Carrer up(転職)

【転職活動に疲れた20代の方へ】対処法とやってはいけない危険な行動

  • 転職活動に疲れてきた。
  • 思っているよりも転職活動が長引いてる。
  • もうどうでも良くなってきた。

今回は、このような悩みを抱えた方に向けた記事となります。

転職活動をしているものの、上手く行かずに悩んでいる20代の方は多いのではないでしょうか?

転職活動が上手く進まないと、不安な気持ちが大きくなり、肉体的にも精神的にも疲れてきますよね。

今回は、そんな方に向けて、「転職活動に疲れた20代の方の対処法とやってはいけない危険な行動」についての記事です。

転職活動中に大切なことは、冷静になり、良い転職先を探すこと。

疲れたからと言って、自暴自棄になってしまうのは、失敗の転職となる可能性を高めるだけですよ。

本記事を読むことにより、対処法、やってはいけない危険行動に加え、転職活動に疲れてしまう原因、上手くいかない原因を知ることもできます。

転職活動に疲れてしまう5個の原因

20代の方が転職活動に疲れてしまう原因を見ていきましょう。

代表的な原因は、以下のとおりです。

  • 焦りすぎ
  • 予想外の長期化
  • 将来への不安
  • 現実を突きつけられる
  • 一人で頑張ってしまう

①焦りすぎ

20代の方が転職活動に疲れてしまう原因の1つ目は「焦りすぎ」です。

焦りすぎたり、無茶しすぎると、誰でも心に余裕がなくなってきます。

  • 早く転職先を確定させたい
  • 計画どおりに転職を進めたい
  • 思うように時間を確保できない

転職活動は相手があってのことですので、計画どおりに行かないことが多いです。

計画どおりにいかなくても、焦らずに、のんびり転職活動をするくらいの気持ちでいましょう。

20代の方に良くあるのが、「思うように時間を確保できない」です。

20代の若手社員には仕方がないことですので、焦りすぎないことが大切となりますよ。

②予想外の長期化

疲れてしまう原因の2つ目は「予想外の長期化」です。

3ヶ月で決めようと思っていたのに、4ヶ月経ってもまだ内定を貰えていないということは良くあります。

  • ゴールが見えなくて疲れる
  • 長期化して疲れが溜まってきている
  • なかなか決まらず精神的にまいってくる

予想外に転職活動が長引いてしまうと、疲れるだけではなく、やる気が落ちてきます。

このような状況で思い詰めすぎると、病んでしまう可能性があるので注意が必要ですよ。

長期化して、疲れている時には、健康面にも配慮しましょう。

③将来への不安

疲れてしまう原因の3つ目は「将来への不安」です。

転職活動をすることは、自分の将来を考えるということでもあります。

  • 不採用が続いて不安。
  • 今の会社で働き続けるしか道はないんじゃないか。
  • 自分に合う会社が見つからない。

転職活動で思うような結果がでないと、将来に対して不安になるのが普通です。

今の会社での将来が描けないから転職を始めたのにもかかわらず、転職活動が上手く行かないと不安になりますよね。

また、行きたい会社が見つからないことに対する不安を感じる方も多いです。

④現実を突きつけられる

疲れてしまう原因の4つ目は「現実を突きつけられる」です。

普通に生活していると現実を突きつけられることはないですが、転職活動は現実を突きつけられます。

  • 転職前に期待しすぎていたことに気がつく
  • 行きたい会社から不採用通知が届く
  • 希望条件に合う会社がほとんどない

思うように動かない現実を突きつけられると、人は疲れてしまうものです。

転職活動は相手があってのもの。

あなた次第で内定がもらえるかどうか決まるわけはないですので、内定をもらえたらラッキー位の感覚も大切です。

⑤一人で頑張ってしまう

疲れてしまう原因の5つ目は「一人で頑張ってしまう」となります。

仕事をしながらの転職活動の負担はとても大きいもの。

  • 求人情報などを一人で集めないといけない
  • 仕事の合間に転職活動をしないといけない
  • 相談したり、頼る人がいない

上記のような状態では、身体も心も疲れてしまいます。

仕事の合間に転職活動をするのは、本当に大変なことですので、少しでも負担を減らすようにすべきです。

また、転職活動は情報戦という観点からも、一人での転職活動はおすすめできませんよ。

転職活動に疲れた方がやってはいけない4つの危険な行動

転職活動に疲れた方がやってはいけない危険な行動を見ていきましょう!

やってはいけない危険な行動は、以下の4つです。

  1. もっと焦ってしまう
  2. 自分を責めてしまう
  3. 理由もなく転職を諦める
  4. 一人で悩みながら転職活動を続ける

①もっと焦ってしまう

転職活動に疲れた方がやってはいけない危険な行動1つ目は「もっと焦ってしまう」です。

焦ったり、無茶したりしても、転職活動で良い結果は出ませんよ。

  • 内定欲しさの妥協した転職活動
  • 焦りすぎて、数打ちゃ当たる戦法
  • 本来の目的を見失ったまま転職活動をする

転職活動に焦りは禁物。

焦りすぎて、冷静な判断ができない場合には、少し休むことも大切ですよ。

②自分を責めてしまう

転職活動に疲れた方がやってはいけない危険な行動2つ目は「自分を責めてしまう」です。

転職活動は相手があってのものですので、上手く行かなくても自分を責めすぎないようにしましょう。

  • 自分には市場価値がない
  • 自分はどの会社からも必要とされていない
  • 自分は転職ができない人間だ

上記のような感じで、自分を責めすぎてしまう方は考え方を変えることが大切。

落ち込みすぎると、転職活動だけでなく、日常生活にも悪影響を及ぼす可能性もありますよ。

③理由もなく転職を諦める

やってはいけない危険な行動3つ目は「理由もなく転職を諦める」となります。

転職活動が上手くいかないからといって、具体的な理由もなく諦めてしまうのは勿体ないですよ。

「面倒くさい」「良い会社がない」など、言い訳をしようを思えば、いくらでも言い訳はできるもの。

疲れた場合には、諦めるのではなく、少し休み、転職の目的を考え直しましょう。

その上で、転職活動を続けるべきかどうかを判断することが大切となります。

「適当に言い訳して諦める」と「スキルが足りないことが分かったから諦める」では、数年後に転職活動を再開したときの差は一目瞭然ですね。

④一人で悩みながら転職活動を続ける

やってはいけない危険な行動4つ目は「一人で悩みながら転職活動を続ける」となります。

上手くいかない方がやりがちですので注意しましょう。

  • 上手くいっていないことを知られるのが恥ずかしいと思う
  • 成果がでていないのに同じやり方を続ける
  • 公開求人しか情報を得ていない

上手くいかない方法を続けても、上手くいかないことのほうが圧倒的にが多いです。

一人でやって上手く行かないのであれば、一人での転職活動は辞める勇気を持つことが必要ですよ。

転職活動で疲れた場合の対処法

転職活動で疲れた場合の対処法を見ていきましょう!

やってはいけない危険な行動は取らないようにして、以下の対処法を取るように意識すれば、転職活動は上手くいくはずです。

  • 作戦を立て直そう
  • 前向きにいこう
  • 転職エージェントを活用しよう
  • 面接対策をしよう
  • 転職活動の方向性を変えることも検討しよう

①作戦を立て直そう

転職活動で疲れた場合の対処法の1つ目は「作戦を立て直そう」です。

疲れてしまうくらい上手くいっていないのであれば、一度、立ち止まり、作戦を立て直すことが大切となります。

  • 一定期間休んでみる
  • 当初のスケジュールを見直す
  • 自己分析をもう一度やる
  • 業界研究や企業研究をしっかりやる
  • 上手くいっていない原因を考える

上手くいかずに疲れている状態で走り続けても、さらに疲れが溜まるだけ。

少し休んでみたり、当初のスケジュールを見直すことが大事。

休んだり、スケジュールを変更することにより、焦る気持ちを押さえることが可能ですよ。

②前向きにいこう

転職活動で疲れた場合の対処法の2つ目は「前向きにいこう」となります。

なかなか転職先が決まらないと、自分はだめ人間なんだと落ち込んでしまいがちです。

不採用が続くと、誰からも必要とされていないと感じてしまいます。

頭に入れておくべきポイントとしては、転職は相手との縁やタイミングが合ってこそ成功するもの。

内定がでない期間が続いても落ち込まず、前向きでいることが大切ですよ。

③転職エージェントを活用しよう

転職活動で疲れた場合の対処法の3つ目は「転職エージェントを活用しよう」です。

「一人で頑張ろうとしすぎて上手くいかない」という方がたくさんいます。

「自分の負担を減らし、転職活動を上手く進める」ための対処法が転職エージェントの活用です。

  • 求人探しや情報収集をエージェントに任せる
  • 困った場合には相談
  • 客観的な視点からアドバイスを貰い、理想と現実のギャップをなくす
  • 非公開求人も活用する

仕事と転職活動で忙しい期間が続くと、万全の状態で転職活動をすることは不可能。

転職エージェントを有効に利用して、自分の負担を下げることが大事です。

また、非公開求人の存在も忘れてはいけません。

良い会社へ転職するチャンスを少しでも広げるためにも、非公開求人を持っている転職エージェントには登録しておくことをおすすめします。

既にエージェントを利用しているけれど上手くいっていないという方は、別のエージェントも利用することがポイント。

「担当のエージェントが良くない」「他の転職希望者を優先している」「あなたに合う求人がない」など、今利用しているエージェントはほとんど機能していない可能性がありますよ。

疲れている方におすすめの転職エージェント

doda
【公式サイト】doda
ベンチャー〜有名企業まで、幅広い求人が特徴。安心のサポート体制で転職を支援してくれます。「一人での転職活動に疲れた方」は登録必須。



リクルートエージェント
【公式サイト】リクルートエージェント
トップクラスの求人数を有し、上場企業からのオファーも魅力的。一人での転職活動に疲れてしまった方は登録しておきたいエージェントです。



マイナビジョブ
【公式サイト】マイナビジョブ20's
転職をしたい20代の方は利用必須のエージェント。上記のサイトと併用がおすすめ。「一人での転職活動に疲れきっている20代の方」は登録しておきましょう。



パソナキャリア
【公式サイト】パソナキャリア
丁寧なサポートが評判のエージェント。エージェントがあなたの転職を親身になって助けてくれます。「一人での転職活動に疲れてしまい誰かに頼りたいという方」は上記サイトとの併用がおすすめです。

転職成功者は平均で4社以上のエージェントを利用していると言われています。

上手くいっている方と上手くいっていない方の差は、エージェントの利用の有無や非公開求人の差の可能性もあるのです。

利用は完全に無料ですので、この機会に登録しておききましょうね!

④面接対策をしよう

転職活動で疲れた場合の対処法の4つ目は「面接対策をしよう」です。

転職情報はたくさん集めているけれど、面接の対策はしていないという方は多いのではないでしょうか?

企業研究を含め、面接対策は大事です。

エージェントを活用すれば、面接対策も効果的にできますよ。

⑤転職活動の方向性を変えることも検討しよう

転職活動で疲れた場合の対処法の5つ目は「転職活動の方向性を変えることも検討しよう」です。

転職の方向性を大きく変えてみることも一つの対処法となります。

  • 面接確約のスカウトサービスを利用する
  • 転職フェアなどのイベントに参加する
  • 20代特化型や第二新卒特化型のエージェントを利用する

①面接確約のスカウトサービスを利用する

面接確約のスカウトサービスとは、登録したあなたの希望条件や職務経歴書などに基づいて、あなたと面接をしたいと思う企業から連絡をもらえるサービスです。

一度、登録をしてしまえば、企業からの連絡を待つのみですので、負担を大きく下げることができますよ。

おすすめのスカウトサービスは「doda」と「ミイダス」です。

無料の適職診断や市場価値診断を受けることができる点ももおすすめの点となります。

注意点としては、スカウトサービスはあくまで保険ということ。

スカウトサービスを通して面接確約できる求人は、そこまで良くない求人であることが多いですよ。

②転職フェアなどのイベントに参加する

転職フェアなどのイベントに参加の良いところは「まずは話を聞いてみる」からスタートできるところ。

想定もしていないような企業との出会いがあるのも良いところです。

イベントに行く前には名前すら知らない企業でも、いざ話を聞いてみると、興味が湧いてくるということは珍しくありませんよ。

③20代特化型や第二新卒特化型のエージェントを利用する

特化型のエージェントを利用するのも有効な対処法です。

20代や第二新卒に特化しているエージェントを利用すれば、内定の可能性が高まります。

転職活動に疲れたという方は、特化型のエージェントの利用も検討しましょう!

20代や第二新卒に特化のおすすめのエージェントは「ハタラクティブ 」「ウズキャリ 」です。

転職活動に疲れている20代の方は先程紹介した「マイナビジョブ20's」も含めて、20代特化型のエージェントの利用も検討してみましょう!

転職活動で疲れている場合には焦らずにいこう

今回は、「20代で転職活動で疲れている方」に向けて、対処法、やってはいけない危険な行動をお伝えしました。

転職活動に疲れている方は、焦らずにいくことが大事です。

焦っても良いこと何もなし。

焦ってやってしまいがちな行動を取らないように注意しながら、冷静になり、転職活動を進めていきましょう。

-Carrer up(転職)

Copyright© 人生をイージーに歩むブログ , 2021 All Rights Reserved.