Carrer up(転職)

【仕事をしばらく休みたい】状況に応じた休み方と休むべき理由を解説!

  • 仕事で疲れが溜まっている。
  • 精神的に疲れているので、仕事をしばらく休みたい。
  • しばらく休む方法を知りたい。

今回は、このような悩みをお持ちの方に向けた記事となります。

仕事をしばらく休みたいと思う方は多いのではないでしょうか?

「仕事をしばらく休みたい」と強く考えてしまう状況は、かなりの疲労が溜まっている状況です。

そんな場合には、無理をするのではなく、しばらく休むことも大事。

今回は「仕事をしばらく休みたい場合に気をつけるべきこと」をお伝えします。

本記事を読めば、無理しないほうが良い理由、仕事をしばらく休むための方法を知ることができます。

仕事をしばらく休みたい時は無理しないほうが良い理由

仕事をしばらく休みたいと強く思う状況は、身体や心からのSOSのサインかもしれません。

毎日の疲労やストレスが溜まり、限界が近いことが考えられます。

しばらく休みたい時は無理せずに、そのサインを受け入れることが大事です。

無理しないほうが良い理由は、以下のとおりとなります。

  • 大きく体調を壊すことを防ぐことができる
  • 冷静な判断ができるようになる
  • 業務量を抑えられる

①大きく体調を壊すことを防ぐことができる

無理しないほうが良い1つ目の理由は「大きく体調を壊すことを防ぐことができる」となります。

仕事をしばらく休みたいと思っている時点で、かなりの疲労が溜まっている証拠。

疲労の蓄積が限界に達してしまうと、体調を大きく壊してしまう可能性があります。

一度、大きく壊してしまうと、元の状態へ戻るまでには、想像以上に多くの時間が必要です。

SOSのサインを見逃さないで、しばらく休むことにより、体調を大きく壊すことを防ぐことができます。

②冷静な判断ができるようになる

無理しないほうが良い2つ目の理由は「冷静な判断ができるようになる」となります。

仕事をしばらく休みたい状態で毎日の仕事に追われていては、冷静な判断はできないもの。

  • 仕事よりも自分を大切にすべき
  • 体調を大きく壊してまで働くべきではない
  • 一つの会社に縛られることはない

上記は冷静に考えれば分かることです。

働き続けていると、頭では分かっていても行動に移すことが難しいため、結果として、大きく体調を崩してしまうことがあります。

③業務量を抑えられる

無理しないほうが良い3つ目の理由は「業務量を抑えられる」となります。

業務量が多いことが原因で病んでしまう方は多いです。

「業務量の調整ができない」など、小手先ではどうにもならない場合もあります。

しばらく仕事を休むことにより、物理的に業務量を抑えることが可能となるのです。

気持ちを無視して、仕事を無理して続けるリスク

しばらく休みたいという気持ちを無視して、無理して働き続けると以下のようなリスクがあります。

  • 精神的な疲労が溜まり、うつ病などになってしまう
  • 本来の自分を見失ってしまう

精神的な疲労が溜まり、うつ病などになってしまう

1つ目のリスクは「精神的な疲労が溜まり、うつ病になってしまう」です。

仕事を無理して続けた結果、うつ病となってしまう方は決して少なくありません。

しばらく仕事を休みたいと強く思っている方は、既に危険と認識することが大事。

一度休み、冷静に判断できる時間を設けることがポイントです。

本来の自分を見失ってしまう

2つ目のリスクは「本来の自分を見失ってしまう」です。

しばらく仕事を休みたいと思えることは、心や身体からのSOSを出せている証拠。

この段階を越えてしまうと、SOSすら出せなくなる可能性があります。

「友人や家族との時間」「やりたいことをやる時間」なども楽しめない状況となり、どんどん本来の自分を見失っていくのです。

一度休んで、自分のための時間を確保することは大切となります。

仕事をしばらく休む方法

仕事をしばらく休む方法を見ていきましょう!

以下の3パターンに分けて、休む方法をみていきます。

  • 疲れや体調不良で1日だけ休みたい場合
  • 1週間くらいリフレッシュしたい場合
  • 精神的に疲れていて仕事を休みたい場合

疲れや体調不良で1日だけ休みたい場合

仕事で忙しい日々が続くと、1日だけ休みたいと思うことは良くあることです。

そんな時は1日だけ休んでしまいましょう。

1日だけ休むのであれば、理由は急用がベスト。

休む連絡をする際のポイントは以下の3つです。

  • 仕事を心配しているアピール
  • 翌日も気を抜かない
  • 過度に迷惑をかけないタイミングで休む

ズル休みのような感じで、ふらっと1日休むと、とてもリラックスできます。

1日だけ休みたい方は『 会社を休む理由は急用が1番?使っては駄目な理由とおすすめの理由 』を参考にしてみて下さい。

1週間くらいリフレッシュしたい場合

1週間くらいリフレッシュしたい場合には、有給を取り、リフレッシュしましょう。

有給は与えられている権利ですので、積極的に利用していくことが大事です。

「有給を取ってはいけない空気」「上司が有給を認めない」などは、本来はおかしいこと。

タイミングを相談する必要はありますが、有給が取れないのは異常です。

有給が取れないと悩んでいる方は『 仕事を休めない代わりがいない職場は異常!もっと楽な環境で働こう!』を参考にしてみて下さいね。

精神的な疲れていて仕事を休みたい場合

精神的に疲れていてしばらく仕事を休みたい場合には、休職という選択肢もあります。

休職であれば、仕事のことを気にせずにしっかりと休むことが可能。

休職すべきか迷っている方は、以下の手順を参考にしてみてください。

①うつの兆候の有無を確認

まずは、うつの兆候の有無を確認しましょう。

  1. 物事に対してほとんど興味がない、または楽しめない
  2. 気分が落ち込む、憂うつになる
  3. 寝付きが悪い、または逆に眠り過ぎる
  4. 疲れた感じがする、または気力がない
  5. あまり食欲がない、または食べ過ぎる

簡易抑うつ症状尺度」によると、上記はうつ病のサインとなる可能性があるものです。

気になる症状がある場合には、早めに専門家に診断してもらうことをおすすめします。

②医療機関を受診

うつの兆候がある場合や何かがおかしいと感じる場合には、早めに医療機関を受診しましょう。

心療内科、精神科などがある医療機関で診断してもらうことが可能です。

メンタルヘルス、メンタルクリニックなどの医療機関でも受診ができます。

休職を取るためには診断書が必要となりますので、そういう意味でも早めに医療機関を受診しておきましょう。

③休職する

ほとんどの会社では、診断書があれば休職することが可能となります。

休職を取る場合には、以下のステップを踏むようにしましょう。

  • 就業規則の休職の規程を確認
  • 診断書を出してもらう
  • 上司に相談し、休職をお願いする
  • 傷病手当について調べる

休職の間、給料が出ない場合には、傷病手当を申請することができます。

詳細は「全国健康保険協会」に記載されていますが、医師の意見書、その他一定の条件が揃えば、月額給料の約2/3を受けとることができるイメージです。

お金がネックとなり、休めないと感じている方は、事前にセーフティーネットを確認しておきましょう。

人生は長い。周りを気にせず、自分を大切に

休職をすると「皆から白い目で見られる」「周りにおいていかれる」「昇進が遅れる」などの理由により、無理をして仕事を続ける方は多いです。

このように考えてしまうのは冷静な判断ができていない証拠。

人生は長いですので、少しだけ周りから遅れたくらいであれば、すぐに挽回可能です。

そして、1番大切なのは周りにどう見られているのかではなく、自分自身となります。

自分自身を1番大切に考えて行動していきましょう!

しばらく休んでいる間に転職について調べておこう!

しばらく休んだとしても、根本的な原因が会社にある場合には、同じことが起こる可能性があります。

ですので、「しばらく休む」だけではなく、職場を変えるという解決策を考えておくことも重要です。

職場を変えれば、業務量や人間関係など、全てを1からスタートできます。

今の仕事に不満がない方以外は、職場を変える選択肢を持てるようになるために、まずは転職エージェントへ相談をしてみましょう。

転職エージェントを活用すれば、あなたと同じような悩みを解決、サポート経験があるエージェントが相談に乗ってくれます。

サービスは全て無料で受けられますので、希望に当てはまる求人があるかを相談してみるところからスタートしてみましょう。

相談したい方が検討すべきエージェント

doda
【公式サイト】doda
ベンチャー〜有名企業まで、幅広い求人が特徴です。万全のサポート体制で転職を支援してくれます。まずは相談をしたい方、求人を探したい方は登録必須。

パソナキャリア
【公式サイト】パソナキャリア
親切なサポートが評判のエージェントです。親身になって転職活動をサポートしてくれるため、転職が初めての方でも安心。相談をしたい方は上記サイトとの併用がおすすめです。

マイナビジョブ
【公式サイト】マイナビジョブ20's
転職をしたい20代の方は利用必須のエージェントです。「まずは相談をしたい方」は登録しておきましょう。他サイトとの併用がおすすめとなります。

リクルートエージェント
【公式サイト】リクルートエージェント
求人数を多く保有し、上場企業からのオファーも豊富です。相談をしたい方、求人を探したい方は登録しておきたいエージェントととなります。

利用すべき転職エージェントについて、より詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください!

あわせて読みたい
気球
【20代に強い】20代におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式で比較解説!

続きを見る

あわせて読みたい
上昇するバルーン
【30代に強い】30代におすすめの転職エージェント・サイトランキング【徹底比較解説】

続きを見る

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.