持ちの方に向けた記事となります。

職場で泣くほど辛いという方も少なくないのではないでしょうか?

悔し涙、嬉し涙であれば問題ないですが、辛くて泣いてしまう方はそのままでいると体調を壊す可能性があります。

特に20代で今の会社が正しいと思い込んでいる方は要注意。

今回は、20代の方で泣くほど辛い方に向けた記事となります。

本記事を読めば、泣くほど辛い職場に固執することなく、新しい一歩を踏み出すという選択肢を考えられるようになります。

職場で泣くほど辛い理由

職場で泣くほど辛いと感じてしまう理由を見ていきましょう!

代表的なものとしては以下の4つとなります。

  • 人間関係で悩んでいる
  • 労働環境が悪すぎる
  • 過度なプレッシャー
  • 仕事が上手くいかない

職場で泣くほど辛い理由①:人間関係で悩んでいる

1つ目は「人間関係で悩んでいる」となります。

人間関係に悩みがあり、職場で泣いてしまうのはかなり危険な状態です。

「意地悪な人」「ストレス発散をしてくる人」「パワハラ上司」など、泣きたくなるくらい精神的に追い詰めてくる人がいるのも事実。

そういう人とは物理的に離れることが1番の対策となります。

職場で泣くほど辛い理由②:労働環境が悪すぎる

2つ目は「労働環境が悪すぎる」となります。

労働環境が悪くて、先が見えない状態では涙も出てくるものです。

そして、悪い環境にいればいるほど、その悪い環境に心が染まっていってしまうもの。

本来の自分を見失ってしまう前に行動を起こすことがポイントとなります。

職場で泣くほど辛い理由③:過度なプレッシャー

3つ目は「過度なプレッシャー」です。

仕事のプレッシャーが大きすぎると、精神的に余裕がなくなっていきます。

「ノルマが厳しい」「スケジュールが厳しい」など、心にゆとりを持てない状態が長く続いている場合には要注意。

常にたくさんの仕事を抱え、気がついたら大きく体調を壊す方は多いですので、早めに対策をしましょう。

職場で泣くほど辛い理由④:仕事が上手くいかない

4つ目は「仕事が上手くいかない」です。

職場で泣くほど辛いと感じる理由の中で特に20代の方に多い理由となります。

「仕事でミスをした」「周りと比べて仕事ができない」「仕事が遅い」など、仕事が上手いかないと泣きたくもなります。

たまにであれば全く問題ないですが、慢性的にこのような状態となっている場合には、改善策を取ることが大事です。

無意味なルールは無視しよう!20代の方は気をつけよう!

世の中には無意味なルールがたくさんあります。

特に会社という組織の中には数え切れないくらい、意味がないものが多いです。

職場で泣くほど辛いと感じている20代の方は、無意味なルールを真に受け過ぎかもしれませんよ。

特に今の会社しか働いたことがない20代の方は要注意です。

  • パワハラ上司
  • 職場の人と仲良くならないといけない空気
  • 長時間労働
  • プレッシャーに耐えることが偉い
  • 助けを求めないで一人で仕事をすべき

パワハラ上司

1つ目は「パワハラ上司」です。

上司であれば、偉そうに何でもして良いというルールはありません。

むしろ、本来はみんなのお手本となるような行動を取ることが求められるべきです。

上司からパワハラされている方は、それは当たり前の状態ではありませんよ。

パワハラ上司に並んでいる方は『【嫌いな上司(奴)やパワハラ上司を潰す方法】叩きのめすか距離を取ろう!』にて対処法を紹介していますので、参考にしてみてください。

職場の人と仲良くならないといけない空気

2つ目は「職場の人と仲良くならないといけない空気」です。

職場の人と仲良くできていないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

仲が良い人達をみると、羨ましくなったり、仲間はずれになった気分になりますよね。

ただし、職場の人と仲良くならないといけないというルールはありません。

職場は仕事をする場所なので、必要最低限のコミュニケーションが取れればOKです。

関連記事:職場に馴染めない人の特徴!最低限溶け込むために意識したい7個のこと

長時間労働

3つ目は「長時間労働」です。

体力がある若手だからといって、常に長い時間、働くことが当たり前ではありません。

「サービス残業」「休日出勤」「毎日2時間以上の残業」など、長く働くことが当たり前と思っている方は要注意。

そんな環境は当たり前ではないですので、そんなルールに染まる必要なしですよ。

関連記事:毎日12時間労働は異常。きついと感じるのが普通。【抜け出そう】

プレッシャーに耐えることが偉い

4つ目は「プレッシャーに耐えることが偉い」です。

プレッシャーに耐えてこそ一人前という風潮がありますが、それは適度なプレッシャーを意味します。

「キャパオーバーな仕事」「かなり無理があるスケジュール」などは、適度なプレッシャーの域を超えているもの。

そんなプレッシャーには無理に耐える必要はないですよ。

関連記事:仕事のプレッシャーで潰れる。プレッシャーへの10個の対応策!

助けを求めないで一人で仕事をすべき

5つ目は「助けを求めないで一人で仕事をすべき」です。

一人で問題を解決できるまで仕事をすべきという考えの方がいますが、それは間違い。

仕事が上手く行かなくて職場で泣いてしまう方は、一人で頑張ろうとしすぎているのかもしれません。

仕事は助けを求めながら、効率的に進めていくべきですよ。

関連記事:【仕事が終わらないストレスで泣きそうな方へ】原因と改善策を解説!

20代はまだまだ先が長い。泣くほど辛い職場には見切りをつけよう

真に受けるべきではない無意味なルールを見てきました。

今の会社でしか働いたことがない20代の方は、そんなルールを真に受けすぎないことが大事。

最高なのはルールを無視することですが、ルールを無視できない職場はたくさんあります。

そんな場合には、今の職場を我慢をするのではなく、見切りをつけることも大事ですよ。

20代の方は先が長く、たくさんの選択肢があります。

我慢をすればするほど、年を取り、選択肢はどんどん少なくなっていくもの。

我慢をするのではなく、将来を見据え、新たな職場を探しましょう!

同じ失敗をしないために視野を広げて仕事を探そう

職場で泣くほど辛いと感じている20代の方は、将来を見据えて行動することが大事です。

新たな職場を探すポイントとしては、同じ失敗を繰り返さないように、視野を広げて仕事を探すこと。

職場で泣くほど辛いと感じている20代の方は「やりたいこと」「興味があること」「適性があること」を基準に仕事を選ぶと良いですよ。

「今と同じ業界」「知り合いが働いている業界」だけを検討していては、同じことを繰り返してしまう可能性があります。

視野を広げて、1から仕事を探す気持ちで転職活動をすることがポイント。

以下の3つの適職診断は、1から仕事を探す時に役に立ちますよ。

試す価値のある無料自己分析ツール

無料で「仕事の適性」「向いてる仕事」「あなたの強みや弱み」など、1から仕事を選ぶ際に参考となる情報をゲットできますよ。

転職エージェントの選び方、使い方を詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください!

職場で泣くほど辛い状況は異常

今回は「職場で泣くほど辛い。20代であれば我慢しないで未来を見よう」について見てきました。

職場で泣くほど辛い状況は普通ではありません。

泣いてしまう頻度が高く、その原因が今回紹介した原因の場合には要注意。

20代の方であれば、まだまだ先は長いです。

1年キャリアが遅れてしまうなどは、長い目で見れば本当にどうでも良いこと。

我慢するのではなく、将来を見据えて、その会社に見切りをつけることも大事ですよ。

新しい仕事を探す場合には、今の延長線上ではなく、1から仕事を探すことがポイントとなります。

本格的に転職活動を始める場合には、転職エージェントのサポートを受けることも忘れずにしてくださいね!

あわせて読みたい
気球
【20代に強い】20代におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

続きを見る

あわせて読みたい
上昇するバルーン
【30代に強い】30代におすすめの転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

続きを見る

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.