Carrer up(転職)

仕事のプレッシャーで潰れる。プレッシャーへの10個の対応策!

  • 仕事のプレッシャーが辛い。
  • プレッシャーを感じやすい人の特徴は?
  • プレッシャーを交わすための対応策を知りたい。

今回は、このような悩みや疑問をお持ちの方に向けた記事となります。

仕事のプレッシャーが辛くて悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

ただでさえストレスが多い仕事で、プレッシャーもあると辛い気持ちになりがちです。

最悪の状態となる前にプレッシャーを感じる原因を特定し、対策をすることが大切となります。

今回は「仕事のプレッシャーを交わすための10個の対応策」についてです。

本記事を読めば、プレッシャーを受ける原因、受けやすい人の特徴、プレッシャーを受けることによる悪影響も知ることができます。

目次

仕事でプレッシャーを感じる原因は?代表的な5つの原因

仕事でプレッシャーを感じる原因を見ていきましょう!

代表的な原因は以下の5つとなります。

  • スケジュールが厳しく時間に追われている
  • ゴールが見えず進め方が分からない
  • 職位以上の責任を任されている
  • 問題を抱えているプロジェクト
  • 自分の能力がさらけ出される環境

プレッシャーを感じる原因となる職場で働くことが我慢できない方は、これから紹介する改善策と併せて、以下の記事もご覧くださいね!

仕事でプレッシャーを感じる原因①:スケジュールが厳しく時間に追われている

1つ目の原因は「スケジュールが厳しく時間に追われている」です。

  • 業務量が多くて毎日のように納期がある
  • スケジュールが厳しいプロジェクトを担当している
  • 時間制限のある仕事

「対クライアント」「内部への報告」など、厳しいスケジュールで動かなければならない状況はプレッシャーの原因となります。

仕事でプレッシャーを感じる原因②:ゴールが見えず進め方が分からない

2つ目の原因は「ゴールが見えず進め方が分からない」です。

漠然とした不安がある状態での仕事もプレッシャーの原因となります。

  • 初めての仕事
  • チャレンジングな仕事
  • 引き継ぎが中途半端などの状況が見えない仕事

ゴールまでの進め方が見えていないと不安は大きくなり、プレッシャーを感じるようになるものです。

仕事でプレッシャーを感じる原因③:職位以上の責任を任されている

3つ目の原因は「職位以上の責任を任されている」です。

キャパオーバーな仕事もプレッシャーの原因となります。

  • 人が足りていない職場
  • 上司が仕事をしない職場
  • キャパオーバーの仕事を押し付ける職場

無理やり職位以上の責任を任されている場合には、プレッシャーの大きな原因となります。

仕事でプレッシャーを感じる原因④:問題を抱えているプロジェクト

4つ目の原因は「問題を抱えているプロジェクト」です。

問題を抱えているプロジェクトを担当している場合もプレッシャーを感じることとなります。

  • まだバレていないけど、自分がミスをしている可能性がある
  • クライアントの癖が強い
  • 上司と上手くコミュニケーションが取れない

問題を抱えているプロジェクトが続く限り、ずっとプレッシャーを感じることになりますね。

仕事でプレッシャーを感じる原因⑤:自分の能力がさらけ出される環境

5つ目の原因は「自分の能力がさらけ出される環境」です。

ごまかしながらやってきた人にとっては、自分の能力がばれてしまう環境もプレッシャーとなります。

  • 難しめの仕事を頼まれた
  • スピード感を求められる仕事を頼まれた
  • 上司や先輩が仕事を監視してくる

同期や優しい先輩などに頼ることができず、本来の自分の能力をさらけ出さないといけない場面では、プレッシャーを感じてしまうものです。

仕事でプレッシャーを感じやすい人は?代表的な5つの特徴

仕事でプレッシャーを感じやすい人の特徴を見ていきましょう!

代表的な特徴は以下の5つ。

  • 責任感が強くて真面目
  • 心配性でリスクを想定できる
  • 周りからの評価を過剰に気にしている
  • 固定概念が強すぎる
  • 人に頼ることをせずに一人で仕事を抱えてしまう

①責任感が強くて真面目

特徴の1つ目は「責任感が強くて真面目」です。

「仕事に対してまじめ」「完璧主義者」「周りの期待に応えたい気持ちが強い」など、責任感が強い方はプレッシャーを感じやすいもの。

自分で自分を追い込みがちな人は要注意ですよ。

②心配性でリスクを想定できる

特徴の2つ目は「心配性でリスクを想定できる」となります。

「悪い想定ができてしまう」「過度に心配しすぎる」など、心配性で仕事ができる方はプレッシャーを感じやすいもの。

いろいろなリスクを考えて不安になってしまう方は、プレッシャー対策必須ですよ。

③周りからの評価を過剰に気にしている

特徴の3つ目は「周りからの評価を過剰に気にしている」となります。

「ミスしたらどうしよう」「昇進できなかったら嫌だ」「社内での評価が気になる」など、周りからの評価を過剰に気にしている方はプレッシャーを感じやすいもの。

周りの目を気にしすぎる人は要注意ですよ。

④固定概念が強すぎる

特徴の4つ目は「固定概念が強すぎる」となります。

「仕事にこだわりがある」「自分ルールが多い」「理想が高すぎる」など、こうすべきだとと考えがちな方はプレッシャーを感じやすいもの。

固定概念が強く、そこから外れた行動を取ることを恥ずかしく感じてしまう方はプレッシャー対策必須です。

⑤人に頼ることをせずに一人で仕事を抱えてしまう

特徴の5つ目は「人に頼ることをせずに一人で仕事を抱えてしまう」となります。

「相談できない」「お願いできない」「仕事を断れない」など、人に頼ることをせずに一人で仕事を抱えてしまう方はプレッシャーを感じやすいもの。

常に一人で仕事を抱えている方は要注意ですよ。

仕事でプレッシャーを感じる悪影響は?代表的な5つの悪影響

仕事でプレッシャーを感じる悪影響を見ていきましょう!

代表的な悪影響は以下の5つとなります。

  • 落ち着いて仕事ができなくなり、ミスが増える
  • 焦る気持ちからイライラしてしまう
  • 仕事が気になり、睡眠不足や食欲不振になる
  • やる気がなくなり会社に行きたくなくなる
  • 精神的な不調やうつ病につながる

①落ち着いて仕事ができなくなり、ミスが増える

1つ目の悪影響は「落ち着いて仕事ができなくなり、ミスが増える」です。

過度なプレッシャーを受けると、何かに追われている感じがして、落ち着いて仕事ができなくなるもの。

普段のパフォーマンスを発揮することは難しくなります。

「ミスが増える」→「さらに仕事が増える」→「さらに落ち着かなくなる」という悪循環に陥ってしまうのです。

②焦る気持ちからイライラしてしまう

2つ目の悪影響は「焦る気持ちからイライラしてしまう」です。

プレッシャーを受けると焦ってしまい、冷静な判断ができなくなくなるもの。

過度なプレッシャーは「ついイライラしてしまい人に当たってしまう」「人間関係が悪くなる」などの悪影響があります。

③仕事が気になり、睡眠不足や食欲不振になる

3つ目の悪影響は「仕事が気になり、睡眠不足や食欲不振になる」となります。

仕事が気になってしまい「思うように眠れない」「仕事の夢を見て起きてしまう」「食欲がなくなる」という方は多いです。

睡眠不足、食欲不振が続く場合には、早めに改善する必要があります。

④やる気がなくなり会社に行きたくなくなる

4つ目の悪影響は「やる気がなくなり会社に行きたくなくなる」となります。

適度なプレッシャーはやる気を上げてくれるものですが、過度なプレッシャーはやる気がなくなっていくことが多いです。

やる気がなくなっていき、会社に行きたくない場合には、プレッシャーの悪影響をかなり受けてしまっている状態です。

⑤精神的な不調やうつ病につながる

5つ目の悪影響は「精神的な不調やうつ病につながる」です。

「生活習慣」「体調面」「精神面」に変化があり、その状態が続くと、精神的な不調やうつ病につながる可能性があります。

一度、精神面で体調を崩すと、治るまでに多くの時間がかかるもの。

プレッシャーを交わすことができるように、早めに対策をすることが重要です。

仕事のプレッシャーを交わすための対策法!

仕事のプレッシャーを交わすための対策法を見ていきましょう!

時間に追われている場合には業務量の調整をしよう

スケジュールが厳しく時間に追われている場合には、業務量の調整を試みましょう。

「新しい仕事は断る」「仕事の一部を剥がしてもらう」など、少しでも仕事が少なくなるように行動することが大切。

業務量が減れば、一気にプレッシャーから開放されますよ。

ゴールが見えない場合には、疑問点や問題点はすぐに報告しよう

ゴールが見えない場合には、疑問点や問題点はすぐに上司に報告し、余計な不安は消しましょう。

「次に何をしたらよいか分からない」「疑問点がある」「問題点を見つけた」場合には、自分でボールを持たず、上司にボールを投げるのです。

自分にボールがある状態を少なくすることで、プレッシャーを少なくすることができますよ。

職位以上の責任を任されている場合には、周りに知ってもらおう

職位以上の仕事を無理やり任される場合には、それを周りの人に知ってもらうことが大事です。

上司は自分の評判が悪くなることを恐れ、無理に仕事を押し付けてこなくなります。

優しい人が助けてくれたり、周りが評価してくれることもありますので、周りに知ってもらいましょう。

問題を抱えている仕事の場合には、問題点を書き出し一つ一つ解決していこう

問題ある業務を任されプレッシャーを感じている場合には、まずは問題点を洗い出していきましょう。

「問題が起きそうで嫌だな」と漠然とした不安感を抱えているだけでは、何も改善していかないものです。

問題点を一つ一つ潰していき、漠然とした不安感をなくしていきましょう。

自分の能力がさらけ出される環境である場合には、ありのままの自分を見てもらおう

能力がばれる場面でプレッシャーを感じている場合には、ごまかすのではなく、ありのままの自分を見てもらいましょう。

そこで仕事ができないと思われても仕方がないこと。

そこでの評価が続くわけではないですので、今できることを集中してやることが大事です。

責任感が強くて真面目な人は、仕事を楽観的に考えよう

責任感が強すぎてプレッシャーを感じてしまう方は、楽に仕事をしていく気持ちを持つことが大事です。

生活のためだけに仕事をしている方もたくさんおり、みんなが責任感を強くもって仕事をしているわけではありません。

一人だけ責任感が強いと、「周りからの期待」「仕事が頼まれやすい」など、プレッシャーを受けやすくなるもの。

仕事を適当にするくらいの気持ちを持ちましょう!

関連記事:仕事なんて適当で良い10個の理由とコツ!適当なのに評価される人を目指そう

心配性でリスクを想定できる人は、完璧な仕事などないと割り切ろう

心配性でリスクが見えてしまう人は、「リスクがない業務」「問題がない業務」なんて存在しないと割り切りましょう。

多くの仕事が完璧のように見えますが、実態は「問題はあるけどどうにかなる」という感じで進んでいくもの。

「なんとなく進んでいく」「勢いで決定される」は良くあることだと認識し、小さなリスクには目を向けないことが大事です。

周りからの評価を過剰に気にしている人は、短期的な評価を気にしない

周りからの評価を過剰に気にしている人は、短期的な評価を気にするのは辞めましょう。

昇進が1年遅れたとしても、長い人生の中で見てみればどうでも良いこと。

3年目の評価が1番低かった人が、10年目には1番評価されているのは良くある話。

評価は長年かけてされるものですので、周りを気にするよりも自分に軸を持ち、行動することが大事ですよ。

固定概念が強すぎる人は、色んな意見を受け入れるようにしよう

固定概念が強く、自分を自分で縛っている人は、色んな意見を受け入れることが大事。

「仕事はこうすべきだ」「自分はこうしなければいけない」という考えは捨てましょう。

頭を柔らかくして、自分で自分を縛らないことが大事。

例えば、「仕事は残業してでも終わらせるべきだ」「分からないことは何時間かけても自分で調べるべきだ」は必ずしも正解ではないですよ。

人に頼ることをせずに一人で仕事を抱えてしまう人は、周りの人に頼ろう

人に頼ることをせずに一人で仕事を抱えてしまう人は、周りの人に頼ってみましょう

「助けてくれる」「責任も軽くなる」「業務量も減る」など、人に頼ることにより、プレッシャーを軽減できます。

難しい業務を一人で抱えていることほどプレッシャーを感じることはないです。

誰かに頼ることは恥ずかしいことではありませんので、一人で業務を抱えないようにしていきましょう。

それでもプレッシャーを感じる場合には仕事を変えよう

今回は、「仕事のプレッシャーで潰れる。プレッシャーへの10個の対応策」を紹介しました。

仕事のプレッシャーは適度であれば問題ないですが、過度な場合には対策が必要。

もっと楽に仕事ができるように対策していきましょう。

それでも改善ができない場合には、思い切って仕事を変えるのも有効な手です。

プレッシャーが少ない環境下でのびのび仕事をしている人はたくさんいます。

今の仕事に固執することなく、自分に合う仕事を見つけていきましょう!

関連記事
気球
【20代に強い】20代におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

続きを見る

関連記事
上昇するバルーン
【30代に強い】30代におすすめの転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

続きを見る

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.