Carrer up(転職)

転職活動はやめるべき?コロナ禍における転職戦略はどうするべきか

  • コロナの影響で大不況が来ると言われているけど、転職活動はどうしよう?
  • 続けるべきかな?それとも辞めるべきかな?
  • まだ始めていない場合には、このまま待っていればよいのかな。

今回は、このような疑問をお持ちの方に向けての記事となります。

「転職活動を始めようと思っていた」「転職活動中」などの多くの方が、コロナの影響を受けていますね。

僕の回りでも、コロナがどの程度、転職活動に影響を及ぼすのかを心配している方がたくさんいますね。

そして、コロナ騒動は、当初の予想されていたよりも遥かに長引き、転職活動への影響は一時的なものとはいえない状況です。

こんな時だからこそ、転職についてしっかりと考え、戦略を立てることが重要となってきますよ。

今回は、コロナ禍における転職活動をすべきかどうか、転職戦略について、記載します。

今回の記事は、僕の今までの転職活動の経験、転職エージェントの方・ヘッドハンティングの方からの情報、そして、転職エージェントとして活躍している知人の話を参考にしながら、お伝えします。

コロナ禍での転職戦略をまだ真剣に考えたことがない方には、参考になるはずです!


本記事の内容

  • 転職活動中の方はやめるべき?
  • 転職活動をしていない方はいつ始めるべき?
  • コロナ禍における転職戦略

コロナ禍において転職活動中の方は辞めるべき?

転職活動をしている最中にこのコロナ騒動が起きてしまい、転職活動を辞めるべきかどうか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

僕のまわりでも、転職活動を続けるべきか、辞めるべきかなど、迷っている方がたくさんいますね。

転職活動中の方は辞めるべきかどうか?答えは「続けるべき」です。

続けるべき理由とポイントは以下のとおりなります。

  • 転職は椅子取りゲーム
  • 自分で積極的に動くのはやめよう

転職は椅子取りゲーム

転職は椅子取りゲームです。

あなたがいくら優秀であっても、あなたの行きたい会社に空きが出ないかぎり、転職をすることはできませんね。

この椅子取りゲームは、あなたが気づくか気づかないのかは関係なく、会社に空きが出ればスタートし、空きが埋まれば終了します。

椅子取りゲームは突然開始し、すぐに音楽が鳴り止むのです。

ポイント

転職活動を続けていないと、あなたが行きたい会社が椅子取りゲームを開始しているのかどうかすら知ることができませんので、転職活動は続け、情報収集し、いつでも椅子取りゲームに参加できるようにしておくことが大事ですね。

自分で積極的に動くのはやめよう

転職活動は椅子取りゲームであるため、コロナ禍であっても継続したほうが良いですが、押さえておきたいポイントがあります。

それは「自分で積極的に動くのはやめよう」ということ。

コロナによる経済への影響はとても大きいため、コロナの影響は転職者には逆風となりますね。

このような逆風の中では、通常時の5倍頑張っても成果は半分なんてことが、どんな分野でも良くあることですね。

コロナ禍における転職は、エージェントに任せ、腰を据えて、じっくりと椅子取りゲームが始まるのを待つくらいの気持ちが大事ですよ。

頑張っても成果が出ない可能性を頭に入れ、まずはエージェントに動いてもらいましょう。

20代の方は「20代で転職に迷うなら転職したほうが良い理由・おすすめエージェント」でおすすめの転職エージェントを紹介してますので、参考にしてみてくださいね。

転職エージェントに断られた経験がある方は「転職エージェントに2度断られたけど転職して年収アップできた理由」で断られにくい転職エージェントを紹介していますので、チェックしてみてくださいね!

転職活動をしていない方は始めたほうが良い?

コロナの影響が不安になってきたので、転職活動を始めたいという話をちらほら聞く機会が増えてきました。

そんな中で、どのような状況になったら転職活動を始めるべきなのか? ポイントは以下の2つです。

  • 経営状況は大丈夫かどうか
  • 在宅勤務などへの対応ができているか

経営状況

「コロナによる不況なんて自分には関係ない」と考えている方も多いと思いますが、コロナによる不況の影響は、一部の方にとどまらず、ほとんどの方に及ぶ可能性が高いです。

気づいたら会社が倒産、気づいたらクビ、気づいたらボーナスカット、気づいたら給与カット...ということは、誰にでも起きる可能性がありますね。

自分の会社の経営状況が本当に大丈夫なのか?という視点で会社の情報に目を通すようにすると良いですよ。

会社からの何気ないメールなどに、ヒントが隠されていたり、取引先の態度が少し変わったり、ささいな変化を見逃さないようにするのです。

感じ取るのは簡単ではないですが、ヤバイと少しでも感じたら、転職活動を始めたほうが良いタイミングですね。

在宅勤務などへの対応

コロナ感染拡大を抑制するために、在宅勤務が強く求められています。

そんな中で「在宅勤務などの新しい動き」に対応する気がない、対応ができていない会社にいる場合には、転職活動を始めるタイミングですよ。

実務上、不可能な職種を除いて、このような変化に対応できない、する気がない会社は、今後の世の中の変化にもついていくことができず、衰退していく可能性が高いからです。

同じ会社で長年働いていると、その会社の常識が、世間の常識と考えてしまいがちとなりますので、他の会社に目を向け、他の会社がどのような対応をとっているのかを確認してみましょう。

コロナ禍での転職戦略

転職活動中の方、これから転職を始めようとしている方は、コロナ禍ではどのような転職戦略を持つべきなのかを見ていきましょう。

ポイントは以下の3つ。

  1. 守りの転職
  2. キャリアアップは長期的戦略で
  3. スキルを身につける

守りの転職

繰り返しとなりますが、コロナによる経済への影響は、とてつもなく大きくなる可能性が高いです。

そんな中では「攻めの転職ではなく、守りの転職」を意識することが大事ですね。

  • 年収だけを基準としない
  • 会社が有名かどうかを基準としない
  • ノリでの転職は慎重に

「年収さえ上がればどこでも良い」という考えは、コロナ禍での転職では危険です。

いざ入社したら、ボーナスカット、残業カットで年収が大幅に下がってしまうこともありえますので、年収だけでの判断は辞めましょうね。

会社が有名かどうかへのこだわりもあまり持ちすぎないほうが良いですよ。

会社が有名かどうかよりも、「コロナ禍でも経営状況は大丈夫なのか」「長期的にみてどのようにキャリアに活かせるのか」など、総合的に判断することが大切ですね。

転職をするにはある程度の勢いが必要な場合もありますが、不況時にはノリでの転職は控えましょう。

本当にあなたがやりたい事などを総合的にしっかりと判断していくことが重要ですね。

ポイント

上記3つのポイントを押さえながら、守りの転職を意識するには「自己分析」が有効ですよ。

自己分析をし、ゆっくりと自分を振り返ることにより、冷静な判断ができるのです。

簡単にできる自己分析としておすすめなのは「DODAの無料適職診断テスト」ですね。

普段はなかなか気が付かないような新たな発見があり、ゆっくりと自分を振り返るためにぴったりですよ。

>>【何がわかる】DODAの4つの無料適職診断ツールを利用してみた!

キャリアアップは長期的戦略で

好景気時と比べ、不況時にはキャリアップとなる転職をする難易度が高まります。

焦って、目の前のキャリアアップできる転職に飛びつくよりも、「長期的な戦略を持ち、転職活動をする」意識が大切ですね。

リーマンショック時に、焦って目の前のキャリアアップに飛びついた方よりも、長期的な戦略を持ち、将来的に必要なスキルが身につく会社に転職した方のほうが、今ではキャリアアップに成功しているという例はたくさん聞きますね。

>>転職に迷ったら読んでみよう!おすすめの本10冊【無料で読める】

スキルを身につける

コロナの影響により、家にいる時間、自由に使える時間が増えた方が多いと思います。

自由に増えた時間を有効に利用し、スキルアップしていくことが、コロナ禍における転職戦略の一つとなりますよ。

どんなスキルアップをしたら良いのか?

迷っている方へのおすすめは「英語」「IT」「ビジネスパーソンとして総合力を高めるスキル」ですね。

これらのスキルを持っている人とそうでない人とでは、半年後、1年後、2年後には信じられないほど大きな差がついていることでしょう。

ここで差をつけることができれば、コロナ後の転職活動で頭一つ抜けることができますよ!

英語

言うまでもなく、これからも英語の重要性は増していきますね。

グローバル化は止まらずに、英語ができる人には、どんどんチャンスが訪れ、そうでない人にはチャンスがあまり来ないという世界がやって来るでしょう。

コロナ禍では時間に余裕がある人は、そんな世界に備えて、「英語」の勉強を始めましょう!

オンライン英会話を始めてみたい方は「外資系企業が使うレベル別おすすめオンライン英会話」を参考にしてみてくださいね。

オンライン英会話はちょっと。。という方は「社会人が独学で英語を武器にする方法をTOEIC950点が解説します」をチェックしてみてくださいね!

IT

時代はITといっても過言ではないですね。

コロナの影響で在宅勤務が当たり前になっていきそうなことも影響し、どこにいても働くことができ、世界共通で必要とされるスキルである、IT系の職業が大人気になっていますね。

<本格的に勉強したい方におすすめのプログラミング学校>

プログラミングを本格的に勉強したいのであれば、以下の2つの有名な学校がおすすめですよ。

無料カウンセリング・無料体験がついてますので、初めての方でも、安心ですね。

<独学で触りだけでも勉強したい方>

独学で触りだけでも、数時間で学んでみたいという方は「Udemy 」を活用するのがおすすめですよ。

「Udemy」は、色々なことを学ぶことができる動画買い切り型のオンライン学習サイトです。

気軽に勉強をスタートでき、とてもコスパが良い人気ですよ。

プログラミング初心者の方におすすめのコースは、[HTML/CSS/JavaScript] フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門ですので、気になる方はコースのレビューをチェックしてみましょう!

>>Udemyの感想!評判・口コミを確かめてみた【実体験】

ビジネスパーソンとして総合力を高めるスキル

「英語、ITにまったく興味がない」という方も多いのではないでしょうか?

そんな方には「ビジネスパーソンとして総合力を高めるスキル」を身につけることがおすすめですよ。

総合力を高めることができれば、どんな業界であっても、どんな職種であっても、活かすことができます。

「物事を考える力」「物事を分析する力」「物事を伝える力」「戦略を立てる力」などの力を高めることができれば、「ビジネスパーソンとしての総合力」を高めていくことができ、価値を与えられる人材になれますねよ。

これらの力を、コスパよく効果的に鍛えていくには、オンライン学習サイト【グロービス学び放題】 がぴったりですよ。

超有益な自己投資です!10日間の無料体験を利用すれば、完全無料で体験できますので、トライしてみてくださいね!

>>評判は本当?話題のグロービス学び放題を利用してみた感想

おわりに:

今回は、コロナ禍における転職活動をすべきかどうか・コロナ禍における転職戦略について、みてきました。

コロナの影響により、経済は大きく落ち込み、転職市場にも逆風が吹くことが想定されます。

まだ転職エージェントへ登録していない方は、数少ないチャンスを逃さないようにエージェントへ登録をし、転職の準備をしながら、しっかりと地道にスキルアップをしていきましょう!

コロナ禍において身につけたスキルが、数年後のあなたのキャリアアップへとつながっていくはずです

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2020 All Rights Reserved.