Carrer up(転職)

社会人・会社員に向いていない?特徴とおすすめの選択肢を知ろう!

コーヒーを飲みながら歩く女性
  • 社会人に向いていないと感じている。
  • 社会人・会社員に向いていない人の特徴を知りたい。
  • 社会人に向いていない人がすべきこと、選択肢を教えてほしい。

今回は、このような悩みをお持ちの方に向けた記事となります。

社会人や会社員に向いていないのではないか?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

「40年間もサラリーマンとして働き続けるなんて無理」と思う方は決して少なくありません。

このように感じている方の中には、「何をすれば良いのか分からない」という方も多いでしょう。

今回は、「社会人に向いていない方の特徴・向いていない場合にすべきこと」をお伝えします。

今回の記事を読めば、「社会人に向いているのかどうか」「向いていない場合の選択肢」を知ることができますよ。

社会人・サラリーマンに向いていないと感じる人は多い

お風呂で悩む女性

「社会人・サラリーマンに向いていない」と感じている人は珍しくありません。

これは多くの方に問題があるという話ではなく、社会人の代表格であるサラリーマンという働き方に問題があるためです。

  • サラリーマンとしての働き方には合う合わないがある
  • サラリーマンとしての働き方にはデメリットがある
  • 終身雇用崩壊などでサラリーマンのメリットが薄れてきた
  • サラリーマン以外の働き方が増えてきた
  • 価値観の多様性により、サラリーマンが当たり前ではなくなりつつある

上記のとおり、社会人・サラリーマンは人によって、合う合わないがあります。

サラリーマンという選択肢しかなかった時代に比べ、多くの選択肢が増えたことにより、合わないということに気がつく人が増えてきたのです。

社会人・サラリーマンに合わないと感じることはおかしなことではありませんよ。

問題点としては、「合わないと感じているのに何も行動を起こさない」「合わないかどうか分からないまま働き続け、ストレスが溜まってしまう」こと。

これから紹介する社会人・サラリーマンに向いていない人の特徴をみて、判断してみてくださいね。

向いていないと感じた場合には、「取るべき行動」もチェックしていきましょう!

社会人・サラリーマンに向いていない人の特徴

社会人・サラリーマンに向いていない人の特徴を見ていきましょう!

10個の特徴は以下のとおりです。

  1. 自由に好きなように働きたい
  2. 会社のルールが煩わしい
  3. やりたいことが明確にある
  4. 時間に縛られたくない
  5. 組織としての無駄が嫌い
  6. 組織よりも個人で仕事がしたい
  7. コミュニケーションが得意ではない
  8. 会社内で起こる不条理に耐えられない
  9. 理不尽なことに我慢ができない
  10. 忠誠心ゼロ・やる気ゼロ

一つずつ見ていけば、向いているのかどうか判断をすることができます。

以下10個の特徴では、典型的なサラリーマンのことを社会人と表現していきますね。

①自由に好きなように働きたい

自由になりたい女性ビーチ

「自由に好きなように働きたい」という方は社会人に向いていません。

会社で働いている以上、以下のようなことは自分で決められないことがほとんどです。

  • 業務内容
  • 取引相手であるお客さん
  • 一緒に仕事をする人

やりたくない業務をやらないようにすることは難しいですし、取引相手・一緒に働くメンバーを好きなように選ぶことは不可能です。

会社で働く以上、自由は制限されます。

「嫌いな業務であっても我慢して続ける」をしたくない方は、社会人には向いてないと言えますね。

②会社のルールが煩わしい

オフィスで女性が指示している

「会社のルールが煩わしい」という方も社会人に向いていないと言えるでしょう。

会社の一員として働く以上、社内のルールを遵守する必要があります。

社内ルール、慣習の中には、意味がわからないルール、慣習がたくさんあるのも事実。

ルールが気にならないという方も多いですが、気になる方にとっては意味のないルールに縛られることは苦痛に感じるものです。

意味のわからないルールを守れないだけで、仕事ができないというレッテルを貼られてしまうことも良くありますね。

③やりたいことが明確にある

ビジョン

「やりたいことが明確にある」も社会人に向いていない方に挙げられます。

将来の夢が会社の中で実現できるものであれば良いですが、そうでない場合には、会社で働き続ける意義を見出すことは難しいです。

一度、会社の時間が無駄だと思うようになってくると、会社で働くことからどんどん気持ちが離れていきます。

人生一度切り。

目標を追いかけることなく、社会人のままで良いのか自問自答している方は、勇気を持って立ち止まり、一度、考えてみてはいかがでしょうか。

④時間に縛られたくない

腕時計をみる働く女性

「時間に縛られたくない」という方も社会人に向いていません。

多くの会社では、就業時間が決められており、決まった時間に働くというシステムになっています。

  • 毎朝、決まった時間に起きたくない
  • 1日の業務時間を決められたくない
  • 自由に休憩し、自由にランチを取りたい
  • 好きな時に休みたい

上記のような方は多いのではないでしょうか?

時間に縛られたくない方からすると、人生の大半の時間をコントロールされてしまう働き方は、人生を縛られているのと同じ。

このような方は社会人に向いていないと言えますね。

⑤組織としての無駄が嫌い

ゴミ箱時間の無駄使い

「組織としての無駄が嫌い」という方も社会人に向いていないと言えるでしょう。

組織と個人では、組織として働くほうが圧倒的に無駄が多くなります。

  • 無駄な会議
  • 上司に説明するための無駄な資料作り
  • 無駄な飲み会
  • 形式的な無駄な連絡

挙げたらキリがありませんが、本当に無駄なことが多いです。

こういう無駄に付き合いきれないと感じている方は社会人に向いていないですね。

⑥組織よりも個人で仕事がしたい

目標を持つ女性

「組織よりも個人で仕事がしたい」という方も社会人に向いていない方に挙げられます。

サラリーマンとして働くということは、組織の一員として、上司の元で働くということ。

  • 自分のペースで仕事がしたい
  • 自分がやりたくないことはなるべくやりたくない
  • 指示されるのが嫌い

「成長に繋がらない業務」「同じことを繰り返す業務」など、色々なことをやらなければなりません。

組織よりも個人を優先という方は、サラリーマンに向いていないと言えるでしょう。

⑦コミュニケーションが得意ではない

パソコンコミュニケーション

「コミュニケーションが得意ではない」という方も社会人に向いていません。

これに当てはまる方は多いのではないでしょうか?

  • コミュニケーションが苦手で緊張してしまう
  • 人間関係に疲れやすく、病みやすい
  • 年功序列の感じが嫌だ
  • 組織上の人間関係が面倒くさい

上記のような方は、気がついてないかもしれませんが、必要以上のストレスを抱えながら、仕事をしている可能性があります。

人間関係の悩みは多くの方が抱えている悩みですね。

⑧会社内で起こる不条理に耐えられない

不満そうな猫

「会社内で起こる不条理に耐えられない」という方も社会人に向いていないと言えるでしょう。

会社では不条理のことが起こります。

  • 個人としては成果を出したのにボーナスが急にカットされる
  • トップの一言で社内ルールが改悪される
  • 社内政治

会社で働く以上、ほとんどのことについて決定権は会社にあります。

意味がわからない決定に従いたくないという方は社会人に向いていないのです。

⑨理不尽なことに我慢ができない

ストレスを抱えるビジネスマン

「理不尽なことに我慢ができない」という方も社会人に向いていません。

会社で働くということは、理不尽の中で働くということ。

  • 上司の機嫌が悪くて、理由もなく怒られる
  • 期限ギリギリになって、仕事を押し付けられる
  • 上司の言うことがいつも違う

書き出そうとすれば、いくらでも理不尽なことが思い浮かぶという方も多いのではないでしょうか?

これらの理不尽に我慢できる忍耐力のある方は、社会人に向いていると言えますね。

⑩会社に対する忠誠心ゼロ・やる気ゼロ

手でゼロのポーズをとる女性

「会社に対する忠誠心ゼロ・やる気ゼロ」という方も社会人に向いていない方に挙げられます。

忠誠心もやる気もゼロの場合には、無理に会社にしがみつくよりも、違う道を歩んだほうが良いと思います。

  • 会社をいつクビになっても良い
  • 会社での仕事や評価に一切興味がない
  • 会社のためにという気持ちが1ミリもない

このような方は、社会人に向いていないといえるでしょう。

違う道に進むことを計画的に検討することをおすすめします。

社会人に向いていないと思っても大丈夫

スマイル風船

社会人・会社員に向いていない人の特徴を見てきました。

「特徴に当てはまる」=「やばい」ではないですので、安心してくださいね。

特徴に当てはまった場合には、以下のどちらなのかを見ていく必要があります。

  1. 今の職場が自分に合っていないだけ?
  2. サラリーマンとして働くことに向いていない?

上記の2ステップで確認していきましょう!

①今の職場が自分に合っていないだけ?

実は、社会人・会社員に向いていない人の特徴に当てはまった大半の方は、「今の職場が合っていないだけ」という可能性があります。

環境や職場が合わないと、どうしてもネガティブな気持ちになりがち。

環境や職種を変えることにより、「社会人に向いていないかも」という悩みは消えていくでしょう。

1. まずは無料適職チェック!

どんな業種や職場環境に向いているのかを知ることがスタートとなります。

簡単に知ることができる方法として、無料の適職チェックがおすすめです。

おすすめの無料適職チェック

今の会社が自分に合っているかどうかを本気で知りたいという方は、2つの無料チェックを受けてみましょう!

少しだ気になるという方は、1つだけ受けてみてくださいね。

2. 転職エージェントを活用して、自分に合う会社を見つけよう!

自分に合う業種や環境がなんとなく見えてきたら、転職候補となる会社を探してみましょう。

簡単には見つからないですので、すぐに転職する気がなくても、探し始めることがおすすめです。

探す方法としては、転職エージェントを活用する方法が1番。

膨大のデータを持っていますので、あなたに合った転職候補となる会社を見つけてくれますよ。

おすすめの転職エージェント

doda
【公式サイト】doda
幅広くて豊富な求人が魅力。ベンチャー〜有名企業まで。手厚いサポートであなたの転職を支援!

 

リクルートエージェント
【公式サイト】リクルートエージェント
業界トップクラスの求人数。有名企業からのオファーも多数。内定実績No.1。転職の可能性が広がる!

 

マイナビジョブ
【公式サイト】マイナビジョブ20's
転職を経験したことがない方におすすめ。20代の方は上記のサイトと併用必須!

 

転職エージェントは無料で利用できますので、複数のエージェントを使いながら、候補となる会社を見つけていくことが効果的ですよ。

dodaであれば、適職診断の結果に基づいたアドバイスをもらえますので、さらに効果的に用できますよ。

②サラリーマンとして働くことに向いていない場合

働く女性

サラリーマンとして働くことに向いていない場合でも大丈夫です。

一昔前では考えられないことですが、今ではたくさんの選択肢があります。

  • 会社員ではなくフリーランスとして生きる
  • 思い切って起業する
  • ITやWeb業界など、比較的自由な業界で働けるスキルをつける

1. 会社員ではなくフリーランスとして生きる

1つ目は「会社員ではなくフリーランスとして生きる」です。

終身雇用が崩壊している今、フリーランス人口はますます増えていくと言われています。

企業側としても、大勢の正社員を抱えるのは大きなリスク。

フリーランスであれば、必要な時に必要な分だけ仕事をお願いすることができます。

「ライター」「デザイナー」「マーケター」「SE」「動画編集」など、フリーランスに向いているスキルを身につけることから初めてみては如何でしょうか?

2. 思い切って起業する

2つ目は「思い切って起業する」です。

一昔前と比べると、個人でビジネスを始めること簡単な時代となりました。

ネット上で多くのサービスを無料で使用できるため、低コストで起業することが可能。

また、一部の仕事をフリーランスの方などに外注することも簡単にできますので、何から何まで全てを一人で把握しなくても大丈夫です。

「やりたいことがある」「自由に生きたい」という方は、起業も視野に入れてみては如何でしょうか?

3. ITやWeb業界など、比較的自由な業界で働けるスキルをつける

3つ目は「ITやWeb業界など、比較的自由な業界で働けるスキルをつける」です。

古臭くない業界であれば、働きやすいと感じる方もいるはずです。

  • 服装自由
  • リモートワークOK
  • フレックス勤務

上記のように自由度が高い会社で働くということも選択肢に入れてみましょう。

IT業界やWeb業界は、比較的自由度が高い業界と言われていますよ。

転職エージェントに相談することにより、自由度の高い業界や会社を紹介してもらうことも可能ですので、積極的に利用してみましょう!

社会人に向いていないと感じても心配なし

ノープロブレム問題なし

今回は、「社会人に向いていない方の特徴・向いていない場合にすべきこと」をお伝えしました。

社会人に向いていないと感じても心配なしです。

注意点としては、「社会人に向いていない」と感じているにもかかわらず、そのままにしておくこと。

「ストレスが溜まる」「自己肯定感が下がる」「将来の可能性が狭まる」など、良くないことがたくさんあります。

放置はダメ。

今の環境が合っていないだけなのか?サラリーマンに向かないのか?を早めに確認して、計画的に方向転換をしていくことが大切ですよ。

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2022 All Rights Reserved.